« ランキングへ登録しました | トップページ | 9.11以降の世界 »

脱・メイド株ェ

う~ん、本当にあるんだ冥土カフェ・・・・・

Access_1

まぁどうでもいいけど、しかし投資の世界でメイド株ェは困りますね。
投資の時代だ~と煽られて、一生懸命に頑張って・・・・ご奉仕をしてしまう。

「なんだ、これは・・・・」

52339

「若い方に学べ・・・おじさんも真似をしてみよう・・・・・」

Moblog_91961_3

(しかし、この方は・・・誰なんだろう?実践家です。見上げたものです)

ちょっとショックな記事05年・・・空前の株式ブームで個人の信用買が6兆円弱
に達した年ですね。

株売却益の半分、1%の富裕層

に集中 05年申告分

2007年03月08日06時08分 asahi com

 05年に個人が株式売却などで稼いだ所得として確定申告した約2兆
6000億円の約半分を、申告人数で1%未満の高額所得者(総所得2億
円超)が占めていたことが、国税庁の統計でわかった。総所得100億円超
の7人では、売却益が計2000億円にのぼった。政府は上場株式の売却益
に課する税率の半減措置を1年延長する方針だが、減税の恩恵が少数の
富裕層に集中する実態が裏付けられた。

 国税庁がまとめた05年分申告所得税の実態調査によると、株式や一部の
投資信託などの譲渡所得(雑所得など含む)を申告した人は31万4163人で、
合計額は2兆6518億円。このうち48%の1兆2728億円が、総所得2億円超の
2133人(申告人数の0.7%)のものだった。

 総所得が100億円を超えた7人はほぼ全額が株式などの譲渡所得で、1人
当たり平均約286億円の売却益が出た計算だ。一方、総所得200万円以下で
株式などの譲渡所得があった約3万2000人の平均売却益は、約80万円だった。

 上場株式売却益に対する税率は本来20%だが、03年から10%に軽減する
優遇税率が導入された。07年末までの時限措置だったが、政府・与党は株式
相場への配慮から1年延長方針を決定。今国会で関係法案が審議され、6日に
衆議院で可決された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ早い話、空前の株式ブームの個人の買いは、一部の新興オーナーや怪しい
匿名投資組合等々の連中に渡ったという事なんでしょうかね?三木谷君はいくら
売却したんだ?オーナーが持株売る会社はロクな会社じゃないですね。増資等で
持分が減るのが自然です。

「メイド株ェはもうやめだ。女王様を目指しましょう!」

Present1b

(おっほほほほほほほほ・・・・庶民は株の塩漬けが好きなのね・・・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事をしている方は口座を2つに分けると言いと思うんですけどね。
私も分けてます。

メイン口座・・・金額・秘密・現在イーアクセスが20%、現金80%くらい。
                   アホルダー口座。
短期口座・・・・317万円・現金100%・後は売り場探しかな~ノルマあと13万円。

売りが出来る方は別ですけど、仕事があって、ザラ場があまり見れない個人
投資家はどうしても「買い」主体になりますね。それは別に悪くないと思います。
大儲けして資産を築いた個人投資家の多くがじっくりホールドタイプだと思います。
後は銘柄とタイミングの勝負ですね。日本株は通常大回り3年、小回り3ヶ月です。

そして株式投資をやっていると「買ったら負けだ!」と言う局面が必ず出てきます。
そしてその局面は結構長~い。2003年に銀行株買いて~と正月に思って、
やっと買えたのは5月になってからでした。それまではダヴィンチだけ・・・・・

NYも東京も、アリキックじゃなくて、グリーンスパーンキックが効いてますんで、
今は戻りを試しているだけでしょう。また15日になんか喋るそうですね。
ブッシュが8日~14日まで中南米訪問中らしいので、この15日は注目されて
いるらしいですね。なんかイベントドリブンばっかり気にするようになりました。WW
「イベントだよ全員集合・ザ・ドリブターズ」の世界ですね。なんか疲れるな~

ババンババンバン♪あ~売り売り♪ババンババンバンあ~買い買い♪

メリマンの予想を元に作成した日経予想図ですが、これからが正念場ですね。

Photo_85

短期で遊ぶのなら別ですが。NYに信用リスクの問題が発生しているので、
脳天気に上値を更新していく状況では無いでしょうね?日本の銀行が冴えない
のも世界の影響を受けているのかもしれないですね。

http://tanakanews.com/070306economy.htm

この田中さんの記事は納得できますね。米国の消費力が減少しても、世界の
消費力が上昇すれば米国の多国籍企業の業績はなんとかなるかもしれない。
そしてドル安になれば多国籍企業はドルベースでは業績は結構良いかもしれ
ないですね。しかし今は危険な状況ですね。

たとえ4月上旬まで上げても、3月以降はオイルマネーの買いは期待できません。
目先の上昇なんぞ無視して、私はNYも東京も調整を待ちます。上げれば上げる程、
その後の調整は危険なものになるでしょう?米国政府が一番良く理解しているん
じゃないかな?暴落の後は、ITバブル崩壊後のようにバーナンキの利下げ連続技
が見れるかな?買わないと決めたら買わないことですね。12月、1月に買えな
かったのに、この局面で買いたくなる・・・・・相場は面白いですね。

怪しい掲示板もお願いします~

ポチッとお願いします

人気blogランキングへ

|

« ランキングへ登録しました | トップページ | 9.11以降の世界 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランキングへ登録しました | トップページ | 9.11以降の世界 »