« さて週末なのです・・・ | トップページ | 今度は寒冷化だそうです・・・ »

株は遊びなのだ・・・

さて、ITバブルとその崩壊時に本格的に株式投資にのめりこんだ不詳ケタに
とって・・・「投資」と言う言葉はとてもいかがわしく感じてます。

新興株バブルもBRICSバブルもはじけ・・・まもなく資源バブルもはじけるんで
しょうね。実体経済が株価を決定しているわけでなくて、膨れ上がった金融業界
が勝手にバブルのネタを探して、プロモートして、ストーリーを作り・・・そして
自己崩壊していく・・・まぁそんなもんなんでしょうね。

だからファンダや経済成長理論も適当に聞くべし・・これが不詳ケタのスタンス
です。一生懸命にファンダや企業分析をして・・ハズシまくっているプロ・・痛い!
ですね。

でもバブルがはじけても・・・マネーが集中的に注ぎ込まれた分野には何かの
変化が生まれるのでしょうね。ITバブルは崩壊してから本格的に世界のIT化が
進展しました。資源バブルが崩壊しても石油文明路線には大きな修正が加わ
るんじゃないでしょうか?

株価は決して実態経済を反映している訳じゃない・・・その逆で金融業界が
懸命にプロモートに励んでいると認識した方が良いのかも?ですね。
大事なのはストーリーなんでしょうかね?

そしてストーリーが段々と浸透して実体経済もついてきて強固なものになれば
機関投資家あたりも参加して、証券会社はド素人に投資信託を売りまくり
バブル発生・・・きゃきゃとなるんでしょうか?
終わりはいつも崩壊!ですね。

このあたりは芸能界と良く似てますね。グループサウンドバブルがあって、
フォークバブルがあって、ニューミュージックバブルがあって、アイドル路線
バブルがあって・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、大事なのはストーリーですね。現状はまだまだ大きなストーリーが対立
してますね。

ひとつは恐慌とまでは言わないけれど、ブラックマンデー級の株価崩壊は
あるぞ~派ですね。ストーリーのネタはドルの信認なんでしょうか?

代表として早見さんのブログです。

http://www.hayami.org/archives/10000/10010/

対して、株価はもうすぐ回復する。ネタは金融問題の解決と米国住宅価格の
下げ止まりなんでしょうか?

代表として山崎さんのブログです。

http://www.kyas.com/club9/QA/qa080908.html

今のところ強気派は「痛い!」状態になってますね。山崎さんの新年の記事は
現在読むとホント「痛い!」です。

まぁこういうのは「やってみなければわからない!」と言うのがホントだと思うん
ですね。各人あれこれ考えてやって見る・・・それで良いんじゃないでしょうかね?
ど素人もプロも同じ条件ですね。巨額の大損をこくのは・・・同じストーリーに
固執したプロのお仕事ですね。ITバブル、新興バブル、BRICSバブル・・・いつも
同じですね。資源バブルも最後はプロが大損こくでしょう、でも他人の金だから
良いか。バブルの時に巨額のボーナスはもらったし・・・

2006年1月にピークをつけた銘柄・・・新興とか銀行株とか内需型はこのタイプ
が多いですね。売り枯れたと思うけどな~次の下げが来ても2番底くらいじゃ
ねぇの?

2007年にピークをつけた銘柄・・・鉄とか海運とか商社とかNYダウとかBRICS
とか・・・まだまだ次の下げがあるんじゃないの?

やっぱ11月にブラックマンデーなんでしょうかね?「売りの本尊」はなんとなく
中国じゃねぇの?と言う気もしますね。米国があの手この手を出してもせっせと
住宅公社債を売りまくるんでしょうかね?

商品担当ファンドマネージャーも株式担当ファンドマネージャーも今年の年末は
ボーナスなんて無し!かもですね。金融大国米国の消費は落ち込むでしょうね?
そして来年あたりからひぇ~と言うドル安トレンドが続くのでしょうかね?
最後のバブルは爆食経済のお下品なBRICSバブルではなくて・・やはり2020年
以降のためにニューテクバブルが来てほしいですね~

|

« さて週末なのです・・・ | トップページ | 今度は寒冷化だそうです・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて週末なのです・・・ | トップページ | 今度は寒冷化だそうです・・・ »