« また下げか~ | トップページ | さてモンゴル帝国は・・・ »

モンゴル帝国軍投資法・・・・

「きゃ~日経素敵~」
Kindou

さて、原田さんネタで盛り上がってましたが・・中国春節明けの暴落理論。

それと不詳ケタが勝手に妄想している・・1月22日を軸としてチャートは
左右対称になるかも?理論。

う~ん、困るな~まぁ不詳ケタはなんだかんだ言っていつもケタ勘ピューターに
従ってしまうんですけどね。昨年のメリマンは後半ははずれ~でしたし・・・
しかし・・・今年はなんか当たってほしいな~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日経14000円以下の世界・・・これはやっぱり売られすぎでしょう?
14000円以下はサブプライムローン問題で世界の市場におつきあい。
13500円以下はソシエテのお馬鹿のおかげじゃないんでしょうかね?

それでも下げすぎた日本株・・・去年の夏に郵貯の売りが出てきたのが
やっぱり痛かったんでしょうか?

まぁそんな訳で世界が恐慌さえ回避できるなら今年のメリマンの予測、
18300円・・・その後の24000円の世界は十分可能?とは思うんですけどね。
24000円は数年後らしいですけど・・・

まぁその辺りはどちらにしても結果論ですから、自分の勘を信じてやるのが
いいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、モンゴル帝国相場とは何でしょう?早い話、信用買でガンガンやろうぜ~
と言う相場ですね。2003年5月以降にカリスマ投資家が続出しました。
彼らの多くは信用買を多用しました。逆説的ですが、「ド素人」ゆえに資産が
激増したと言えます。もちろん減るときは減ったでしょうけど、増えるときが半端
じゃなかった。プロならあんな激増はしないでしょう?

さて、モンゴル帝国は少ない人口で史上最大の帝国を築きました。なぜでしょう?
一つの理由に圧倒的に強かった軍事力がありますね。

Islam2

モンゴル軍は騎馬兵です。一人で7~8馬の引き連れていきます。大軍に見えます。
疲れた馬を乗りつないで行軍するので、驚異的な行軍速度と距離がありました。
弱った馬は食料、衣服、武器(矢尻)として利用します。

そして軍は3つに分けています。

先峰隊は軽騎馬兵で速力が高く射程の長い複合弓を使用します。敵との白兵戦は
しません。もっぱら弓矢で攻撃します。わざと退却し矢の嵐を振らせる・・偽装退却が
得意だったらしいです。

中隊は先峰隊が撃滅した後に入り、残存部隊の殲滅、戦利品の略奪を行います。
先峰隊は反撃の恐れがあるので略奪は禁止されていました。

そして後方隊は、家畜を引き連れ遊牧をしながらゆっくり移動します。そして前線を
支えます。中隊が略奪した戦利品は平等に分配されました。
02081208

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この史実から相場での戦いを考えます。何度も言いますが趣味だから
仕方ないんです。ぷっ。

まず後方隊は現物株です。上昇相場がとりあえず2009年の初頭まで続くと
仮定します。最後まで上昇するような株が良いですね。ゆっくりでもかまいま
せんね。

そして先峰隊が信用買部隊になります。モンゴル軍は騎馬・弓矢は日頃から
鍛えています。テクニカルを勉強しましょう。そして白兵戦は禁止です。
偽装退却・・・・押し目買いが良いんではないでしょうか?馬は何頭連れて行くか?
不詳ケタは現在、信用買馬は1.2頭程引き連れています。

そして信用買に利が乗ると・・・それは中隊になります。日柄を考え当面の
残存上昇力を殲滅しなければなりません。略奪の瞬間を考えるのです。
ここでもテクニカルが必要なのでしょうね?

しかし弱った信用買部隊は・・・さっさと乗り換えた方が良いのかしれませんね。
全軍の士気に影響します。

長期上昇相場とする中隊を現引きして後方隊に編入しても良いでしょう。
後方隊は勝手に膨張するでしょう。

そして時々ハーンが死ぬかもしれません。その時は遠征中でもさっさと引き
上げましょう。一度くらいは大ハーンが死ぬかもしれません、その時はつなぎ
売りオルグで待避が良いんでしょうね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、以上が中長期上昇相場を前提としたモンゴル帝国軍投資法です。
モンゴル軍は軍規には厳しかったです。厳しさが要求される投資法ですね。
2006年のLDショック以降・・・・軍規は乱れに乱れました。そして規律無き
軍団は大半が消滅したんじゃないでしょうか?逆に今がチャンスなのかも?
ですね。

Islam2_2
(押してみてね・・・)

モンゴル高原=100万円
モンゴル帝国=1億円・・・・・・・なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁどうせど素人です。楽しく相場をやれば良いんじゃないでしょうか?
何度か書きましたけど・・・口座を2つに分ければ良いと思うんですけどね。

信用買する口座なんて・・・元金100万円で十分と思うんですけどね。増えだし
たらどんどん増えます。相場さえ来ればね。元本の大きさはあまり関係無いで
しょうね。

一つは騎馬口座でもう一つはとにかく損しないようにする農耕口座が良いと
思うんですけどね。心が落ち着くNO損風景・・・なんちゃって、ぷっ。

しかしホントそんな相場が来るんでしょうかね?メリマンはNYについては
弱気の壁をよじ登る相場になる・・・と書いていますが、どうなんでしょうね?ぷっ。

|

« また下げか~ | トップページ | さてモンゴル帝国は・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

