« 半導体・液晶の世界 | トップページ | 中国 »

世界経済相場

今回の3年相場はやはり11月からスタートしているみたいですね。ただし三角合併に
からんで先物売り・現物買いを仕掛けられたので相場は混乱したみたいですね。

前回の相場のテーマは「日本復活」だったと思います。銀行・リート・新興株が主役
でした。しかし今回のテーマは「勃興する世界経済」がテーマでしょう。だからその
恩恵をフルに受ける日本製造業が活躍してます。鉄やインフラ系が上昇しました。
ようやく5月からはハイテク+自動車が上昇するんではないでしょうか?

51acc70rxbl_2

ドイツ証券の武者の最新版を読んでみました。「へぇ~武者もなかなかサムライ
だな~」と思いました。今の世界経済の好況は従来の経済学では説明がつか
ないようです。だから自身も2003年は弱気であった・・・・と正直に認めています。

2000年のITバブル崩壊・・・米国はまさにリセッション入り目前だったらしいですね。
9.11事件・その後の戦争・・・財政赤字であふれるドル。それが幸運にも中国・
インドの安価な労働力と出会い、企業業績の急回復を先進国企業にもたらしたと
分析してますね。神の導いた世界経済帝国が出来上がったと・・・・

知識はネットを叩けばすぐに出てきます。知ってる知らないは大した問題じゃない。
しかしこの武者みたいにわからないことを素直に認め、なんで?なんで?と
アプローチしていく姿勢・・・・良いですね、良いですね。武者を見直しました。

そしてこの世界帝国では中心はやはり欧米・日本です。中国・インドは辺境に位置
付けられています。チープレイバーギフト・・・安価な労働力による製品を輸入する
ことによって先進国の企業も個人も利益を出すことができる。

そしてこの世界帝国はITバブル崩壊後のドル垂れ流しを日本が一手に引き受ける
ことによって成立したらしいですね。他のアジア諸国は最初は「はぁ?」でしたが、
結局日本の後を追うしかなかった。この経済の常識破りな日米のムチャクチャな
行動が神の導きによって世界帝国を成立させた・・・と。ガンマンとサムライは
ムチャクチャなんですね。そして現在は中国がこの世界帝国のエンジンであり、
火薬庫らしいです。人民元の大幅な切り上げとドル暴落・・・これが起きる時まで
らしいですね。数年後は10年後か・・・わからないと言ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

武者の分析によると世界帝国の中で住み分けができつつあるそうですね。

米国・・・・金融・メディア・ソフト・軍事
日本・・・・高技術集約産業・R&D型
韓国・台湾・・・・資本集約型産業(ある程度出来上がった技術ですね)
中国・インド・・・労働集約型産業

そして日本はやはり神の国でしょう?日本のムチャクチャなドル買いが世界経済の
勃興を生み、そして製造業が一斉に立ち上がってきた。幸い日本ほどすべての
高度な技術を持つ製造業を有している国は無いそうです。他国がいまさら追いつけ
ない。値引き合戦の製品は海外で生産し、高付加価値の製品だけ日本で作る。
そしてチープレイバーの存在は企業に小額の投資で多くのリターンを生む。企業は
資金余剰セクターに変身したらしいですね。これが今後の大規模な自社株買や増配
になっていくんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、相場の方は私は連休明けから強気です。だって潮目が変わったんだも~ん。
狙いは世界で通用する製造業及びその一家ですね。過去の主役に過剰期待は・・・
どうなんでしょうね?去年もBRICS相場だ~と言いながらふらふらしてましたけど、
今度で腹くくりましたね。

お勧めは、アドバンテストとデンソーですね。両社とも自社株買を発表してます。
簡単ですね。株主総会までにどんどん買っていく、総会で株主に、ほら頑張って
るんですよ。おっーほほほほほほほほ・・・・がみえみえですね。

この2社を柱に将来が楽しみなワコムなんぞを仕入れていくのが良いのかな?
六本木ヒルズの香りよりも上海・ボンベイ・ドバイの香りかもしれませんね。日本は。
楽天は外資の駒として使われている気がしますね。かつてのLDみたいに。
金融・メディア・ソフト・・・・これは米国様には逆らえないですね。だから昔から私は
ACCESSは買えないんだよな~と思ってます。製造業があれば良いのかな?

総会までですね。強気なのは。メリマンの言うターニングポイント6月13日~25日。
20%の急落。そして危険な7月22日。NYもどうなんでしょうね?なんか延期に
なる気もしてますけど。

そしてもう一つの勘。日銀とGSお父様の怪しい関係です。昔から持ちつ持たれつ。
「今度、参院選なんだよね~」「わかってるさ、福井!俺に任せておけ。19000円
超えくらいで良いか?」

大平洋金属なんかのチャートを眺めていると・・・やっぱり日経平均・先物・オプション
の世界はもういらね~と思えてきます。こんなもんに振り回されたくないわ~
前回の相場では、GSお父様ご提供のメガバンク相場で日本復活を実感できました。
今回もGSお父様+ドイツ様ご提供の「世界に冠たる日本の技術相場」を実感でき
るかな~ところで野村・・・・何をやっているんだろう?投信の売り子だけじゃ
情け無いぞ・・・社長は島耕作か?

まずはNY安・・・それをはね返して太陽線で終わる日本株を見たいですね。
ライジングサンですね。

Mamoru

|

« 半導体・液晶の世界 | トップページ | 中国 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半導体・液晶の世界 | トップページ | 中国 »