« さらば昭和 | トップページ | 中間選挙 »

新興の投げが来た?

日経平均も下げてますが、新興株も下げてます。USENやドリテクやミクシィが
大幅に下げてます。

新興に入っていたタチの悪い資金が逃げ出しているみたいですね。今年は
あのタワー投資顧問なんかはボロ負けして、新興で仕手本尊みたいなトレードを
やっていると聞いてました。悪材料が出た銘柄を買い上げて、売り方を踏む動き
ですね。その他のHFなんかも無理上げしようとしたけど、個人がついて来ないので
もう止めたのでしょう?

短期の方は別ですが、こういう時は「何がなんでも買わない。買うなら打診買い
程度」が正解だと思います。HFの利食いが終わる11月。裁定買残の決着を
つけなければいけない12月のSQ。せめて第3週まで様子見ですね。まぁ年内は
ボチボチと構えていればいいんじゃないでしょうか?

日経でもあれほど強かった不動産株が崩れてきました。日銀は都内の不動産が
ミニバブルにならないように監視を強めているそうです。地銀のリート資産にも
調査が入っているそうです。リート系は次の3年相場では駄目でしょう。仕入れが
上昇し、販売の競合は厳しくなる。リート系は投資銀行化に成功するとこしか
株価は大きく上昇はしないと思ってます。そしてそれができるかどうかは経営者の
政治力です。乱立したリース業界からオリックスが勝ち残った軌跡を辿るんでは
ないでしょうか?次の3年相場のイメージを年内にしっかり作る必要がありますね。
それでパフォーマンスは大きく変わってくると思います。未来があるのか?
既に過去の遺物になっていくのか?の見極めが大事ですね。そしてそれは正解
なんぞありません。後でわかるだけの話です。成長が鈍化し、一旦吹き上げた
銘柄に過大な期待は禁物です。上昇相場では中小型の成長株が一番美味しい
です。その銘柄選択は蛮勇が一番大事なのかもしれません。
「こんな銘柄・・・・本当に来るのかな????」かもしれません。

たぶん、あなたも私も次の3年相場をどう戦えばいいのか頭では理解していると
思います。後半に吹き上げてくる成長株をコツコツ仕込む。NTT等のM&A株、
商社、資源、建設等の内需、これら大型株がまず先に動くでしょうから、信用で
追いかける場面がどこかで来る。それを待つ。その信用も損切りできない方は
駄目です。負けず嫌いは損切りしません。・・・・なぜ?それは多分本当の勝負を
これまで一度もした事が無いからです。

「あなたはこれまでオリンピックで金メダルやノーベル賞獲得や甲子園優勝を
狙って真剣な勝負をしたことがありません!」

「ケタさんはあるの?」

「全くありません(きっぱり!)だから買わなくていいところを買ったり、損切りしな
  きゃいけないところをズルズルホールドします。ここが勝負だ~というとこで
  ビビリます・・・・・しくしく」

まぁどちらにしても11月~12月でしっかり調整してくれれば、来年から始まる次の
3年相場の準備ですね。現物は何を買うか?信用で美味しいのは3~4週間
くらいですね。ドカーと上げて後はズルズルですから、去年の鉄がそうですね。
そして各セクター毎に順番に上げていく。そんな感じでしょう?たぶん。
ズルズル期間に信用は儲けそうで儲かりません。(きっぱり!だって下手だも~ん)
しかし一方で機関の買いが入り、コンスタントに上げてくる銘柄もある。去年の
商社がそうでしたね。

メリマンの言うように「10月~12月の2番底。安値があれば買うべし、その後大幅な
反騰となり、1~2年で新世紀の最高値をつける」相場になると良いですね。
すると年内はどう攻めるか、あれこれ考えるとても楽しい時間になります。

|

« さらば昭和 | トップページ | 中間選挙 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらば昭和 | トップページ | 中間選挙 »