« 2003年春 | トップページ | アッバース朝 »

燃えろ買い教徒・・・

HIT株式教室さんが10月4日付けの記事で面白いことを書いてますね。
過剰流動性が作った住宅バブル・・・それを食い止めるため更に過剰流動性で
対応しようとしているみたいですね。

現在の戦いは、この過剰流動性をどう見るか?その手が使えれば株価は永遠に
問題無しですね。そんなに甘いもんでしょうか?

売り方は・・・そんな堕落したような小手先の金融手法がいつまでも通じるか~と
売りにきます。「ウリシタン」ですね。

買い方は・・・シティが60%減益でも雇用統計が悪かろうと・・・過剰流動性と利下げ
だも~んと買いにきます。「買い教徒」ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここで回教徒・・・イスラム帝国の歴史を学んでみましょう。

イスラム教は7世紀にアラビア半島から始まりました。正統カリフ時代、ウマイヤ朝
時代、アッパース朝時代と勢力を拡大してきます。

「ウマイヤ朝の領土です」

Islam2

ウマイヤ朝はアラブ人第一主義を取ってました。軍事的征服は砂漠の船と呼ばれた
ラクダが活躍しました。首都はダマスカスです。

「アッバース朝の領土です」

800pxabbaswill

アッバース朝はイランの地でウマイヤ朝に対しての反乱と言う形でおこりました。
ウマイヤ朝の「アラブ人第一主義」に対して、イスラムであれば平等に扱いました。
首都のバクダードは繁栄を極め、人口は200万人に達したと言われています。

インド洋はイスラム商人の海と化し、アフリカ、インド、東南アジア、中国南部まで
貿易で活躍しました。アラビアンナイトやシンドバッドの冒険の世界ですね。

商業だけではなく文化的にも栄え、ギリシア・ローマの文物の研究が盛んだったと
言われてます。当時の欧州は・・・貧乏・みじめな地域だったんでしょうね。
イスラムの大学に欧州から留学生が多数来ていたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この史実から類推すると・・・・何を類推すんだ?ふっふっふっ不詳ケタは
頑張って類推するのです。

まず今の相場ですが・・・たぶんウマイヤ朝の時代と言えるでしょう。雇用統計が
悪けりゃ・・利下げだ~、良けりゃ・・経済は好調だ~で上げる。そんな旨い話が?
とウリシタンは批難します。「旨いや」朝時代なのです。

そして首都は「騙すカス」と呼ばれ・・・世界の投資家はカスばっかりだから、上げ
ればみんな買ってくるのさ~となめきっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、不詳ケタはこの「旨いや」朝はボチボチ崩壊すると思っています。それでは
ウリシタンが勝つのでしょうか?たぶんウリシタンはその力はないでしょう。

では、誰がこの「旨いや」朝を打倒するか?それは私は同じ買い教徒だと思って
います。イランから発生した反乱軍がアッパース朝を打ち立てたように。

旨いや朝を倒そうとしている買い教徒・・・それは意外なところから反乱を起す
のではないでしょうか?私は国慶節明けの中国に非常に注目しています。

彼らは浮ついた買い教徒が買い、未開のウリシタンが踏み上げれるのを待って
いると思います。そして反乱を起し・・・旨いや朝を恐怖のどん底に叩き込む。

短期勝負で旨いや朝を恐怖のどん底に落とし・・・大底をバカッと買う・・・・そして
ドル第一主義から地球帝国へと発展するんではないでしょうか。大底をつければ
BRICSを中心にバカスカ上げていく。

その王朝は「あっバカスカ」朝と呼ばれ・・・首都は「バカッと買いだ~ど」と呼ばれる
でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買い教徒の反乱軍はじっ~と時が来るのを待っているでしょう。そして始まる
旨いや朝の恐怖の崩壊・・・・

あっバカスカ朝が樹立されると・・・今度は安心して買えるのでは無いか?
その時に不詳ケタはすんなりと相場に乗れるように準備をしています。
ケタは「スンナリ派」なのです。しかし一部の投資家は相場に嫌気がさすでしょう。
そしてあっバカスカ朝時代が始まっても白けるでしょう、シラーっと。そう彼らは
「シラッー派」なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイトレで儲けるのは・・・毎日相場に張り付いて・・・しかも努力したからと言って
儲けるわけでは無い。一番良いのが前回の3年相場みたいに初期の上昇銘柄を
追っかけることですね。デイトレ=戦術、3年相場のイメージ=戦略と言えるかも
しれません。

不詳ケタは・・・目先の動きは別にどうでもいいや~と思っています。毎日相場と
睨めっこするわけにはいかないし。戦略が大事ですね。

その戦略としては、さっさと旨いや朝は崩壊しろ!そしてあっバカスカ朝よ来い!
ですね。アッバース朝は国際貿易で栄えました。やはり、あっバカスカ朝時代は
国際性のある銘柄が良いんでしょうかね?

「あの~ケタさん・・・仕事をしていますか?」

「あ~今日はホントに忙しかったな~忙しいほど・・・アホな事を考えますね。ぷっ」

|

« 2003年春 | トップページ | アッバース朝 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
ケタさん、お仕事忙しそうですね。
なんと、sentyanは、8月に就職して、9月に退職願を出して、10月に転職ですー。はやっ。

相場は、なんか元気ですね。
農民のsentyanには、相場に大嵐でも来ない限りあまり関係ないです。
あ、でも、双日にはつなぎ売りを入れてます。

投稿: sentyan | 2007年10月 6日 (土) 00時10分

毎回毎回、記事のユーモアのセンスが素晴らしいです^^。
「ウリシタン」と「買い教徒」ってネーミング最高!!!。

ちなみに私は「隠れ買い教徒のウリシタン」です。

投稿: ラージャ | 2007年10月 6日 (土) 00時46分

sentyanさん、こんばんわ。

なんか忙しそうですね。新しい職場はどうですか?

NYがドッカーンと行かないと安心して買えないですね。
早く来て欲しいもんです。

投稿: ケタ | 2007年10月 7日 (日) 00時39分

ラージャさん、こんばんわ。

昔みたいにわかりやすい相場が懐かしいですね。

まぁ来週が見所なんでしょうかね?

投稿: ケタ | 2007年10月 7日 (日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2003年春 | トップページ | アッバース朝 »