« シナリオ・・・・ | トップページ | 偵察中・・・ »

メリマン講師・・・・

さて、今日はクリスマスイブ特別寄稿です。(などと大したもんじゃありませんが)
早くフォーキャスト2008が来ないかな~

ある学校関係の本を読んでます。ケタの町はどうも「全国学力調査」の結果が大変
悪かったらしく・・・教育問題で盛り上がっているのです。

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20071026/1193363601

学力については東北・北陸勢が頑張っているみたいですね。下位は北海道・九州・
大阪・沖縄・・・ケタの福岡は総合で41位・・・お馬鹿県だったのね~

さて、その本には余裕のある家庭では、子供の習い事が大変多いらしいです。
理由のひとつは親の「将来に対する漠然とした不安」らしいですね。
子供の将来を考え多くのものを身につかせときたい・・・・

ふん、ふん、ふん・・・これは投資にもいえますね。「老後が不安」「年金が不安」
「日本の将来が不安」・・・そこで多くの大人が色々な投資の習い事をはじめます。

業界も新興株投資、BRICS投資、FX投資とメニューを用意します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、子供の頃に習った英会話、ピアノ、バイオリン、書道・・・プロ級の腕に
なった方がいるでしょうか?まぁそこそこで、結局塾代を考えればマイナスでは
無いか?逆に無理して習った結果、大人になって見向きもしなくなるのではないか?

投資もそうかもしれませんね。「●●が不安」・・・この動機では弱すぎるのではないか?
ころころ習い事を変えても中途半端になるのではないか?一つの習い事をしつこく
追求した方が面白くなり、上達するのではないか?好きこそものの上手になれ!です。

だから不詳ケタは・・・BRICS投資もFX投資も興味はあるけども、やる気はありません。

「メリマン塾」だけで十分ですね。
8bd7e31873473fbc1fc0519eb523a81c
(メリマン講師ご尊顔)

さて、メリマン講師はフォーキャスト2007で今年に日経平均をこう予測していました。

「なぜなら、これらのほとんどの長期サイクルは相場が2007年から2008年初に
かけて、20,000をテストするか、上回る可能性を示唆しえいるからだ・・・」

・・・・・「あの~メリマン講師・・・・全然はずれてますけど・・・・」

ふっ、弘法も筆の誤りなのです。きっと去年は体調が悪かったんでしょうね?
ボールソンの黒魔術にまたやられたか?
しかし、このメリマンの変化日はなんか結構役に立ちそう。

不詳ケタもぼちぼちメリマン塾の中級者コースに進もうと思っています。
中級者コース・・・・それはメリマンの変化日を参照に日経先物ミニ取引にチャレンジ
することです。だって個別はばらばらでなんか疲れますね。個別は大底を実感できて
からですね。そして買いも売りもこなしていきます。損切りは・・・もちろん常識~です。

中級者コースでは、中長期は適当に勘ピューターで考えて、メリマンの変化日に
注目します。不詳ケタも痛い目にあいながらどうやらわかってきました。メリマンの
変化日は事前に高値・安値の予測をしてはいけないのです。しても良いけど、
その日が来るまでわからない!くらいの気持ちがいいですね。

メリマンの法則その一:変化日が孤立した高値になるか?安値になるか?その日に
                               考えろ!

12月10日と30日が変化日とします。10日が孤立した高値だから30日が安値と
なるとは限らないのです。一旦下落して30日が戻り高値となることもよくあります。

となると、変化日が高値か安値か予測はかなり困難です。しかしその日が来れば
なんとなく高値か安値かわかるでしょう。すると次の法則が導かれます。

メリマンの法則その二:変化日当日にポジションを構築せよ!

次の変化日は26日ですが、上昇すれば戻り高値で「売りポジ」を構築します。
下落すれば安値と見て「買いポジ」を構築します。10月11日もその日を
過ぎれば下落と思い売りポジを作ってきましたが、当日大陽線で踏み上げ
損切りに追い込まれました。やはり当日までじっくり待つことが大事みたいです。
そして次の法則が大事です。

メリマンの法則その三:ポジを構築したら翌日まで慎重に対応しろ!

メリマンの変化日は前後を含んだ3営業日間です。孤立した高値と思って「売り」
をかけて翌日更に踏み上げられても、その日が高値かもしれません。
我慢するかどうするかは個人の判断ですね。不詳ケタは含み損が嫌いなので、
一旦損切り、再度即売りポジを作ります。それにメリマンの変化日は最近は
なんか良い調子ですが、結構なんだったんだろう?と言う日もありますね。

そして利食いは次のようになります。

メリマンの法則その四:利食いは勘ピューターで適当にやれ!次の変化日が
                               高値か安値かわからなければ、やはり適当にやるしか
                               ないですね。特に値動きの乏しい時は悩んでしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ以上がメリマンの変化日の法則です。日経平均の変化日ですので、個別は
個別で考えるしかないですね。では、この法則を利用して次の12月26日の
変化日にどう対応するか?

まぁやっぱり孤立した高値だよな~まだまだ隠れた悪材料が表面化していない
じゃん!と考えます。買いで偵察部隊のミニ2機を25日にも出そうかな?
ぷっぷっぷっ。なのです。わかんない時はポジは小さくですね。静観でも良いんで
しょうけど・・・偵察隊を出したくなるのです。

そして26日・・・戻り高値が実感できればどってんして売りポジ作りですね。
16107円が損切りラインです。そして後は勘ピューターとなるんでしょうかね?

11月22日の安値はメリマンは全く書いていなかったし・・・まぁ参照にしつつ、
結局一番大事なのは自分の勘ピューターなんでしょうね。ぷっ。

まぁそんなことで、フォーキャスト2008では中長期の見通しはもう当たらなくても
いいから、変化日だけはばっちり決めてね!と祈っているケタでした。

しかしこのミニは面白いですね。損切り&無理の無いポジが前提になるんで
しょうけど、これだと上昇相場中の暴落局面や2010年以降の相場でも楽しめ
そうですね。では、また明日から頑張りましょう!

|

« シナリオ・・・・ | トップページ | 偵察中・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

ブラッククリスマスだから、今日はどうでもいいんだけど。
個人的には判り易く思いっきり下に突っ込んで欲しいんです。
大暴落するって予言してる超能力や預言者は居ないのですか?。

投稿: ラージャ | 2007年12月24日 (月) 01時48分

かざか証券の金融占星術をみると、ドル買いですので無理でしょう。満月の売り下落を狙いましたが、失敗でした。年末、年始は、すごく円安になりそう。その次の満月に下落ですかね。

投稿: | 2007年12月24日 (月) 21時31分

相場の必勝法に興味のある方は
http://blog.livedoor.jp/masashi0817/
を見てみてください。

投稿: masashi | 2007年12月25日 (火) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シナリオ・・・・ | トップページ | 偵察中・・・ »