« モンゴル帝国相場は・・・・ | トップページ | さて来週は・・・ »

馬鹿で無責任・・・・

さて、不詳ケタは馬鹿で無責任なトレーダーですね。でもそれがどうした!

大京はEPS89円予定。PERは2.7倍程度です。この数字はどうやって説明
できるんでしょうね。首都圏は人口は増加しているし、国土交通省の審査遅延が
あっても酷すぎますね。

投資は所詮、最後はそうじゃないんでしょうかね?面白うてやがて悲しき相場ですね。
個人でもファンドでも相場になればじわじわ買う、そして買い上がれば・・・売り抜け
ですね。そしてまた次のターゲットに金がつぎ込まれていく。

だから投資の司教さん達が言うような「綺麗な」投資はまぁ適当に聞いていた方が
良いですね。今の日本株は失敗したファンド筋が泣く泣く売っているんでしょうね。
ITバブルの頃はPSR(一株あたりの売り上げ)なんてデタラメな指標があったし。
今度のサブプライムローンでもホントいい加減な商品。

デント氏も未来の企業は株主重視より顧客重視に変化するだろうと書いているし、
真の成長企業は証券市場から資金が必要なのは最初だけらしいですね。

再建企業がMSCB発行するならわかるけど、新興企業がMSCB出した時点で
それは欠陥企業かもしれないですね。ACCESSもいつまでたっても赤字企業。

ファンド資本主義・・・・もちろん良いとこもあるけど・・・・いつかはババつかみですね。
そしてファンドマネージャーは儲かる時はみんな儲かります、その時は巨額の
ボーナスを手に入れます。損しだしたらさっさと解散して新たなファンドを立ち上げ
ます。損はもちろん自己責任で一般投資家が悪いのです。

まぁそんなわけで相場は適当に考えた方が良いですね。特に日本株は上がる
ときは怒濤の上げ、下げるときは怒濤の下げ・・・・世界公認のギャンブル場
ぐらいに考えた方が良いかもですね。日本人の貯金がある間は大丈夫でしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国が内需拡大を日本に求めてきたらしいですね。ふん、ふん、ふん・・・・・
銀行が早く安定してほしいな~マンション、ゼネコン・・・ひょっとしたら面白い
かも?ですね。

後は成長産業・・・・何が良いんでしょうね?第二次ITバブルは来るのかな?
来るとしたらこのあたりが一番有望なんでしょうかね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2003年春・・・不詳ケタは2百万くらいでしたけど・・・2004年4月には20倍以上
にふくれ上がってました。その後・・・う~ん、ちょっと他で使ったかな~

不詳ケタの投資の王道・・・「一攫千金」まぁこれで良いんじゃないでしょうかね?
日頃の仕事はコツコツと、しかし年齢とともに給料が上がっていく時代じゃないし、
今の時代は現役世代に厳しいですね。株式くらいは夢を見て良いんじゃ
ないでしょうかね?

一攫千金は努力しようとしてはいけませんね。問題は「時期」だけですね。
相場が来るか?来ないか?ただそれだけですね。BNFさんは天才なのです。
普通の投資家は来ないときにバタバタしてもなかなかね~
まぁ各人好きなスタイルでやれば良いんでしょうね?

2003年と同じで王道は金融だな、うん、うん・・・内需も穴場かもしれないな~

不詳ケタはあくまで「一攫千金」なのです。
Kyojin_thum

時期はいつなんでしょうね?2月26日あたりだと良いな~
燃えるな~・・・・いかんいかん冷静に・・・
516jbk903nl

まぁでも一攫千金狙いは無くすとショックが大きいのでなるべく小さな金額で
勝負した方が良いですね。2月が駄目なら4月だ~来るとしたら日本最後の
相場になるかもしれないので頑張っていきましょうね!

|

« モンゴル帝国相場は・・・・ | トップページ | さて来週は・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

低金利政策のおかげで預金者は1000万円を銀行に預けて年に1万円の利息を得、1000万を預かった銀行は消費者金融業で運用して150万円の利息を得ます。預金者、消費者から銀行へ149万円の移転が行われるわけです。

銀行はニンゲンの体で言うなら血を体のすみずみまで届ける心臓の役割をになっていますが、1980年代後半のバブル経済をみずから演出し、煽った多くの銀行が不良資産を抱えて死に瀕し、実際に死んだ銀行もあったわけです。心臓を回復させるための所得移転が必要であったことは間違いありません。 

しかし心臓を助けるために行った所得の移転は一時的に必要とされた悪であり、心臓が回復したら今度は体のすみずみに血が届けないといけません。預金金利を上げる、消費者金融の金利を下げるなどによって、預金者、消費者に借りを返す、すなわち所得移転の方向を反転させないといけません。

国家機関に奉職するひとが、人為的な所得移転・必要悪に便乗して益を得ることをもって自らの才覚と思うのであれば愚者であり、悪と知って八百長マネーゲームに加わるのであれば背信の徒といえますが、小泉純一郎氏の国家経済運営チームは愚者と背信の徒で占められているものだから、少数のカチグミが肥える一方で日々増大するマケグミはやせ細る、自死に赴くという現象がおきています。

1998年にノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」会員としてその名を高め、6160万円の退職金と共に日銀を去った福井俊彦氏が2003年に総裁として日銀にカムバックしたときは驚いたものですが、八百長市場主義にとりこまれて、あるいは自ら進んで八百長をプロデュースして1000万円を六年で2437万円にしたなどは哀しい話ではあります。問題なしと言い切った小泉純一郎氏については、そんなニンゲンだと分っているからなんの感慨もありません。

必要悪の役割が終わったら、福祉を充実させることも必要ですが、小泉改革なるものはここでも逆行しており、その一例がリハビリ医療の打ち切りです。詳細は「文藝春秋」七月号に免疫学者の多田富雄氏が書いているので省きますが、私の友人に一年まえに脳梗塞で倒れてリハビリ中の人がおり、医者によるリハビリが打ち切られます。ご家族の心痛はいかばかりかと腹が煮え繰り返る気持ちです。

青い目主導による八百長市場を容認し、そこから生まれるカチグミになることを恥とおもわない小泉純一郎氏・竹中平蔵氏の国家運営では日本が心臓肥大の病人になります。日本運営にあたる人は「かねは天下の回りもの」と知って健全な国家運営をする人でないといけません。

投稿: | 2008年2月 9日 (土) 21時24分

週明けG7の共同声明で失望売り加速

もーアカン

投稿: | 2008年2月10日 (日) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モンゴル帝国相場は・・・・ | トップページ | さて来週は・・・ »