« うん?メリマンが・・・ | トップページ | ラリー・・・・ »

ほぇほぇほぇ・・・

ありゃ~ダヴィンチが損切りに追い込まれました。トホホホホ。

オリックスも東京建物も昨日は良かったのに・・・・まぁ酷い!ですね。

米国の住宅公社の社債・・・とりあえず米国政府がなんとかするでしょう、
しないといきなり大恐慌・・・それはまだ早すぎる。アトリウムはそんなに
酷い決算ではなかったんですけど・・・まだPERが高いと言うのか~

ラリーになるんじゃないでしょうかね?住宅公社もなんとか今週中には
目処が立つでしょうし、米国大統領が米国沖油田の開発規制を解除すると
発表したみたいですね。

2~5週間のラリー・・・まぁお盆あたりまで楽しませてくれ~ですね。
SBなんか買っちゃいました。ほぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし・・・・メリマンの変化日が7月7日でなく7月14日だったら・・・・いや愚痴は
いけませんね。まぁメリマンですから。

この先どうなるんでしょうね?ホントに「世界経済の先行き不安」と「世界金融
システム」の危機が出てくるんでしょうか?

住宅公社を米国政府がバックアップするとなると、なにがなんでも住宅価格の
下げ止まりが必要ですね。低金利&流動性政策は続行なんでしょうね。
原油帝国はしばらくは大人しくしても、いつかそのうちまた大暴れしそうで
嫌ですね。

世界経済の先行き不安と言えばやはり中国なんでしょうかね?不動産バブルが
崩壊するとちょっと心配ですね。日本の90年代の再来になるんじゃないの?
「中国は特別です」・・・不詳ケタはそこが心配なんですね。特別なんです。
都市住民と農民の二重戸籍を実施している国なんか無いですから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国の株式を研究している方で二重戸籍の問題をどこまで考慮しているか?

不詳ケタは中国ビジネスに関わった時に一番びっくりしたのがこの問題でした。

農民は年金・医療保険はありません。都市への移住も制限されます。そして
都市住民と農民が結婚することはほぼありません。なぜなら子供は母親の
戸籍になります。北京人や上海人がいくら可愛くても農民の娘と結婚すること
はありません。高度成長時代の日本の農民とはまるで異なる制度の下に
暮らしてます。

四川省の娘が上海に来て、一生懸命にミシンを踏む、しかし数年すると帰ら
されて入れ替えになります。田舎に帰れば夢も希望もありません。学費や
医療費は高騰を続けてます。

改革解放の嵐の中で、中国の農民は目覚めました、自分は駄目でも出稼ぎに
出て、子弟を教育し、大学にやろうと。大学を卒業すれば中国では農民戸籍の
鎖から逃げられるのです。可能性は低いかもしれませんけど、希望はあります。
テレビで知る都会の豊かさ、出稼ぎに来てわかる田舎の惨めさ。

不動産不況が襲えば農民の希望を奪い取るのではないでしょうか?そして
自分らの苦しさが共産党政府の理不尽な政策に由来するものであると彼らが
確信すれば・・・

ファンダ分析や企業分析では見えない「怨念や歴史の負の遺産」が中国には
あります。景気循環論以外にもカントリーリスクもありますね。まぁこれは今や
日本も米国も堕落しまくる通貨ですから・・・どこでも同じかもしれないですけど。

大胆に言ってしまえば、上海総合指数は再び1000ポイントまでの下落の
可能性もあるのではないのか?

天安門事件後に球籍が無くなると危機感を強めた中国・・・鄧小平が改革解放を
はじめました。それしか道はなかったでしょう。不詳ケタはその時点で中国
ビジネスに関わりました。中国の常識は世界の非常識でした。しかし彼らはホント
熱く海外の知識・技術に貪欲でした。不詳ケタも苦労はしたけど楽しかったです。

しかし「中国は特別」とタカをくくり、マネー至上主義に陥った中国・・・投資するなら
次の試練を乗り切りそうになる頃で良いのかな?乗り切れたの話ですけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし世の中だんだんメリマンの世界になっているような気がしますね。
株式相場以外は、ぷっ。年末高~ホンマか?単なる景気循環論で済むのか?
それとも歴史が大きく変わろうとしているのか?そこのところはわかりませんね。