原田武夫の中国バブル崩壊シリーズ

1回目 10月1日暴落→国慶節で7連休
2回目 10月中旬の中国共産党大会で暴落→スルー
3回目 11月福田訪米で円高強要される→相場陽転
4回目 11月ECB総裁訪中で人民元切り上げ要求→中国無視
5回目 opec総会でドル離脱を行いドル暴落→ドル上昇
6回目 12月の米中戦略対話で人民元切り上げ→何もナシ
7回目 1月はかなり株式市場は上昇する→大暴落
8回目 春節前後が注意→
9回目 春節から3月中旬が要注意→
ラスト 3月~4月が要注意


※これ事実ですので
 原田武夫は既に3~4月までなぜか延ばしております
 しかしですね、昨年8月の第一週から始まった中国暴落商売
 ですが、酷くありませんか???
 中国バブル崩壊が来るまで言い続けるんじゃないでしょうか

投稿: ボブ | 2008年1月29日 (火) 21時15分

うひょ~~~

これだけ言い続ければ当たるわなw

投稿: 天才大物氏 | 2008年1月29日 (火) 21時17分

某ブログより転載

この原田武夫が口癖のように言う「潮目」という言葉ですが
相場がどちらに振れてもいいようになっております。

〈例1〉

1月1日に潮目が来る!と原田武夫が豪語する

そして1月1日に相場が「上昇」する

すると原田武夫は言った通りでしょと言います。


〈例2〉

1月1日に潮目が来る!と原田武夫が豪語する

そして1月1日に相場が「大暴落」する

すると原田武夫は言った通りでしょと言います


※こういう感じでありえない人間です


↑↑↑
ズバリ当たってる

投稿: 天才大物氏 | 2008年1月29日 (火) 21時21分

証明できる証拠があります

今年の全ての日刊原田武夫を聞けば答えは出てきます

やっぱり1月9日が潮目だった?みたいな奴が証拠です
聞けば分かりますが陽転した潮目を語っていることが分かります

史上稀に見るペテン師と確信しました

投稿: ボブ | 2008年1月29日 (火) 21時25分

原田武夫のペテン行為を分析

☆中国バブル崩壊でまずは煽る

現在の日経平均株価は約13500円です。
これが仮に17000円まで行ったとします
そこで中国バブル崩壊が起きました。
すると原田武夫は必ずこう言います。
「元外交官 中国バブル崩壊予告・的中!」と大宣伝を開始する

今までの世界同時株安ではこのようなトリックが行われておりました。
皆さんもお分かりのように日経平均が13500円でバブル崩壊宣言
しかしバブル崩壊が起こったのは17000円台という様な感じなのです。

☆アマゾンのレビューは酷いね

サクラの指摘されてるよ
ほとんどが星5つ評価にビックリ

投稿: ペテン撲滅 | 2008年1月29日 (火) 22時12分

原田氏のクライアントのブログ閉鎖を何度見たことか・・・
突然だもんね閉鎖が
でも原田氏はそんなの関係ねーそんなの関係ねー・・・・

投稿: BtoB | 2008年1月29日 (火) 22時15分

原田のブログ更新止まったじゃん(笑)
メールマガジンの発行カウンターも減っているし(笑)
そりゃそうだよなこんだけの詐欺しちゃったんだもん

一番の参考は新刊記念講演会の入場者数ですね
当初1000人招待が当日は公表によると800人
大阪、名古屋では500人づつの講演会なのに合わせて350人しか来ない結末。


みなさんもうこれで分かるでしょ
原田武夫は「1月は上昇する!」で商売していたことが分かりますよね
こういう人間なんです原田武夫というクソ野郎は
原田武夫の商売方法は新規の“カモ”が現れないと維持できない商売であります。
カモの減り具合を確認しながらその都度その都度
外務省時代の情報を引き出し切り売りするのですよ。

投稿: 伍長 | 2008年1月29日 (火) 22時46分

某ブログより転載

こいつアレだろ
ベンチャー企業の雄が、12月に東京地検特捜部に逮捕されるからマーケットは大荒れになるって流布した奴だろ
そんでヤバイと感じたのか年初にアイシーエフに摺り替えた奴じゃないのかい?
こいつの言うベンチャーの雄って○天の三○谷を指しているんじゃね

投稿: 天才大物氏 | 2008年1月29日 (火) 23時10分

吉本のお笑いだな

投稿: れもんくらぶ | 2008年1月30日 (水) 01時29分

昨年5月頃だったかな?
貯金はせず株を買え!って言ってた奴じゃないかな

残念ながら昨年5月に株を買った奴は今頃死んでるよ

しかしだな悪質極まりないな

投稿: レスキュー隊 | 2008年1月30日 (水) 02時58分

コメント覧ヮロス

いやいやゴメンゴメン

それより酷い話ですのぉ

投稿: 秋葉原博士 | 2008年1月30日 (水) 03時44分

外務省ってこんな奴ばっかなんだろ
昔いたじゃん、公金横領で馬主になった松尾とかいう奴だっけ?
大体さ役人出身信じるなよ
自称ミスター円の榊原が良い例じゃん

投稿: メタボリック | 2008年1月30日 (水) 05時17分

あのアマゾンの☆5つはヒドイね
あれはどうみても桜でしょ
みていて気持ち悪くなったよ

投稿: おるおる | 2008年1月30日 (水) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また下げか~ | トップページ | さてモンゴル帝国は・・・ »