« 酔っています | トップページ | ああ神風特買隊・・ »

神風特買隊・・・・

さて、明日の作戦を考えなければいけませんね。メリマンがまたぐちゃぐちゃと
書いてますけど・・・・頼む日本語で書いてくれ・・・・そりゃ無理か。

1月6日で金星と土星のスクウェアが終わりました。まぁぐちゃぐちゃと書いてます
けど、あと数週間でバーナンキ&ボールソンのマジックが見られそうですね。

そしていつものことですが、大底局面になると現れる総悲観。今週のメリマンは
お気に入りのJANetのメリマンの顔を押して読んでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不詳ケタは、「買うのや?」基地とあとは「しらん!」基地から神風特買隊を発進
させようと思ってます。前場か後場か?まぁ始まってから様子を見てですね。

名和さん読むと、年始年末はやはり仕掛けられた見たいですね。底はまだ先を
想定しているみたいですね。11日~15日が戻り高値で25日にホントの底と
なれば良いですね。

076_1
いくで~あと先物ミニ買をあと何機だそうかな?損切りラインは含み損100万円だ~


Cut_241_2
個別への攻撃は25日あたりで良いのかな?


134_5_xabier
いづれにしても大底・・・その日は近いでしょう。

Ani_063
長期投資、成長株投資、バイ&ホールド、信用買・・・一体何がいけなかったんで
しょう?個人投資家たるもの初心に戻り勉強です。

Aozosumi
武者先生や山本清治先生の教科書が・・・墨を入れられる・・・まぁこれからは
役に立つかも?ですね。

Ani_005
焼け野原の日本株に賑わいが~ブルーチップ=銀座、新興=新宿でよろしいんで
しょうか?

20w400
初夏くらいには高度成長時代を満喫しているかも?ですね。BRICSのおかげかも
しれないですね。

しかしマネー戦争くらいなら「まだ許せますね」、米国もいい加減に軍産複合体を
なんとかしろよな~戦争国家からいい加減に進歩してほしいですね。
323_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある米国人の感想らしいです。

By David J. Huber (New York, NY United States)

まず第一に、このレビューを読むのをやめて、この映画を見るべきです。
見ればアニメーションがいかに美しく素晴らしくなりうるのか理解できます。
この映画はビジュアル的に素晴らしく、魅力的です。

アニメーションを超えて、『火垂るの墓』は真に完璧に構成された脚本と言えます。
この映画の主題は戦争と死ですが、特に戦争が無実の人々にどのような影響を
与えるかが重要となります。これは、第二次世界大戦末期の日本における
空襲の最中、食料が不十分で、親のいない子供たちが見捨てられて死ぬ物語です。

このストーリーは信じられないほど悲しいですが、聞いて見ることがとても
重要です。見ている最中には泣かせたとしても、あなたの人生観を変える
パワーはないハリウッド映画のメインストリームとは異なり、この映画は本当に
悲しいです。幼い子供たちが死にます。彼らは病気と飢餓によりとても無惨に
死にます。全体の過程はよく描かれており、あなたは自分が飢え、病気に
なったように感じるでしょう。アニメーションの演出は効果を増大させます。

ラストにおいてすべてがうまくいくわけではなく、恐ろしく打ちのめすような
結末になる映画を見ることは良いことです。なぜなら、しばしば人生は全く
最低でフェアではなく、私にとっては当てはまらなくても、多くの他人にとっては
当てはまるものだからです。すべてが結局はうまくいくわけではないことを
覚えておくことは良いことです。映画においてこのことをリアルに示すことは
何も悪くありません。私はこの映画を子供に見せようとするでしょうか?
答えはYesです。小さい子供たちはとても強くこのメッセージを受け取るでしょう。
もし私たちが小さい子供たちに戦争の馬鹿げた本質を若い年代の内に見せる
ことができたなら、無関係な哲学的、人種的、遺伝的、地理的、その他諸々の
取るに足らないことのために互いに殺し合うことに必要性を感じない世代が
生まれるかもしれません。

映画を見た後、私の頭の中は真っ白になってしまいました。これはこの映画が
本当に素晴らしいということを物語っています。しかし、どうしようもない悲しさに
打ちひしがれることを覚悟すべきです。私はこの映画を冬に見ました。そして
5ヶ月後の夏、私はその年初めての蛍を見て、突然襲ってきた悲しみに涙が
止まりませんでした。これはこの映画がいかに強力かを示していると思います。

私はこの映画を少年・少女への教育において使いたいと思います。おそらく
何年もの間。この話を読み解くことは大変価値があることだと思います。
この映画は真のアートワークで、アートワークができると考えられることを
すべてやっています。これはあなたを変える力を持っており、ストーリーを
忘れさせない力を持っています。すべてにおいてエクセレントです。

最後に注意点。完全な映画を見るためにレターボックスがつけられた
バージョンを入手すべきです(なぜレターボックスなしで映画がリリース
されるのでしょう? 絶対変です)。そして、日本語で字幕のついたコピーを
入手します(さもなければ、もちろん、あなたは日本語をしゃべれなければ
なりません)。あなたは、オリジナルの日本語、そしてオリジナルの声優の
演技を絶対に、絶対に聞かなくてはなりません。素晴らしい映画です。
10億個の★を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不詳ケタは安全保障上からも中国に大量に日本株を買わせれば良い!と思って
ます。1929年~1945年・・・・世界は大恐慌と世界戦争を経験し、帝国主義・
植民地主義・過剰なナショナリズムを反省しました。

その後は自由主義陣営と共産主義陣営に別れ対峙しました。そして1990年
イデオロギーの対立を反省しました。

2010年~202●年にまたつまんない対立が起きそうですね?なんでしょうか?
不詳ケタはそれは宗教?文明間の対立と言ったものかな?と感じています。

メリマンの「戦争の風は吹き始めており、異なる国家やグループはそれぞれ
”神はわが側にあり”と主張し、神は我々を守り、かつ”神は神の意思に背く
者を懲らしめる”と主張する」・・・なんか嫌な時代が再び来るんでしょうか?

日本は古今東西の文化を受け入れ、宗教にも政治にも寛大な国です。まぁ
ノンポリ国家と言っても良いかもですね。人口減少の最先端国家ですから、
台頭するBRICSの前でますます影が薄くなるかもしれない。

しかし・・・・早く日本のアニメで世界を洗脳してしまわないと未来は無いのかも
しれないですね。ホントは東アジアは・・・宗教的に一番ノンポリ地帯ですので、
致命的な対立なんかある訳ないんですけどね。ただ儒教の影響か、国家の
指導者がカッコつけすぎるんで、無用な摩擦が多発する。言論人とそれに
影響受けた庶民が騒ぐ。ビジネスやっている連中は・・・内心はどうでも良いや~
なんでしょうけどね。

明日から仕事が忙しくなります。携帯トレーダーでも頑張るのです。
0004syakaneihanzu_2
「では、頑張るワン!」

|

« 酔っています | トップページ | ああ神風特買隊・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔っています | トップページ | ああ神風特買隊・・ »