« 今日は期末です・・・ | トップページ | 帝国の逆襲・・・・ »

減価償却・・・

さて、不詳ケタは東京精密の信用だけ利食いしました。スズキはなんか冴えませんね。
なんでかな???

現物はそのまま放置してます。25日線手前で上髭・・・・なんか弱そうですが、まぁ
なんでもありの相場になっているので、テクニカルは適当が良いんじゃない
でしょうか?12500~12900円の持ち合いをどちらに抜けるのか?でしょうね。

CMEは現在12905円・・・やりたい放題!今日が国債の入札だったんでしょうかね?
明日以降は激しい動きになるんじゃないでしょうかね?

不詳ケタは・・・上だろう?CTAを殺すんじゃないの?と勝手に決め付けています。
上昇が激しければ、4月7日あたりまで?上昇が緩慢なら、4月22日あたりまで?
と勝手に決めてます。まぁなるようになるでしょう。

なんか不詳ケタは・・・・現物は配当利回り考えれば・・・・なんか上がろうが下がろうが
どうでも良い様な気になってきました。旭化成、トヨタ、富士重工、東京精密・・・みんな
2%以上・・・なんで東京精密が一番良いんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日は地方財政は減価償却をちゃんとやっているのか?と書きました。
近代の会計はイタリアのルネサンスで二重簿記が登場してからですね。

そして減価償却の考えが導入されたのはイギリスで産業革命が進展してから
です。鉄道投資ブームによる莫大な投資が原価償却の考えを紆余曲折しな
がら推し進めました。

この減価償却の考えは面白いです。工場を10億でつくります。10年償却なら
毎年1億円づつ費用計上します。とこらが工場を発注し、建設した会社は
1年目の売り上げ10億円で・・・利益を1年目に全額計上します。

発注した側、建設した側・・・トータルで考えると、費用計上側は10%の費用を
計上するけど、利益計上側は1年目ですべての利益を計上します。

オフィスビルなんかは60年償却なんでしょうか?いづれにしても投資が盛んな
間は、利益はリアルタイムで計上になりますが、費用は法定償却年数に従って
少しづつ計上になります。よって投資が盛んな間は全体で見ると、利益がウハ
ウハ状態になります。

ところが、投資ブームが沈静化すると大変です。利益計上サイドは利益はなく
なります。しかし費用計上サイドは毎年毎年、費用を計上します。全体で見ると
利益はほとんどなくなるのに、費用は変わらず計上されます。利益率は激減
します。

まぁそんな訳で、今の世界はBRICSの投資ブームに支えられているんでしょうね?
資源、エネルギー、素材・・・そのあたりへの投資は一巡したんでしょうか?
次はハイテクや自動車関連の設備投資が盛んになるんでしょうか?まぁいづれに
しても2010年あたりには建築も含めて投資ブームが一服し・・・企業収益の
急降下が待っているんでしょうかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットは便利なもんです。近代会計学のお勉強したい方はこのHPが良いですね。

http://www2.plala.or.jp/dogcat/kinndai%20kaikei.htm

どの分野もやはり歴史をたどるとお勉強になりますね。

イギリスの産業革命・・・資本主義は素晴らしい成果を上げるとともに残酷なもんです。
また会社と言うのも不詳ケタは残酷なもんだとサラリーマン時代に経験しました。
目標数字・・・これが一旦決定すると部を上げて課を上げて、期日までに基地外に
なって邁進しなければならない。おかけで体を壊したぞ、ぷん、ぷん。

イギリスの木綿工業に対する記述

「イギリス政府は関税政策や軍事的・政治的圧力などあらゆる過酷な手段を動員して
インド綿業の撲滅をはかった。それでも安心できないイギリスは、インドも綿職工を
捕らえてその目をくり抜き、手を切るという徹底的な撲滅策をとった。こうしてその名
を知られたインドの輝かしい伝統的手織綿業は抹殺され、地上から消えていった」

今後、アジア、南米、中東、アフリカの勃興とともに、欧米の学者やジャーナリストが
書いたもの・・・以外の情報がじゃんじゃか日本にも流入するようになるでしょうね。

たぶんアフリカの近現代史なんかを勉強すると・・・・まぁ間違いなく欧州が嫌いに
なるでしょうね?お前らそこまでやるんか!と。私もまだ良く知らないですけど。

しかし・・・日本は植民地なんぞならなくて良かったですね。韓国・台湾・満州
・・・・まぁ気にするな!と自分に大甘のケタなのです。

デント氏が書いていたけど、2010年以降は文化の衝突とテロ戦争の激化、何が
起きるかわからない世界。2022年以降は先進国と発展途上国の経済的格差は
小さくなり、文化的差も乗り越える?真のグローバル経済が華開く時代になる
らしいんですけどね。不思議にメリマンそっくり。誰か青写真を書いているんで
しょうかね?

|

« 今日は期末です・・・ | トップページ | 帝国の逆襲・・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

窓空け上昇確定ですね

しかし・・・上げが急ピッチすぎますね

投稿: さむそん | 2008年4月 2日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は期末です・・・ | トップページ | 帝国の逆襲・・・・ »