« メリマンの描く原油 | トップページ | 次のメリマンの変化日は »

メリマンの株式セクター

う~ん、少し書いておきましょう。メリマンの有望な株式セクターです。
NYダウのとこに書いています。

「木星は2007年12月8日まで射手座に滞在する。これは次のセクターの好調を
  あらわす。旅行関連、航空会社、輸出入ビジネス、出版業、スポーツ、宗教、
  教育、学校関係」

今年は日本株に私は強気です。のんびりと業績好調で割安な銘柄をホールド
しておけば良いかな?と思ってます。華麗な短期トレードは難しいですね。
大口さんにすぐに騙される。

今後も日銀の利上げ、北朝鮮、中東紛争、NYの下げがあろうとも、日本株は
春までには強いと思ってます。なぜなら「団塊世代の退職金」を嵌めこむ必要
があるからです。そう考えると、上記の銘柄は「団塊世代がリタイアし、飛行機
に乗って旅行に行き、本を読み、スポーツで汗を流し、健康を祈って宗教に
お参りに行き、再度カルチャースクールで勉強を始め、ボランティアで何かを
教える・・・・」そういう風景が想像できます。(なんか安直だな~)

輸出入ビジネスと言えば商社ですが、これはまた別次元の話でしょう。資源では
エタノールも伊藤忠、三井物産はブラジルで、丸紅はタイで生産プロジェクト
に動いています。M&Aも商社はかなりの力を発揮するんじゃないでしょうか?

出版会社とスポーツ会社を調べてみました。

      売上の伸び   営業利益の伸び ROE M&A比率  特定株 外人株
       07年 08年 07年 08年

幻冬舎    13%   9%  11%   5%    14%    52%     60%    15%
角川HD    3%   0%  28%  ▲2%    5.6%     86%          48%    16%
ミズノ            2%       3%    11%        3%           6%        93%           43%       15%
アシックス     11%      3%     19%       2%          15%       118%          37%        34%

こうして見ると幻冬舎の割安度が光ります。通信と放送の融合というテーマが
日テレとドコモの間で出てきているので、ついでに出版系にもとなるかもしれま
せんね?コンテンツ産業ですから固定資産が軽い分、割安に評価されます。
業績の安定感をどう見るかなんでしょうね。スポーツはダイワ精工も該当します。
ROEでは断然ダイワ精工です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマンは今後数年間は株価は上昇すると言ってます。NYも2007年前半に調整
したら2008年には史上最高値を達成すると言ってます。失われた10年を経験した
日本株が上がらないはずがないです。団塊世代の退職により企業は人件費縮小
により業績は更に向上するんではないでしょうか?数年は銘柄さえ間違えなければ
のんびり投資でいいんじゃないでしょうか?

そして次のように言ってます。「過度の幸福と成功の後に、経済的かつ社会的な
崩壊が続く。しかし、この期間は極めて創意に満ちた時期であり、機敏な人に
とっては成長するチャンスがないわけではない」

私は五木寛之が宗教を語るのを「なんか軽いんだよな~」と思ってます。昔、
インテリが社会主義を語ったのと同じような感じですね。社会主義国の現実は
どうであったか?ネットの時代はマスコミや評論家がどんどん力を失ってます。
実践の時代でしょう?私の祖母は今年93歳で亡くなりました。正直言って、
介護疲れしてた母のためには「あ~やっと往生してくれたか~」でした。
生活の中で黙っていわゆる仏教で言うところの修行をしている庶民は多いん     
じゃないでしょうか?
評論家の高尚なお話を聞いてもね~実践家のお話を聞きたいですね。

評論家が若い連中のデイトレをマネーゲームと上から批判するのも好きじゃ
ないです。「いいじゃない。必死に人生を切り開こうとしているんだから」と思います。
失敗してもやり直せばいいだけです。下手は失敗するだけです。私は・・・下手だな。
機敏な人にはなれそうもないので、安心できる銘柄の押し目買いですね。

メリマンは我々は最良の時代と最悪の時代に生きていると言ってます。人間の
活動や思想に革命的が始まっている時代らしいです。ある方には大混乱をもたらし、
ある方には素晴らしいチャンスの時代らしいです。

怪しい思想や宗教には気をつけたほうが良いかもしれないですね。
例えば・・・メリマン教とか・・・ぷっぷっ。

|

« メリマンの描く原油 | トップページ | 次のメリマンの変化日は »

コメント

ケタさん、あけましておめでとうございます。
今年もケタさんの日記楽しみにしてます。
今年はみな強気のようですね。
今年こそはメリマン先生の実力を如何なく発揮して頂きたいものです。
アメリカのメリマン教の方々は殉教してしまったんでしょうか?

あと怪しい思想といえば、2012年に地球の大きな変化がおきると言っている集団がいます。
終末論みたいなものですが、マヤ暦の予言と一致してると主張しているみたいです。
科学的根拠がなく、むちゃくちゃ怪しいですが、おもしろいです。
参考までにどうぞ~。
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k7/170704.htm

投稿: そだい | 2007年1月 8日 (月) 23時47分

そだいさん、あけおめです。

アメリカのメリマン教徒は天国に
召されたそうです。

フォトンベルトの本は読みました。
マヤ暦のことも書いていました。
怪しすぎて良いですね。

最近真面目すぎるのでまた怪しい記事を
書いていきましょうかね。ぷっぷっ。

投稿: ケタ | 2007年1月 9日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリマンの描く原油 | トップページ | 次のメリマンの変化日は »