« NY次第ですね | トップページ | 今日は米国雇用統計です »

猿でも儲かる相場とは

文字通りド素人が儲かる相場です。2003年5月~2004年4月、2005年8月~
2006年1月がそうでした。みなさんも経験しましたよね。

相場で一番パフォーマンスが良いのは誰か?それはごく一部の個人投資家
です。一番悪いのも個人投資家です。大半の個人投資家は儲ける時は儲かる。
損する時もドカンと損をします。結局次の相場の開始時には資産が減ってたり
します。自分が猿だとわきまえていないからです。では猿でいけないのか?
いいえ、猿でいいんです。私の反省点は前回の相場で猿になりきれなかった
点です。お上品にやり過ぎました。しかし暴落は逃げているので、う~ん、
ピテカントロプスぐらいだったんでしょうね?

信用買は危険と言われてます。短期トレードはゼロサムゲームだから勝てない
と言われてます。「やかましい!じゃ零細投資家はどうすればいいんだ~」
でいいと思います。上昇相場は外資やファンドがあなたの信用買を買ってくれ
ます。プラスサムゲームです。しかし下落相場や持合相場はプロに騙されます。
マイナスサムゲームです。

2003年、2005年もそうですが、メガを信用で追いかける。鉄を信用で追いかける。
そして現物で新興を買う。こういう方がカリスマ投資家になりました。同じことを
すればいいだけです。但し現物で買うのはメリマンによると資源株になるでしょう?
信用で追っかける銘柄もその時々でしょうね。

前回の3年サイクルは大きな上昇が2回ありました。そしてその後の急落。
そこさえ防げばいいんじゃないでしょうか?そして選挙前3週間の法則ですね。

今回は新興への信仰を捨てた方が良いと思います。前回の3年サイクルで
ピークを出し、長期信奉者が上値で待ち構えている新興はたぶんぱっとしない
でしょう。同様SBもやめたほうがいいと思います。竹中が去って、SBへの風
あたりはきついです。財務の弱さがどう出るか心配です。買うなら2009年でしょう。
ちょっと何かが違ってきたか~と言う気がします。
好きな会社の株を買うと言うのは趣味です。趣味かビジネスか割り切りだと
思います。

メリマンと元外交官原田さんの相場感に基づいてグランドデザインを書くと。

この秋のしっかりした調整が必要です。日銀はマネーサプライを絞っているし、
政府は緊縮財政を決定しました。たぶん間違いなく深い調整が始まるでしょう。
個人消費も弱いです。

ここでは資源株を買います。年末年初の中東での紛争による資源の高騰です。
しかし地政学リスクによる高騰などたかがしれてます。資源株は現物で一回目の
上昇相場終了までホールドする株です。

ハイテク・自動車は駄目です。米国が来年前半まで悪いと駄目です。中国も米国
が弱い間は駄目でしょう。

来年早々には米国より内需拡大の要請が来ると思います。政府はどこかの時点
で臨時予算を計上するでしょう。総選挙があるので早い時期に決定するはずです。
するとなんか動き出した建設株が急上昇するかもしれません。日銀もマネー
サプライを増大させるはずです。いつものことです。M&A株も動きだすでしょう。
3月~4月が最も楽しい時期かもしれません。そしてHFの利食いをこなして
総選挙3週間前までは楽しい相場でしょう。しかし選挙後は資源株以外は
手放す必要があるかもしれません。秋は増税で揉めているでしょう。

そして秋以降になると米国経済の回復が見えてくれば、輸出企業が活気づく
でしょう。米国向け輸出が増える中国等の新興国家群も活気づくでしょう。
新興国家群が活気づけば、いよいよ需給逼迫による資源バブルスタートかも
しれません。資源バブルになればコスト転嫁力の弱い企業はもう伸びないでしょう。
資源株独走状態になるかもしれません。そして資源バブルはメリマンによると
突然崩壊します。そのタイミングでは全部売却して逃げ切りです。

私は2008年前半くらいに日経平均は今世紀の高値をつける可能性があると
思います。メリマン読むとそう思います。2008年以降は国債償還が重くなって
きます。そして資源バブル崩壊後に長い調整を得て、2回目のもしかしてハイテク
バブルのようなものが来れば、それが最後のバブルになるのではないででしょうか?
それは限定された銘柄だけの上昇になる可能性が大です。
そして2010年は米国と中国のバブルが一番凄いと思います。
そしてドッカーン。まぁそのあたりはメリマンのフォーキャストシリーズを読めばヒント
が出ているでしょう。しかし2007年~2008年はきっと凄いですよ。ムヒヒヒ。

100万円くらいの元手があれば、2010年には1億円くらいにはなっているでしょう。

「ケタさん、本当?」

「いや、3千万円くらいにしときましょうか」

要するに今の相場は外資が操る急騰急落相場です。それにあわせて急騰する
間だけお猿さんとして参加すればいいんじゃないでしょうか?そして2010年に
最後にプットを仕込んで、相場とおさらばです。難しい相場で、プロが難しい
ですね~などとほざいている相場に参加する必要は無いですね。自分で真剣に
資産作りを考えるべきです。本当に最後の相場だったら・・後悔したくないですね。

では最後にお猿さんの歌です。

買い、買い♪買い、買い♪お猿さんだよ~

買い、買い♪買い、買い♪日本の島の~

(信用)買い、買い♪(信用)買い、買い♪損切りが遅い~

買い、買い♪買い、買い♪お猿さんだよ~

元歌はこちらです。(アイアイを探してね)

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html

あ~なんと格調高いブログなんだ~

|

« NY次第ですね | トップページ | 今日は米国雇用統計です »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY次第ですね | トップページ | 今日は米国雇用統計です »