« イスラエル・・・・ | トップページ | 2008年・・・・ »

トヨタショック・・・

トヨタの赤字が世界にショックを与えているようですね。名古屋でも
ボランティアの炊き出しに400人以上のホームレスが列を作ったとか・・・

ホント、世見さんの世界ですね。地元福岡でも夏くらいまではトヨタに勤務
できたら「仕事はきついけど、天下のトヨタだから安心」とみん言っていた
ものです。トヨタ自動車九州、キャノン、その他の企業・・・解雇の嵐が吹き
荒れてます。

製造業日本の曲がり角ですね。では製造業の他に何があるのか?
イギリスは金融業に特化しすぎていたため今回の不況では甚大なダメージ
を受けていると聞いてます。スペインは不動産業に特化しすぎていた・・・

何があるのかな???不詳ケタはさっぱりわかりません。頼みのBRICSも
今はボロボロ・・・中国不動産バブル崩壊が本格化すれば・・・ホントに
三国志の世界になるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イスラエルはかつての大日本帝国のようですね。清朝の発祥の地に
満州国を建国しました。その後中国サイドでは「抗日運動」が繰り広げ
られます。

1937年に通州事件が発生・・・日本人230名が虐殺されます。その
虐殺があまりにも残虐なため日本人の対中感情は非常に悪化します。

そんなこんなで日本と中国の戦争は悪化の一途をたどります。

世界のマスコミは中国に同情的で対世界のマスコミ戦でも中国に対し
日本は下手をうちました。「満蒙は日本の生命線」が日本の国是
でしたが・・・世界は納得はしませんでした。と言うか米英は納得しま
せんでした。

「イスラエル」はユダヤ民族の約束の地・・・世界は納得するんでしょう
かね?今回の空爆はハマス側がロケット弾をじゃんじゃか打ち込む
のでイスラエルの勘忍袋の尾が切れたみたいな感じですけど。

田中宇さんも書いているけど・・・「和平したいのに好戦的にならざるを
得ないイスラエル」・・・まるで戦前の大日本帝国のような感じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、話は戻りまして、上海は6日続落です。大体●日続落と来れば
近いうちに暴落が来ます・・・不詳ケタの勘ピューターではそうなって
いるのです。中国で何かあるのかな???

まぁ中国に関しての一般的コンセンサスは・・・「株価はしばらく低迷
しても、そのうち経済大国」・・・これが世間さんの言うような三国志
の世界や黄金のふぐりさんの言うような内乱が発生し次の統一中国
が東アジアの中心になる!だったら「はぁ?はぁ?」の世界ですね。
しかし、何が起きても不思議でないのがカーディナルクライマックス
・・・中東もインドとパキスタンもカーディナルクラマックスは何が
起きても不思議ではない・・・

災難に会う時は会うが良い候・・・と言いつつ自分や家族や周りの
人間が会うのは・・・やっぱり勘弁してくれ~ですね。

2020年以降の世界がどうなるのか見ないうちに・・・空爆で死ぬのも
テロに巻き込まれるのも、食糧危機が来るのも、失業して腹すかして
インフルエンザで死ぬのも・・・勘弁してくれ~ですね。まぁそうなったら
なったで仕方が無いんでしょうけど・・・

ストーンズのGIMME SHELTERでも聞くのです。

|

« イスラエル・・・・ | トップページ | 2008年・・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

ケタさんはETFで金を持たれていましたよね。ETFや現物買いより、金を安く買おうと先物を買っています。

さてさて、金先物ですが、29日のCOMEXは無事納会しましたが、引渡期限は今日31日。DEFAULTは起きるのか起きないのか?


投稿: 山賊 | 2008年12月31日 (水) 08時44分

ケタさん

お年玉ですかね?

日本経済は来年にかけて戦後最悪の不況リスクが高まる中で、企業の行き残りをかけた大型再編が焦点となってきた。過去の大型再編では全国紙が元旦トップのスクープ記事として掲載する例も見られており、1日以降のサプライズ報道が一部で注目を集めている。
実際に新たな再編の動きが出てくれば、2日の外国株や5日からの日本株に好影響を与える。為替相場でもリスク許容度改善の円安要因として注視されている。
なお、年末28日には損害保険2位の三井住友海上グループホールディングス、4位のあいおい損害保険、6位のニッセイ同和損害保険の3社が統合に向けて交渉を検討しているというニュースが話題になった。

投稿: | 2008年12月31日 (水) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イスラエル・・・・ | トップページ | 2008年・・・・ »