« 主治医バーナンキ | トップページ | 来週の作戦・・・ »

天国の門

富める人とラクダ

それからイエスは弟子たちに言われた、「よく聞きなさい。
富んでいる者が天国にはいるのは、むずかしいものである。
また、あなたがたに言うが、富んでいる者が神の国に
はいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。
弟子たちはこれを聞いて非常に驚いて言った、「では、
だれが救われることができるのだろう」
  (マタイ伝19章23~25節)

G7では「世界経済の減速懸念」が出されました。やはり妻と子供をぶちのめしに
来たようです。更に念を入れて火曜日には緑爺の講演ですから・・・まぁそうなるん
でしょうね?「きゃ~メリマン素敵~」の世界が来るか?

さて、20年前の87年にブラックマンデーがありました。多くの方が震え
おののきました。不詳ケタはちょうど社会人1年目で何が起きているのか
理解できませんでした。

しかし、それは天国の門だったのです。そこから日本のバブルはスタート
しました。そして89年年末・・・・日本経済は世界最強で未来はバラ色に見えました。
ところが今度は・・・地獄の門だったのです。以後我々は静かにそして加速度を
まして・・・2003年の日経平均7800円を迎えました。

メリマンの言うように・・・月末にかけて我々は天国の門をくぐることが出来れば
いいですね。それは一見、地獄の門かもしれません。しかし「約束の日」、
「約束の値段」を信じて買い向かう時なのかもしれません。もっともその後たぶん
戻り・・・再度下落で・・・逆三尊になる?

「ロダンの地獄の門」です。

0004syakaneihanzu

「これは羅生門」です。

0004syakaneihanzu_2

「これはバラモンさん達」です。

0004syakaneihanzu_3

「これはポケモンです(もういいちゅんじゃ)」

Ani_005

まぁいずれにしても来週「おげ~」と言う急落が来れば・・・それは「天国の門」に
なるんじゃないでしょうかね?

ボブ・ディランの歌です。knocking on heaven's door

http://www.youtube.com/watch?v=TSzhMwOk3vY&mode=related&search=

このビデオに出てくる方はいい顔してますね。眼が鋭い。そして多弁ではない。

日本の時代劇も・・・黒澤明の「七人の侍」あたりまでだったんでしょうね。その後は
「侍の顔」がいなくなったらしいです。まぁ戦争体験者までだったんでしょうね?
戦後・・・団塊世代以降は・・・顔がふやけているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年・・・地獄の門が開いたら・・・今のちゃらちゃらした生き方も終わりかも
しれないですね。文句を言っても・・・始まらない・・・その時は我々は黙り、耐える
のでしょうか?

相場で資産を積み上げても・・・徒労におわるかもしれない?そして無一文に
なっても「根性」でのし上がるかもしれない。住宅パパを生かすために、これから
マネー経済は無理に無理を重ねそうです。BRICSは眼もくらむ相場になり・・・
そして最後は・・・「やっぱりパパが死んじゃった!」と言う時が来るんでしょうか?

平常心で暮らして行くのが一番良いんでしょうね?将来の心配ばかりしても仕方が
無い。それに備える?庶民が何をできるんでしょうね?川の流れに流されるだけ
じゃないのかな?

今、世間は藤原信也が「平成幸福音頭」で描いたような「幸福教」に患わされて
いるのかも?ですね。そこに「マネー教」が入り込み洗脳されていく。

まぁ何とか食っていければ良いや~という考えも当然ありですね。同じ福岡県の
作家のリリー・フランキーさんの小説の一章。

「・・・・亡くなった私の母のように、どこからみても一片の曇りもないほどに農家の
女というあの美しさ。私はそういう女性が好きなのです。そういう女性を美しいと
感じる。見ているだけで涙が出そうになるほどくたびれた背中。屈折と自虐が
花を咲かせたような硬い笑顔。幸せを人の半分も味わったことのないような風情。
私はそんな魅力を持った女性と暮らしたい・・・」

我々はハードな時代を生きることになるかもですね。でも決して不幸では無いで
しょう。むしろ美しく生きる方も出てくるでしょう。メリマンの言う「最良にして最悪の
時代!」を迎えるんでしょうかね?その時代性を自覚していないことは「恥」だ
そうです。

そう思えば「たかが相場」ですし、しかしそれで何かチャンスを手に入れれば
「されど相場」なんでしょうかね。なんかワケワカメになりましたね。ぷっ。

|

« 主治医バーナンキ | トップページ | 来週の作戦・・・ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

自分は、当時フリターしてました。フリターと言う言葉もなく
派遣社員という言葉も出始めでしょうか。当時教師を目標にしていた人とケーブル会社のモニターでブラックマンデー見てました。当時は悲観的でしたから読みは完全にはずれた思い出があります。今でもわかるわけないと感じてます。
当時は急落型しか知らないんだよ。だらだら型の崩壊なんて知らないんですよ。学校で教えろよアホ教師ども今はネットあるから調べれるけど当時は無いんですよ、だから下のような情報知らないんですよ。
バフェトじいさんペトロ売却して現金大量にありそうですね
ちなみに私は、0です。あれだけ巨大だと方向転換も早めに
しないと無理でしょうから仕方ないですね。
自分は小額ですのでバブルの最後の上昇をつかむつもりです。
中国にGOです。やるしかないの気持ちです。
中国は1年後くらいで崩れるとまたバフェト神話ですね。
長々と愚だ愚だと、、、、おやすみなさい。

投稿: イカマイ | 2007年10月21日 (日) 00時56分

イカマイさん、こんばんわ。

時の経つのは早いですね。

バフェト爺さんは・・・長期投資家のはずなのに・・・
結構柔軟な爺さんかもしれないですね。

2010年以降は・・・売り専門になったりして、ぷっ。

投稿: ケタ | 2007年10月21日 (日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主治医バーナンキ | トップページ | 来週の作戦・・・ »