しかし後数年もすると・・・あの時が・・・そうだったのかな?とわかる時が来るん
でしょうね。とにかく日本はテクノロジーに重点投資が間違いないようですね。

怪しい掲示板は閉鎖しました。もういらんでしょう。この時代を認識せずに
生きることは、メリマンに言わせると恥だそうです。最良と最悪の時代・・・・
テレビなんか見る気もしないし、まぁなんでしょうね。短期資金は310万円まで
再度減少・・・ラリーちゃん来て~ですね。

今週から午後は腫れた足を引きずって仕事です。ではまた明日。

|

« うん?メリマンが・・・ | トップページ | ラリー・・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

掲示板、閉鎖ですか。
まあ、仕方ないですね・・・しゃれにならん有様ですからね。
私もケタさんと同じ時期の'93~'96年に中国の内陸の大学で教職についていました。
中国に対する思いは複雑ですが、あの国の凄いところは総体としての民の力だと思っています。
皇帝も党もいったん民に見放されたら、権力を維持することはできない・・・国は乱れ、そしてカオスのなかからまた新たな秩序をつくりだす。
虐げられた地方の農民、外にも内にも自己主張の激しい一人っ子世代の若者・・・いまの指導部は民を怖れているし、抑えつけることはもはや不可能でしょう。
何がきっかけになるのかわかりませんが、その時が近づいてるのかもしれません・・・株のほうはよくわかりませんが。

P.S.
足どうぞお大事に。

投稿: スクラッチノイズ | 2008年7月15日 (火) 12時38分

スクラッチさんこんばんわ~

株価は悲惨なことになってますね。とほほ。

中国5千年の歴史で無いものは「自治」の
精神ですね。必ず権力闘争で「皇帝」を
作りたがる・・・

中世になぜ欧州や日本で自治都市が
生まれたのか?不思議ですね。

投稿: ケタ | 2008年7月15日 (火) 20時13分

>文藝春秋06年3月号で、作家の水木楊さんのフィクション「驚愕の近未来予測・中華人民共和国が消滅する日」を読みました。

北京五輪と上海万博の影に、人民の怨嗟(えんさ)の声が封じ込まれ、社会・経済の矛盾が一気に噴出し、クーデターが起こり、中国歴史の定説「歴史は繰り返す」どおり、中華人民共和国も瓦解(がかい)。2015年、新しい中国として「大中華共和国連邦」が
設立されるという・・・内容でした。

推背図(中国唐代の予言書)
讖曰
卯午之間 卯午の間
厥象維離 象を厥(かけ)るも維(い)は離れる
八牛牽動 八牛 牽動(けんどう)す
雍雍熙熙 雍雍(ようよう)たり熙熙(きき)たり

頌曰
水火既濟人民吉 水火すでに済(ととの)い          人民は吉
手執金戈不殺賊 手に金戈(きんか)を執り          賊を殺さず
五十年中一將臣 五十年中 一将臣あり
青青草自田間出 青青たる草は田の間より出づる

結論から言えば、7年後の辰年(2013年)から2年間、中国に内乱が起き、一旦は落ち着くが、やがて、中華人民共和国は8つに分裂するというものだ。

以下より
http://blog.nikkansports.com/general/yoshida/2006/04/post_15.html

投稿: | 2008年7月16日 (水) 00時13分

中国の歴史の法則から言えば・・・

秦→漢
隋→唐

元や清は異民族王朝ですね。今は異民族
王朝は無理でしょうから。

共産党政府の後に、スーパー中華帝国が
できる可能性がある?

投稿: ケタ | 2008年7月16日 (水) 12時07分

旧ソ連のように、多数の国家に分裂すると考えるのが妥当ではないでしょうか?
また、春秋戦国時代のように多数国家では。
推背図の説を指示します。

モスクワオリンピック→ソ連崩壊
北京オリンピック→中国崩壊?

と歴史は、繰り返される?

相場と同じで終わってからでなければわかりませんね。

投稿: | 2008年7月16日 (水) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うん?メリマンが・・・ | トップページ | ラリー・・・・ »