« まてば海路の日和あり? | トップページ | ふん、ふん、ふん、ふん・・・ »

プロとアマ・・・

さて、イチカイニヤリさんが「今ほどプロの真価を問われる時代は無いのではないで
しょうか?」との記述がありました。

う~ん、う~ん・・・・プロってなんでしょうね?例えばBNFさん何かはやっぱりプロ
なんでしょうね?本人はニートだ~なんて言ってましたけど。野村證券の社員は
単なるサラリーマンのような気がするし・・・米国は失敗したら解雇が待ってるし・・・

裁判官や弁護士や大学教授は・・・プロと言うより制度・・・その制度に入り込めた人、
と言う気がしますね。政治家も宮崎県や大阪府はいかにもと言うタイプより、ど素人?
を人間性や熱意で選んだ気がしますね。

なんか今の時代・・・制度 or not・・・と言う視点はあると思いますが、相場みたいに
結果がついてくる商売はプロじゃアマじゃと色分ける必要はないのかな?と言う
気もしますね。それぞれの方がそれぞれの流派で相場をやれば良いような?

田舎に住んでいると・・・昔は教師のステータスは高かったんですけどね。小学校や
中学校でも・・・今はガタガタ・・・給料は高いけどホント世間知らずの困ったチャンと
見られていますね。ただ年配の教師はいまだにその事に気付いていないのが痛い
んですけど。

田舎の三大人気商売は「公務員」「郵便局」「教師」だったんですけど、郵便局は
民営化、教師は実はうつ病ばっかりですね。子供も親も「消費者」になっちゃって
教師には文句ばかりですね。まぁ確かに世間知らずが教師になるもんで・・・ねぇ
制度に入っても・・・まぁ不自由だし厳しいもんです。

だから今の時代、プロじゃアマじゃと肩肘はっても仕方が無いと思うんですね。
渡る世間をとにかく食っていかないといけない。たまたま個人の力で成功したら
プロ!で良いんじゃないでしょうかね?

それにメリマン読むと・・・我々はなんか珍しい時代を通過するようなので、戦後に
書かれた成功本・・・相場でも仕事でも人生でも・・・まぁ適当に読むべきなのかも
しれないですね。特に団塊世代のおっさんが言うことは・・・参考にしない方が良い?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の時代と1920年代の類似性・・・昭和初期の日本です。便利な機械・技術・・・
都会と田舎の差が大きかったみたいですね。

今はどうなんでしょう?ネットがあるので都会と田舎の差はあまり感じないですね。

昭和初期は・・・長引く不況、農村の疲弊、政党政治の混乱、軍人の台頭、大陸
への進出、国家統制化・・・そして15年戦争に突入し敗戦を迎えます。

今の時代はどうなんでしょう?日本は既に人口減少国家ですので、過去のような
ことは無いと思うんですけどね。増えるのは国家の借金ばかり・・・はぁ~

但し世界は違うようですね。メリマンによると「世界の多くの市場で新高値をつける
だろう。これは世界の富裕層の投資家はますます富裕になることを意味する。
この結果、社会の各階層間で不均衡が高まる。持てる者はますます富を増やし、
持たざる者はますます貧乏になる・・・」

「増税の機運は高まる。同時に権力者は基本的な権利や自由を制限する。これら
の世界のリーダー達は更に権力を強めようとして、おそらく彼らの描く完全な世界の
ビジョンの妨げになると思われる一部の人間を破壊しようとする・・・」

すなわち、あたなは権利を失い、不都合な宗教、肌の色、国籍によって完全な
世界のビジョンの脅威になるとして抹殺される可能性があるからだ・・・」

あの~なんか怖いんですけど・・・・困ったもんですね。2010年後に経済的混乱が
やって来て・・・そのときに甘い言葉を吐くリーダーが出たら注意が必要ですね。
そう言えばヒトラーも当初はハイパーインフレで破綻したドイツ経済を見事に
立て直したんですね。歴史は繰り返すんでしょうかね?

カーディナルクライマックスバブルが早く来て欲しいような~でも来るとやっぱり
怖いような~まぁとりあえず来週からは強くなって欲しいですね。

|

« まてば海路の日和あり? | トップページ | ふん、ふん、ふん、ふん・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

ケタさん、二週間ほど前の日経で大前研一氏が語っております。、
「アメリカでは2010年に相続税がゼロになります。
相続税がゼロになると何が起きるか。
お金が一番いるのは30代と40代。
この時期にお金が入ると使いますから、景気が良くなる。
日本は60歳の息子に入るからもう使わない。
2010年にいったんゼロにして2011年にはまた上げると言っていますから、
2010年アメリカの景気はめちゃくちゃよくなります。」
やはり「カーディナルクライマックスバブル」は約束されているようですね!
シティの新CEO、パンディット氏(51歳・インド出身)に注目しています。

投稿: フォート・ローダーデール | 2008年2月24日 (日) 00時03分

NY株:売り豚悪夢の一時間

まさに絵に描いたような三角持ち合い上離れ。-150$で終わっているはずの関ケ原だったわけですが。売り豚くんには悪夢の一時間でしたね。丸焼きでしょう。

祝!三角持ち合い解消

投稿: | 2008年2月24日 (日) 08時18分

フォートさん、こんにちわ~

ふん、ふん、そうですか米国は相続税を廃止する
つもりですか?

米国の富裕層は米国と言う国家を見捨てるつもり
なんでしょうね?強欲でエゴイスト・・・彼らの
サイドに未来が無いことを希望します。

投稿: ケタ | 2008年2月24日 (日) 13時55分

大前さんは世界最大の経営コンサルティング会社マッキンゼー出身

この発言は聞き逃せないよ

投稿: fox | 2008年2月24日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まてば海路の日和あり? | トップページ | ふん、ふん、ふん、ふん・・・ »