« サブプライムローンは・・・ | トップページ | 歴史の一こま »

時間と空間を超えた・・・

相場での戦い・・・・・

名和さんが意味深なことを書いてますね。HFあたりが新しい手法を日本市場で
やっているんでしょうかね?「時間と空間を越えた・・・・」

今年の相場で何度も味わった・・・CMEを使って相場を操るんでしょうね?
そして時々上海あたりの相場を使って操る・・・・

ふん、ふん、ふん・・・相場はますます難しくなっていく・・・と考える前に・・・
なんと情けない日本市場!よその市場をいつもビクビク気にしないといけない。

HIT株式教室さんも書いているけど・・・ファンダ重視で値動きに飲まれるな~
まぁその通りなんでしょうね。そう考えれば・・・ド素人を「日経先物ミニ」に誘導し、
毎日「相場中毒」に仕立てあげ・・・そしてテクニカルを信奉させ・・・個人のポジが
溜まったとこで・・・「うはははははは・・・馬鹿め・・・CMEで逆方向じゃ~」と
おじさん達は持て遊ぶんでしょうかね?FXでは最近盛大な「お祭り」がありましたね。

0004syakaneihanzu
(かつがれる・・・円売り衆)

先物のプロやセミプロ・・・解説やブログも山程あります・・・そういう方は場の雰囲気
を感じるのが「上手」と思うんですね。しかし夜のCMEを触られたら、もう手足も出な
いですね。CMEの雰囲気を不眠不休でつかむのか?

新興は相変わらず個人のデイや短期筋の「ふれあい広場」と化してますね。
新興だ~と言っている方も、じゃどの銘柄が夢があるのか?と具体的な銘柄を
上げるのが難しいですね。売上が100億→120億→100億では、お前な~
結局、投資事業の特別利益が入らないと・・・その程度か~と言う銘柄が多すぎ
ですね。

2
(次々と銘柄が現れて~)

3braigue0002
(そして去っていく~)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、私は・・・BRICS&資源銘柄を買って・・・後は知らんわ~作戦です。資産も
105%に回復したし・・・おっほっほっほっ・・・なのです。押し目が来たらまた買えば
良い?銘柄は・・・

双日
日本タングステン
三井鉱山

「あの~ケタさん、思いっきり貧乏人臭いポートなんですけど~」

「ああああ・・・どうしても王道銘柄の三菱商事、住友鉱山あたりが買えない!
だからいつも駄目なんだ~・・・・でももしかしたら意外高?業績も悪くなることは
無い?」

まぁしかし日本株のファンドマネージャーは大変ですね。合掌。相場の評論家は
はいて捨てるほどいるけど・・・彼らは「成績」と言う絶対的なものさしで評価される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本株が上がるには成熟国家にふさわしく「自社株買い!」が王道なんでしょうね。
日本企業もしれしれと進めているみたいです。中国株はその点いいですね。
国内の市場がドンドン拡大していくんでしょうね?環境汚染も格差もなんのその。

私は中国ビジネスと関わりだしたのは、六四事件の2年後です。中国人が一番
自信を失っていた時期です。トウ小平の「南方講話」で改革派が巻き返しを開始した
時期です。

六四事件のビデオです。

http://www.youtube.com/watch?v=gHusFlwVIjU

毛沢東→華国峰→トウ小平→江沢民・・・・・中国も激動の政治の時代を過ぎて
テクノラートによる経済の時代に入ったようです。南方講話以降の中国は凄まじく
アグレッシブでした。

「日本は凄い!阿信だ~」と良く聞きました。阿信?・・・NHKドラマの「おしん」の
ことでした。この中国の経済の流れは止まらないでしょうね?

ビデオの歌は「血染的風采」と言って、一種の愛国歌です。少し意訳すると・・・

もしも私が別れを告げ、二度と戻らないとしたら・・・
あなたは理解しわかってくれるだろうか?

もしも私が倒れ、二度と目を覚まさないとしたら・・・
私の変わらない期待・・・あなたにはまだ必要なのだろうか?

もしそうであっても、悲しまないでおくれ・・・
共和国の旗は、我らの流した血に染まっているようだ・・・

この流した血は・・・アヘン戦争以来、中華人民国共和国成立まで塗炭の苦しみを
嘗め尽くした中国国民の血を意味しています。しかし一番傷ついたのは・・中国人の
誇りでしょうか?

アヘン戦争以来の屈辱の歴史が生み出す「上海バブル」・・・なんかカーディナル
クライマックスに向け凄いドラマが見れそうな気もしますね。

中国・・・やってくれるか?と思ったら、人気blogランキングへ

|

« サブプライムローンは・・・ | トップページ | 歴史の一こま »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サブプライムローンは・・・ | トップページ | 歴史の一こま »