« オリンピック後の中国・・・ | トップページ | 煮詰まり感・・・ »

土星×天王星・・・

いや~北京オリンピックの閉会式は凄かったですね~中国の存在感を見せ
つけたオリンピックでした。不詳ケタも感慨深く見入っていました。

相場の方は日経らしく上髭で終わりました。まぁなんかよくわかりませんけど、
3月の時みたいに一週間程上げる・・・押し目が一週間・・・最後に一週間程
上げる?・・・そんな感じかな?と勝手に思ってます。9月の第二週まで
頑張れ~ですね。

でもなんだかんだ言って、3月の安値よりは高い位置でダブル底をつけて、
日経はじわじわ上がっていったりして・・・・まぁそんな風に解説される時期も
来るのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、メリマンによると土星と天王星のオポジションは前回は1965年~1967年
に形成されました。いよいよ10月からこのアスペクトが形成されます。過去の
オポジションについてメリマンは以下のように書いてます。

「それは文化革命として長く記憶されるであろう。この時は若者が世界中の
  支配階層に対して反乱した。それは粗野でクレイジーな時期であり、自由と
 独立の価値観は家族の安全と宗教的な救済と直接衝突した。多くの保守
  主義者は現在の不幸はこの期間に始まった事件やトレンドによって生まれた
  と信じている・・・」

ではどんな時代であったか?ちょっと過去を振り返ってみましょう。
60年代の米国では黒人の公民権運動、ベトナムの反戦運動が盛り上がり、
ヒッピーやドラッグやロックが生まれました。そして69年にはアポロが月に
向かって打ち上げられます。

日本でも若者が暴れまくっていました。68年は新宿で大騒ぎし、69年は
あの有名な安田講堂占拠事件が発生します。東京オリンピックの開催は
64年でした。

欧州も同じような状況ですね。若者は激しく反発し、既存の伝統的な価値観に
挑戦していきました。一方で科学技術は目覚しく発達し、現在の大量生産、
大量消費の社会が形成されていきます。大阪万博は70年に開催されました。
科学技術と豊かな社会・・・「人類の進歩と調和」がテーマでした。

一方の中国でも若者が暴れまくります。そして既存の価値観を粉砕していき
ました。しかしそれは権力闘争の一面もあり、文化大革命として中国社会に
消しがたい傷跡を残しました。

66年に紅衛兵が組織され、68年に下放が起きました。中国の教育は事実上
停止状態になり、中国の科学技術・経済の発達は停滞しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泥沼のイラク戦争、北京オリンピック、土星×天王星のHA、上海万博・・・・
う~ん、似ているようですが、何かが違うな~

高齢化でしょうかね?日本はとてもあの時代のエネルギーを感じることは
できないし、米国もイラク戦争には関心が無いようだし、中国も文革みたいな
混乱は二度と御免だと思っているでしょうし・・・

既存の価値観に対して反抗すると言っても・・・今の若者にそんなパワーが
あるとは思えないですね。それとも静かな反抗が起きているのかな?

むしろ反抗が起きるとしたら、庶民VS支配階層・・・そんな感じになるんで
しょうか?米国では黒人やヒスパニックや白人の貧しい階級・・・中国では
農民工を中心とした階級・・・日本でも派遣やニート・・・・年金が減るじゃ
ないか~と言う団塊世代が反抗したりして、ぷっ。

インドやアラブは若者の人口比率も高いし・・・伝統的なヒンズー社会や
イスラム社会に対する何かが起きそうな気がしますね。

まぁそんな事を書いても未来の予測なんぞ、どうなるかな????なんで
しょうけど。

「ケタさん、ボクチンは投資に励んでびっくりするくらいの金持ちになります」

「ふっ、頭に変な虫が住み着いているんちゃうか?仕事に頑張らんかい!」

|

« オリンピック後の中国・・・ | トップページ | 煮詰まり感・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

ケタさんに失望
>年収200万円以下が1000万人超す、4.4人に1人、民間給与統計

 国税庁がまとめた2006年の民間給与実態統計調査によると、通年で勤務した給与所得者のうち、年収が200万円以下の人は1022万7000人と前年から4.2%増え、4.4人に1人の割合となった。性別でみると女性が同3.1%増の759万7000人と大半を占めたが、男性も同7.6%増の263万人と著しく増えた。

一方、年収1000万円以上の人は224万2000人で同4.4%増となった。給与の全体平均は435万円で前年から2万円低く、9年連続で減少した。性別でみると男性は同0.1%増の539万円、女性は同0.7%減の271万円。


http://www.youtube.com/watch?v=0DUkYLzFCrg

 200万年収の人は、仕事してないと言ってるのでしょうか?だれだって、年収1000万のマネージャーがいい。でも、仕事すれば、全員そうなるわけじゃないんです。いくらルーチンワークを一生懸命こなしても、会社が喜ぶだけですよ。残業代が出ればまだいいですけど。残業代つけたら無能よばわりされ、昇進できませんよ。

相場で儲けられればいい、という庶民の夢をどうか理解してください。
 ケタさんには、理解できないどうにもしがたい現実があるのです。

投稿: | 2008年8月25日 (月) 20時49分

ほっほっほっ・・・飲みに行った帰り
なのです。

新興株だ~と言われて損して
インドだ~と言われて損して
中国だ~と言われて損して
FXだ~と言われて損して

メリマンだ~と言われて儲からない!

もちろんホンノ一部は儲かるでしょうけど。

庶民はどうせぃ!ちゅうんや~

でも仕事に真面目に励むのは基本と
思うけどな~仕事まで失うと・・・
相場だけで飯の食える人間がどれだけ
いるか?

やっぱ蟹工船を読んで、労働者よ団結
せよ!の時代なんでしょうかね?

投稿: ケタ | 2008年8月25日 (月) 23時12分

 基本は、仕事に励むことですが、それだけでは何ともしがたい世の中です。(それだけでいければいいのですが。)
 休憩時間は、現場のおっちゃんは、パチンコや競馬、競輪、競艇などギャンブルの話。
 ちゃっと賢い人になると株や投資の話。
みんなそんなもんです。
 勝った話は聞きますが、勝ち続けてるかは知りません。

投稿: | 2008年8月26日 (火) 04時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック後の中国・・・ | トップページ | 煮詰まり感・・・ »