« これは意思なのか? | トップページ | ニイタカヤマノボレ・・・ »

さて今週のメリマンは・・・

We are now right in the middle of this retrograde period. It is not
unusual to see a sudden and sharp reversal of trends right around
this period for those markets that have been in trends the past
two weeks. Almost every market we track has been bearish during
that time, so the possibility of a sudden brief and sharp rally is very real,
according to this study.

On Monday, the Sun will square Jupiter. Since Jupiter relates to the
principle of exaggeration, there is a possibility of further panic and
sell-off early this coming week. Maybe the bottom signified by the
middle of Mercury retrograde period, and the Sun square Jupiter,
is achieved by Monday.

後退期の真っ只中にいるのだ・・・
突然の鋭いラリー
それは短い間だろう・・・

月曜日の太陽と木星のスクウェア・・・
週初にパニックと投売りが見れるだろう・・・
水星後退期の重要なボトムとなるだろう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、不詳ケタはミニバカンスに言ってました。携帯の電波も届かないような
所だったのでゆっくりできました。当然ネットなんぞできませんね。

水星の後退期は9月24日~10月15日ですね。今週前半にボトムをつけて
しばらく上げるのではないか?そして10月中旬あたりから仕上げの暴落に
はいるような気がするな~

次の暴落は米国売り!暴落かもですね。円高・輸出株暴落・ゴールド高に
なるんでしょうかね?

不詳ケタとしては短期口座は出撃しなければなりませんね。打倒アメリカ帝国!
なのです。火曜の寄り?水曜の寄り?まぁ慎重にですね。

今度は下げに下げた住友金属鉱山や三菱マテなんかが良いのかな????
不詳ケタは資源はまだ終わってないと思ってます。原油ももう一山ある可能性
があるんでしょうか?その場合は中東有事発生の可能性がありますね。

大暴落が米国の意思であると仮定すると・・・ホント念入りに相場を破壊して
しまうんでしょうかね?米国による「借金チャラ」作戦かもしれません。
ありきたりのプロの言う事は無視ですね。非常時の相場なのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深刻に考えても仕方が無い・・・一兵士たる個人投資家は損したらどんなに
相手が悪くても・・・「自己責任」なのです。ホント無常の世界・・・金融業界は
恥辱のあまり崩れ落ちようとしているのです。

勝ちだけを意識してゲームを楽しめば良いんでしょうね。天下国家や会社や
生活のことと、株式ゲームは別個のことなのです。

まぁ週前半に集中ですね。「ニイタカヤマノボレ」との打電が来たら奇襲攻撃
なんでしょうかね?では全軍の無事帰還を祈念して今週も頑張りましょう!

|

« これは意思なのか? | トップページ | ニイタカヤマノボレ・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

自身の巨大な含み損を前にして・・・・・三方ヶ原の戦いで敗退した徳川家康が自身の絵を書かせた、という心境で書きます。

まず、私の08年の日本株の方針(07年12月頃の見通し)は「結構下がると思う、JASDAQ指数60・JASDAQ平均1500割れを想定。ただし新興中小型は相当安い水準だと見ているので、含み損を出さない事よりも安い場面でポジションを増やす方針でいこうと思う。」
実際の行動は、1月・3月に買(特に1月の急落時はフルポジになった)、5~6月は一部外してヘッジで大型株ショート、7月にショート買戻、同時に新興中小型の買。
そして8月には想定値を割っていったので一旦売買停止。そのまま9月も見送り。(8月からの下落は、ケタ様の好きな大日本帝国ネタでいうと、リバウンド一切無しのナンピン(南京)大虐殺の様相ですね。)
まあ中期的には思いっきり曲がった、というのが現状です。

ですが・・・・アホ扱いされると思うけど、それでも新興中小型には強気です。
教科書的な話ですが、今回のような状況では、①借り入れに頼る企業は厳しい=財務が健全な企業は強い。②必要な設備投資が多い企業は厳しい=FCFが良好な企業は強い。③景気に左右される企業は厳しい=本業の安定度が高い企業は強い。なのでそれらの点から有利な企業は良いと思います。
そして、新興中小型株の中の少なくない企業は、①(現金同等物-負債)≧時価総額の状態の企業②今の所は業績が悪化していない業種的に業績安定ぎみの企業がPER5前後③さらに配当も3~9%。など、投資対象として非常に魅力的だと考えています。
もちろん大恐慌が本当に来たら平時の理論は通用しませんが。

そして「今後どうするか」は・・・・相当迷った(今でも迷っていますが)結果、残り少ないキャッシュポジションを使い切る感じで買っていこうと思ってます(反発する前にフルポジになるだろうけど)。


そういえば、以前ケタ様が「相場で一番大損するのは、安きを買う個人ですね」と書いていましたが・・・・経験の長い投資家の言は、学ぶところが多いですね。
しかし、今回の金融危機+資産バブル崩壊の局面は、自身の損失は大でしたが多くの経験もできたと思っています。
そして、多くの経験の長い投資家が「一サイクルを経験すれば投資家として大きく成長できる」という教えを残しているので、私は今後も巨大な含み損を横目に相場を見続けようと、少しでも多くを学んでいこうというつもりです。

投稿: Dogs_of_the_Dow | 2008年10月 7日 (火) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは意思なのか? | トップページ | ニイタカヤマノボレ・・・ »