« 関が原の戦い・・・ | トップページ | 17日ですね・・・ »

さあ17日なんです・・・

不詳ケタは今日は休みなのです。昼から遊びに行きますが。

松藤先生の大予言です。明日が17日ですね。前日に上がるとなんか嫌だな~

明日ですか?・・・・「そう明日です。デタラメな金融が自ら招いた報いです・・・」
その男ははき捨てるように言葉を吐いた。「このペーパーを見てみなさい・・・」
そこにはus treasury yield curveと書いていた。「こっこれは・・・」買い方のケタは
戦慄した、不気味な予感、怪しいカーブには悪魔が薄ら笑いを浮かべているように
見えた・・・しかし内容は理解できていないが・・・

沈黙が続く、その男の目には怪しい光が宿っていた。「世界の破滅」・・不詳ケタの
脳裏にそんな言葉が浮かぶ、戦慄の未来を見ることを拒否したい・・・しかし
黒い沼から泡が立つように浮かんでくる。ケタは喉の渇きを覚えた、自分の鼓動を
感じる、狂おしい未来図、避けたくても逃れられない狂おしい未来図・・・


3braigue0002

「あの~ケタさん、しつこく五島勉ごっこですか?」

う~ん、五島勉は偉大な作家でしたね~まぁもっとも1999年7の月がはずれた
からそう言えますけど、ソ連が存在していた頃は「いつか第三次大戦が起きるの
かな????」とみんな薄っすらと思っていたんじゃないでしょうかね?

79年にはソ連はアフガンに進行して、81年に登場したレーガン米大統領は
「強いアメリカ」を叫んで戦略核兵器パーシングⅡを欧州に配備しました。
この頃が核戦争への恐怖がピークだったのかな?世界のあちこちで反核デモは
起きるし・・・・

当時の西ドイツのバンド、Nenaが歌っていた歌ですね。核戦争への恐怖を
歌っていたのかな?

ちょっと訳して見ると・・・・・ドイツ語なんか訳せんわ~

この歌は確か、坂本九ちゃん以来の非英語による歌で全米NO1になったような。
まぁそれだけ、みんな核には敏感になっていた時期ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔は「核戦争の恐怖」がいつもあって、90年になると世界戦争の恐怖はなく
なりました。米国の一極支配ですね。それからマネーの時代になりましたね。

イデオロギーの対立軸が無くなって、中国もインドも南米も、みんなマネー戦争に
突入したんでしょうね。気づけば日本は老兵ばっかり・・・米国も中国もすぐにそう
なるんでしょうけどね。

そして新たな恐怖・・・「マネーの崩壊」がいつか来るんでしょうかね?基軸通貨の
ドルが堕落しまくるもんで、他国の通貨も困ったもんです。一緒に堕落しないと
一方的な通貨高になる。堕落のスピードを競い合っているんでしょうね?

松藤さんは「明日から来るぞ~」と言っていて、メリマンは2010年8月の前後
18ヶ月以内・・・と言ってます。その違いだけですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

敬虔なメリマン教徒のケタはやはり2010年説なのです。まぁもっとも適当な
勘ピューターで踏みまくってますけど。

Images

しかし不詳ケタの勘ピューターでは、このまま素直に上がるのはやはり変なのです。
一旦25日線を割って、野戦に持ち込む方が良いんじゃないの?なのです。
関が原と同じで1日・・・もしくは2日間程で良いんですけどね。だから今夜のNYは
結構下げてもらった方が良いな~と。まぁ馬鹿上げしても良いんですけどね。

と言うことで、不詳ケタは信用は決済、現物はそのままで保険のプットを少し買い
ました。さぁどうなるかですね。適当に行きましょう!

カウンターが壊れてますね。これも適当ですね。

|

« 関が原の戦い・・・ | トップページ | 17日ですね・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

ケタさんはじめまして。
最近ファンになったものです。メリマンも時々読んでました。無料の英語版ページにアクセスできなくなったけど、もうだめなのかしら。3月の暴落週はけっこうあたりましたね。
さて17日ですが、Weinlandという預言者をご存知でしょうか。やはり17日になにかあるとかいてますね。
ISRAEL VISIT:
Written on April 3, 2008 by Ronald Weinland
My wife and I, as well as Johnny and Myrtle Harrell, will be visiting Israel from April 14th through April 21st. We will be in Jerusalem on April 17th which is the day the First Trumpet of the Seventh Seal sounds. The process of all that will occur, with the sounding of the First Trumpet, will begin on April 17th and continue to increase in destructive power (consequences) for the following seven weeks. The Second Trumpet will not sound until after the Day of Pentecost. This does not mean it is near that date, but it means it cannot happen until after that day.
最近ではラジオでもいっています。
http://www.rweinland.com/sermons/interviews/TalkSport_Ed.mp3
北米でなにか起きる(最初のラッパ)それから45-90日以内にとんでもないことがおきる、というものです。詳しくは聞いてね。
私は預言の類は?と引いてしまうのですが、passoverも近いし、なんだかな~とちょっと構えています。
ちなみにこの人のHPは
http://ronaldweinland.com/?page_id=5
この預言がはずれたら、預言者をやめるとかっていってるけど。^^;

投稿: めい | 2008年4月16日 (水) 12時20分

WSJ紙のメリルリンチ追加損失額は想定範囲内とされ、悪材料はかなり織り込まれつつある。もっとも、昨年11月と今年1月の円急騰後の日柄調整に25-26日間要した経緯からすれば、3月17日の12年7ヶ月ぶりの高値95.77円から今週末がちょうど23日にあたる。米金融機関の1-3月決算発表一巡に伴い日柄調整で蓄えられた相場のエネルギーが来週早々にも噴出する可能性に注意が要されよう。

投稿: | 2008年4月16日 (水) 18時10分

めいさん・・・

おっほっほっほっ・・・そんな予言・・・

おっほっほっほっ・・・ひぇ~

明日の寄りで少し現金増やしておこうかな?ぷっ。

投稿: ケタ | 2008年4月16日 (水) 22時56分

はじめまして!FXってちゃんと勉強すれば確実ですよね。
お互いがんばりましょう。 応援ポッチン^^

投稿: FX投資10年に一度のビッグチャンス | 2008年4月17日 (木) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関が原の戦い・・・ | トップページ | 17日ですね・・・ »