« どこまで耐えるか | トップページ | バンジージャンプ »

さて来週の予想は・・・・

今日のブログを真面目に読んではいけません。適当な記事です。ええ加減に
読んどいてください。

さて「買いだ信玄」は川中島を押さえたようです。いよいよ18300円を目指し
駿河の国に乱入します。

Photo_84_4

そして18300円以上は浜松城に立てこもる。売り川家康が待ち構えています。
本陣売り田信長は家康に無駄な戦いはせずに浜松城に立てこもるように言います。
そして信長軍3000を援軍として送ります。

歴史では、徳川家康は浜松城に立てこもりました。しかし武田信玄軍は浜松城を
無視してどんどん軍を進めます。「このままでは臆病者と思われて遠江の経営が
危ない!」と思った家康は、背後から信玄軍を襲うべく、浜松城を出て野戦を
仕掛けます。

しかし、信玄軍は絶妙の用兵、魚鱗の陣形で、鶴翼の陣形の家康・信長連合軍に
襲い掛かります。しかし合戦開始の時間が遅く、徳川家康を壊滅に追い込むことは
できませんでした。有名な「三方ヶ原の戦い」ですね。

その後数ヶ月信玄は三河に止まりますが、進軍はとまり、甲斐に帰途の途中に
病没します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9%E3%83%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この史実から類推すると・・・・だからなんで戦国時代の史実からなんだ?・・・
いいんです私の趣味ですから。ぷっ。

まず買いだ信玄軍は怒涛の勢いで18300円を目指すのではないでしょうか?
売り川家康軍は18300円を守るべく篭城作戦にでます。しかし信玄軍はどんどこ
進撃します。あわてた家康軍は拙速に売り攻撃をかけます。

買いだ信玄軍はそのタイミングで先物を中心とした「魚鱗の陣」で中央突破を
計ります。家康軍は「鶴翼の陣」で手広い銘柄に売りを仕掛けます。

「きゃ~新興軍が壊れた~」となるかもしれませんが、信玄軍の先物の踏み上げが
炸裂・・・強烈な踏み上げが起きるのではないでしょうか?売り川家康軍が大敗して
逃げまくりです。

しかし残念ながら合戦はあまりにも遅く始まりました。NYの日没が迫っています。
そして信玄軍の持病・・・利上げが発病します。そして7月~8月にかけて、
小さな戦いは起きますが、結局、20000円と言う上洛は果たせず、買いだ信玄軍は
以後精彩を欠くのかもしれません。2万円を達成するには・・・騎自動車軍団や
甲斐の金堀り衆だけでは駄目なのです。やはりハイテクの鉄砲隊の活躍が必要
なのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり2万円を達成するのはこの方でしょう。売り田信長・・・改め買い田信長と
なるでしょう。信長は異教であるバテレンの布教を許し、地球儀を即座に理解した
と言われています。既得層である座の商人は信長の商業政策・・・「楽市楽座」に
強く反対しました。しかし楽市楽座がどんどん栄えると新興商人を中心として
熱狂的に信長の楽市楽座を支持するようになります。

さてこの史実から類推すると・・・・市場はグローバル経済の中の日本市場と強く
意識されるようになり、そして今はまだ静かにしてますがバテレンの布教する
M&A教が浸透しはじめるでしょう。

そして人の移動を促進させ、商業を重視した信長の領国には異能の人材が流入
してきます。歌舞伎の発祥とされる出雲の阿国もその一人です。市場も異能の
テクノロジー銘柄がボチボチと人気を得て・・・そして爆発的に支持される時代が
来るのではないでしょうか?

う~ん、なんていい加減な記事なんだ~ということですね。ぷっ。

|

« どこまで耐えるか | トップページ | バンジージャンプ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこまで耐えるか | トップページ | バンジージャンプ »