« 上海バブル | トップページ | 個人も2極化か? »

もて遊ばれる相場

NYも上海も凄いな~金がうなってますね。

さて、武者の言う地球帝国、さらに高橋さんの言うドルバブルが作る世界の株高・・・
この世界観に立つと面白いことに気がつきます。それは米国の金利についてです。

ドルが垂れ流しになっている以上・・・経済はインフレ基調です。しかし中国のチープ
レイバー&国内の賃金抑圧がこのインフレを抑えます。それでも輸入大国の米国は
やっぱりインフレ基調?

するとFRBは金利は下げられません。しかし中国・中東の諸国は稼いだ巨額のドル
を運用するため再度NYに還流します。米国債等々ですね。すると米国の長期金利は
なかなか上がりません。

この世界では短期金利と長期金利のフラット化が・・・経済好調&資金還流順調の
サインです。FRBが金利下げる時は逆に経済がかなり悪化のサインが出ている時
でしょう。すると米国へ向かっていた資金は引き上げられるでしょう。そうなると
長期金利は上昇するはずです。

短期金利引き下げ&長期金利引き上げ・・・・これが最悪のサインです。よって
FRBが金利を引き下げない限り安心。むしろ住宅ローン金利には良いことなのかも
しれません。銀行は長短金利がフラット化するので儲けずらいですね。

そしておかしな話ですが、巨額な貿易赤字はドル経済圏を拡大すると言うことで
意味があり、巨額な財政赤字は還流するドルの受け皿となる米国債券を増やす
ことで、これもまた意味があります。垂れ流すドルのためには米国は今後も
巨額の貿易赤字と財政赤字を維持しなければならない?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてここで高橋さんの文言を少し書いてみましょう。「FRBの仕事は、ドルは野放図に
垂れ流している訳でなく、ちゃんと管理しているとのイメージを定着することだ。紙幣
にはインチキ的要素があるとの本質的議論に発展させないように、「貿易赤字は
減った」「ドルは高すぎる」「インフレ傾向になった」などと金融に関する話題を広げて
焦点をボケさせる。そしてその間にせっせとドルを垂れ流し続けるのが仕事のようだ」

「現在のバブル相場の質が変わったとの認識が必要になる。80年代は日銀が
垂れ流す日本のお金だけだった。しかし今や世界のお金が世界中を駆け巡る
時代になり・・・・中略・・・神の手など信じられるはずもなく「人間の強欲な手」が
目に浮かぶ・・・・」

「経済・金融情勢や企業業績は、株価を上下動させる道具としかみていない・・・」

「汗水垂らして働きビジネスで儲けた国々の金融市場に、オイル暴騰に発する
資金を使って数々の金融投機を利用し博打的に儲けた巨額の余剰資金が入れば
・・・・物価の安い国になす術はないだろう。そういう市場は巨額の資金に面白い
ようにもて遊ばれ、お金ほしさに投機にのめり込む国民を増やす・・・・
もちろん、途中まで儲けさせる仕組みを維持してくれるが、喜ばせてから悲嘆に
導くのが彼らの常套手段だ・・・」

う~ん、いつか中国もこうなるんだろうな~日本も80年代後半に先物できて2度
ほど数ヶ月単位の調整があったのかな?
まぁ日本の新興市場もこういう事だったんでしょうね。

大した理屈はいらないのかも知れないですね。2005年に新興株に理屈をつけ、
今年は中国株に理屈をつける・・・本質は国際資本が欲望むき出しでもて遊んで
いるだけかもしれないですね。適当にやりましょう。中国も何度も調整を入れて
数年後には目もくらむ大バブルになるのかな?世界中も大バブル・・・カーディナル
クライマックスでしょうね?なんせドル紙幣はたまる一方・・・地球帝国で活躍
できる企業なら、高齢化社会日本も関係ないでしょう?たぶん!

この世界観が正しいのかどうかはわかりません。でもなんとなくそうなのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高橋さんの相場感は「巨額のマネーがもて遊ぶ相場」ですね。複雑怪奇に上昇
していく・・・なんせマネーは腐る程あまっています。FRBが垂れ流すもんですから、
他の諸国も頑張って垂れ流さないといけません。でないと一方的自国通貨高になり
輸出力が落ちてしまいます。

そして高橋さんの銘柄は大企業です。大型株ですね。武者さんは小型でもオンリー
ワン企業まで有望と見てましたが・・・

新興は玉石混合?石が沈んで玉も値ごろ感がでるまではどうなんでしょうね?
2002年は新興は怪しいのでプレミアムどころかディスカウントの世界でした。
最近の決算見てると、とてもプレミアムはつけれない・・・そういう銘柄が多いですね。

これからの相場・・・日経平均ですが、脅すときは上げるとき、仮需が積み上がって
美味しい話がでたら・・・崩す時・・・そしてまた上げていく。この繰り返しになるの
かな?と思った方がいいのかもしれませんね。
トヨタやアドバンテストや銀行・・・年金売りだったんでしょうかね?名和さんが
書いてます。

昔あったドラマの「積み木くずし」・・・みたいなもんですかね~

「なんでGSお父さんの気持ちがわかってくれないんだ~昔は良い子の個人投資家
だったのに・・・・こんなにグレてしまって・・・・」

「馬鹿言ってんじゃねえぞ~お前が勝手に積み上げて、きゃ~と仮需を崩して
喜んでいるからだろうが~」

5169axvc9yl

こういう世界・・・・もしかしてクズの世界なのかもしれないですね。適当にやるのが
一番ですね。一生懸命やっても、適当にやっても結果は変わらなかったりして?
仮需が増えたらちょっと真剣。ひょっとしてETFを暴落時に買う、
上がって仮需が積みあがったら売る・・・これが一番簡単でいいかも?

|

« 上海バブル | トップページ | 個人も2極化か? »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海バブル | トップページ | 個人も2極化か? »