« 今日は観戦日です | トップページ | メリマンの黙示録 »

毎日暗い記事を書いてると

このブログも人気なくなっちゃうな~

でも書きます。毎回、毎回、多くの個人投資家が弱気相場でいなくなります。
その前の強気相場でいくら儲けていようと「あっ」という間になくなります。

弱気相場はド素人は遠慮すべきと思ってます。もちろん弱気相場でも上がる株は
一杯あります。しかしそれがどれなのか良くわからない。証券自己のおじさん達の
おもちゃにされます。最近のIPO銘柄でも「へぇ~凄い」と思って、あなたが買うと
ストップ安なんぞなったりします。デイトレさん達以外は参加しずらいですね。

全体が底打って参加するのが一番良いですね。変なとこで買っても強気相場は
助かってしまいます。あの個人投資家の希望の星「エスさん」も最初は800万円
からスタートして100万円に溶かしています。今は8億円ですか、凄い~
相場が悪いときにはバタバタしても結局は減っていく。エスさんはメガバンク相場に
乗って資産を拡大したんですよね。その後は新興株相場。最大の関門の2004年
5月の急落の前には全部売り切ったんですね。

今はエスさんは余裕ですが、貧乏人には長期投資はきついですよ~
あせると買い時にみえる「みずほ」や「アセット」やら「楽天」に信用買したりします。
5年チャートで見ると買い時なのかどうか?信用は大体5ヶ月目に殺されますから、
3月にドカーンと入っているので8月くらいが最安値と言うのもうなずけますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年の4月くらいに連休後は恐ろしいから、連休後は休んだら・・・とヤフー掲示板に
投稿したことがあります・・・・・みんなからボロクソ・・・・・あれから投稿嫌い。
しかも結構紳士的な方からもボロクソ・・・・

株高=善、アホルダーとして応援=善・・・みんな誰かに洗脳されています。
洗脳した方は自分は見えないように貸し株でちゃんとヘッジしているでしょう。

だったら親切に言えよな~「弱気相場の時はド素人はどうすればいいか?」を。

そしてプロの方は・・「う~ん、弱気相場の時はこういう株が狙い目だな~」と親切に
教えてくれます・・・「いらねぇよ、そんな中身の良くわからんマニアックな株は、
証券自己のおじさんなんぞ信用できるか~」

一番良いのは休むことだと思うんですけどね。それではプロの方は寂しいん
でしょうね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁそうは言っても暇なので先物ミニで遊び始めました。先物は値動きに
敏感になるすぎます。オプションは時間減価が厳しい、保険ですからね。

先物ミニは1枚建てると300円逆方向に走っても▲3万円です。おっほっほっ・・・・
どうかしたんかそれが・・個別の信用買の方がはるかに怖いぞ・・・の世界ですね。

先物はド素人には難しいと言われていた理由は・・・単にレバの問題です。
ETFなら勝てても、先物は負ける。レバの大きさによるタイミングの難しさですね。

ミニなら方向感重視で勝負できますね。一日PC眺めなくても良いし・・・
損切りはしていきますが、まぁ無茶苦茶ラフな設定ですね。だってミニだも~ん。
まぁとりあえず8月~9月まではミニで勝負ですね。

PS:そういえば昔お世話になったスプレーさんなんかは、買い時、売り時は
      はっきり言っていましたね。高い時期は絶対買ってはいけない!と。

      あと個人投資家出身なんですが、この出島昇さんなんかも2月の下落を
      言ってたみたいですね。会員では無いのでその時はわかりませんが。
      結構参考になること書いていると思いますので載せときます。

      http://www.zubakabu80.com/pdf/tanki_yosoku.pdf

|

« 今日は観戦日です | トップページ | メリマンの黙示録 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

閑散としてますが、ずっと応援ロムっております。

けたさんが戻ってきたときは、ホッとしましたよ。

ぞの時まで、のんびりいきましょ~~!!

投稿: ひ~ころ | 2007年4月12日 (木) 20時05分

毎日あきることなく、こちらのぞいてます^^。
だって、ケタさんの記事、おもしろいんだもん♪
↑こずえ風

私も高い時は買わない、エエモン安いの好きですもん。

無理のない程度に、更新お願いします。

投稿: ももこ | 2007年4月12日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は観戦日です | トップページ | メリマンの黙示録 »