« 勝手にしてくれ・・・ | トップページ | さて、反撃・・・ »

さて、巻き直し・・・

今日は上がるかな~と思っていたらやっぱり上がりました。まぁ決して負け
惜しみじゃないんですけどね。

さて、不詳ケタの短期お遊び口座なんですけど・・・・気分一新また頑張ろう!
ですね。

やっぱチャートを見ながらある程度、予想シナリオを書いていかないといけない
ですね。個別の世界に入ると、割安だ~割高だ~業績が~とかノイズが多く
なって来きますね。

大底を打たない限り個別は買わない!・・・これで良いんでしょうね。でも暇
なのでチョコチョコ先物ミニで遊ぶ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グランドデザインは、大底はまだまだ、サブプライムローンは押いておいても
これからファンダの悪化を折り込みに行く相場・・・でいいのかな?

国内の消費が急激に冷え込んでますね。原油・資源高は確実に日本国民の
心理の何かを変えたようです。米国も同じでしょう。中国も日本以上に
エネルギー効率が悪いので大変でしょう。特に米国は借金がしずらくなるので
急激に消費が落ち込むのではないでしょうか?

さて、そこで不詳ケタは1月~3月のNYダウ、ナスダック、日経、マザーズの
チャートをじっ~と見ています。微妙に違いがあって面白いです。

1月の底をつけてNYダウは25日線を抜けたけどナスは駄目でした。
日経も駄目でした。その後ドーンと下がってモジモジして再度25日線を
抜いていきました。マザーズは頑張ったのはわずかな期間でしたね。

まぁ同じようなチャートになる訳じゃないでしょうけど、今の相場はスコーンと
上げると、2~3日ドッスンと下げて、また上がり出す。そして大事な局面で
裏切っていく・・・そんな相場なんでしょうね?

世見さんの言うガソリン200円時代・・・年内に来るかも?らしいです。
原油は下げて、どこかで再度上昇に向かうのでしょうね?

新興・中小型株は9月・・・日経は11月くらいに大底を打つと良いんです
けどね。2003年の3月と5月パターンの再来ですね。そうなると8月の
どこかで悪化するファンダメンタルを急速に織り込む場面が来るのかな??

まぁとりあえず今晩ナスが25日線を抜けるかどうか?注目ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも原油高はホント日本経済を蝕んでますね。建築・不動産・流通・運輸・
農林業・小売り・・・これが半年続いたら我慢の限界でホント大変なことに
なりそう。

企業にとっては試練の時ですね。勤労者にとっても試練の時なんでしょうね?

脱石油文明社会を作れ!と言う命令なんでしょうかね?

6469放電精密加工なんて良いんでしょうね?ガスタービンで技術がある
みたい。将来の水素エンジンは水素のタンクが難しいらしいですね。
高圧力にタンクを作らないといけない。

特殊な技術を持った日本企業がアルミのタンクを作っていると書いていた
けど・・・この会社なのかな?新エネルギーやバイオやナノテクやAI・・・・
どこかで姿を現してくるんでしょうね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマン教の年末高の教え・・・なんかはずれそうだな~エリオットは恥辱の
あまりボキ折れるんかいな?原油が100ドルより遙かに下に行ったら
信じよう~

だけど、それじゃ脱石油文明社会は構築できないですね。やはり構築する
ためにも一度スタグフレーションの恐怖を味わんでしょうかね?
なんかそれが自然な感じもしてきました。原油にこれ以上頼る文明は止め
なさい!と言うことでしょうかね?

まぁ短期口座はそれでも元金100万円なのでお気楽なんですけどね。
メイン口座が再度マイナスになったのがショックですね。ノーポジにして
ますけど・・・

中原さんの本を買ってしまいました。まぁじっくりと読んでみよう・・・ですね。
06

中原さんは・・・「世界恐慌にも負けない・・・」この姿勢は良いですね。
100年に一度の相場かもしれないですね。まぁバブル崩壊もITバブル崩壊も
「こんなの初めて~」と言う相場でしたけど・・・

明日からボチボチ先物ミニ攻撃に出ようかな?今日のナス次第ですかね?

|

« 勝手にしてくれ・・・ | トップページ | さて、反撃・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

原油に関して少々。
よく「原油は上がり続ける」「100ドルを割ることはもう無い」という見方があるけど、これはどうかな?と思う。
というのは、原油は株式・債券とは違う特性をもっていて、需要と供給が強く働くという事。なのでこれを無視した価格は長続きしないと考えます。(これは、株が超高値[PBR100とかPER1000とか]になろうが相場以外で困る人はあまりいないし相場参加者はトレードを続ける事と、原油が200になったら漁業以外でも休業する産業が続出して需要が壊滅的に減少する事、を想像して頂ければ。)
それでも価格上昇するようなら・・・おそらく「取引所の価格は200ドル・でも直接取引の価格は100ドル」という現象が起こるのではないかと。もしそうなったら、ケタ様のリンク先(田中宇の国際ニュース解説 )で指摘されているように取引所の権威は失われるかもしれませんね。

それと、以前ケタ様(とメリマン)が「原油は07年1月に50ドルの底値を試す」と神懸り的な予測をして実際そうなりましたが、この時のポジション(建玉)が確かほぼ±0。
なので、個人的には再び50~80の水準になる事は十分ありうると思っています。

あとこのニュースにあるように、政治介入リスクの存在も無視できないかなと。

投稿: Dogs_of_the_Dow | 2008年7月24日 (木) 23時36分

ふん、ふん、ふん・・・・

こればっかりはわかりませんね。

産油国はあいかわらず馬鹿安原油を
使いまくりらしいし・・・

中東有事の可能性はどうなんでしょうね?
でもなんとなくブッシュ大統領の間に
経済をぼろぼろにしたい勢力がいるんで
しょうか?

投稿: ケタ | 2008年7月25日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手にしてくれ・・・ | トップページ | さて、反撃・・・ »