« 日本の政治・・・・ | トップページ | ひぇ~ひぇ~ »

ひぇ~

インチキパール作戦か?と思うと・・・チンドウィン河にはピラニアも
アナコンダもいたようです。牛は食い尽くされ正規兵もやられているよう
ですね。

ふ~ん、やってくれるな~・・・・とここで不詳ケタは何故かミニ8枚なんぞ
買ってます。東証2部なんて三空叩き込みじゃねぇの?ですね。
今日のNYさえ上がればそれで良いんですけどね。

狼中年ケタと化してますね。ではここで歌を聞くのです。

いつも~おいらは儲からない~♪
どこまで燃えるポート~♪

高値を掴んで損切り~♪
嵐はまだ来る~♪

買えよ(ケタ)ホールドだ(ケタ)
14000円に届くまで

損切れよ(ケタ)また買いだ(ケタ)
煽れ狼中年ケタ~♪

頼むわ~相場~不詳ケタにこんな歌を作らせないでほしいな~
しかしなめきった相場ですね。どこぞのHFがまたまた破綻したんですかね?
ば~か、ば~か、ば~か・・・ですね。中小型株は結構な安値が目立って
きましたね。

ホソカワミクロンや安川電機・・・業績悪化懸念があると言えど・・・お馬鹿
ファンドのおかげでどこかで安く買えるチャンスですね。

89年のバブルもITバブルもそうですが、結局、ファンドマネージャーは
目先の報酬だけ!なんでしょうね。2003年からの金融工学とレバリッジ
バブルが崩壊中なんでしょうね。ホントファンドマネージャーはお気楽な
商売です。失敗したら閉鎖~ですね。どこかの総理大臣も疲れたから
やめ~でお気楽なもんです。総理の椅子は・・・そんなに軽いんかいな?
ホント2世議員にはうんざりですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかしインチキパール作戦なしに、いきなり拉孟の戦いになるんかいな?
それはなんか嫌だな~インチキパール作戦が無いと・・・原油も再度の高騰が
無いことになりますね。ふ~ん。

史実によると拉孟の戦いは悲惨な戦いであったようです。米国の援助を
受けて近代化した蒋介石の雲南軍・・・5万の敵兵に日本守備隊はわずか
千三百名余り・・・百日間戦い抜き玉砕しました。

Irikubi

20名の日本人従軍慰安婦がいたらしいです。軍は脱出を命令しましたが、
それを拒み「私達は拉孟守備隊の母であり妻である」と軍服に着替え、
共に戦い一人残らず戦死したらしいです。

守備隊の目的は少しでも長く敵兵を釘付けにすること・・・勝利も脱出もあり
ません。ただ戦って死ぬだけが目的です。敵の雨あられの砲弾に反撃する
力はありません。耐えてやがて凄まじい白兵戦・・・日に日に日本軍は
傷病兵ばかりとなります。

敵の投げた手榴弾を這っていき投げ返す、弾薬が尽き敵陣に弾薬を盗みに
行くもの、重傷の兵が這い出て前線で戦う姿・・・地獄絵図だったんでしょうね?
蒋介石もあきれた戦いでした。

9月8日、拉孟を攻略した中国栄誉第1師団・李密師長の訓示
「私は軍人としてこのような勇敢な相手と戦うことができて幸福であった。
この地を守った日本軍将兵は精魂を尽くした。恐らく世界のどこにも
これだけ雄々しく、美しく戦った軍隊はないだろう。(中略)この将兵たちの
祖父や父は、国父孫文先生を励まし、民国の革命達成に力を貸してくれた。
その恩人と戦い、血を流すことは、何と愚かなことであろうか。(中略)
拉孟における日本軍将兵の最後の姿を私は蒋総統に伝える。
我々はこれから、日本軍戦死者を丁寧に葬らねばならない」


不詳ケタは美化するつもりも別に無いんですけどね・・・死んでいった将兵は
日本のために命を捨て命令に従って玉砕しました・・・

正しいかどうか無能かどうかどうでも良いけど、牟田口司令官・・・腹を切る
べきでしたね・・・それがトップの責任でしょう?嫌だったらならなければ良い。
5_2

しかし、戦争を金儲けのネタにしている米国の軍産複合体・・日本の道路族が
ホント可愛くみえますね。

増田俊男氏はオバマ大統領はあり得ない!と言ってますね。米国には戦争が
必要らしいです。

http://www.chokugen.com/

このおっさんも牟田口じゃねぇの?ですね。なんかね~アフガニスタンで井戸
掘っている中村医師に恥ずかしくないのか?

去年から強気の株式評論家も腹をきるべき?・・・ふっ、たかが相場ですね。
間違えたからと言って腹を切っていたら証券業界は誰もいなくなりますね。
まぁ当たったり、外れたりでしょうね。

とにかく・・・今日だけNY上げてくれ~と願うケタでした、ぷっ。

|

« 日本の政治・・・・ | トップページ | ひぇ~ひぇ~ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の政治・・・・ | トップページ | ひぇ~ひぇ~ »