« GSを語る | トップページ | 民主党強し »

中国の外貨準備高

日経は弱いです。中間選挙が終わったのでGSも本来業務に戻るんでしょうか?
どちらにしても今夜のNYに注目です。NYの変化日は昨日7日、次は16日~17日
です。16日~17日に向かって下げが自然と思います。混乱があれば下げは激し
いものになると思います。

中国の外貨準備高が1兆ドルを突破しました。日本は8855億ドルだそうです。
中国には人民元高狙いの莫大なホットマネーが流入しているみたいです。
私は以前に「米国にとって友好国とは、米国債券を買ってくれる国だ」と書き
ました。ボールソンは12月に中国を訪問するそうです。よく訪問します。一体
どんな話をしているか?考えて見ましょう。

「中国、おめでとう~遂に1兆ドルを突破したね。中国は大国だから、次は
  2兆ドル目指して頑張ろうね~」

「う~ん、しかし米ドルばっかりでもな~投機資金も多いし~将来ドル安に
なったら困るアル」

「大丈夫、大丈夫。勝手に売ったら国際金融が混乱するから駄目よ。日本を
  ちゃんと見習ってね」

「自分が稼いだ金アル。どうしようと我が国のかってアル」

「(ギロリ)なんだと~下手に出ればつけあがりやがって。米国市場から追放する
  と中国経済は一日で崩壊だろうが。台湾に独立宣言させるぞ~第七艦隊を
  東シナ海に派遣するぞ。タイマンはろうちゅんか~」

「アングロサクソンは最後はいつも脅迫アル。共存共栄アル。もっと技術頂戴アル」

「心配するな有人衛星も協力しただろうが、環境もなんなら日本に協力するよう
言っとくわ」

「外貨準備高は日本を抜いたアル。日本にもドンドン買わせればよろし」

「いや~その日本が2015年にはガラポンになりそうで怖いんよ~これからは
中国に頑張ってもらわないと。それはそうと早く、上海の名実ともに国際金融
都市を目指そうぜ。世界の投資家は今か今かと待ってるんよ」

「わかっているけど、国内事情もあるので時間がかかるアル。人民元も急な
  切り上げは困るアル」

「上海はもっと市場の透明性を高めないといけないな~統計の数字とか企業
  会計とか」

「あんたにそれを言われると無茶苦茶腹が立つアル。なんでだろう?」

「昔は我が国も人権じゃなんじゃと言ったけど、ブッシュ政権はいいだろう?
とにかく金。弱者切捨て。金持ち優遇。権力者のやりたい放題・・・・・」

「そこは我が中国と気が合うな~これからも共存共栄で行くアル」

「まぁお互い、国防省と人民解放軍がぐちゃぐちゃ騒ぐけど、そこは適当に
  やっていこうぜ。とにかく金儲けだな。ワッハハハハハハ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会談が終わりました。以下はそれぞれの一人言です。

米国「早く人民元切り上げと金融のビッグバンもどきをやらせんといかんな。
        2010年には上海バブルだ。そして一気に資金を抜いちゃうんだ~
        後はどうなろうと知ったことじゃないわな」

中国「米国は腐ったローマ帝国アル。西ローマ帝国は滅んだけど、東ローマ
        帝国は生き残ったアル。我が国は東ローマ帝国をめざすアル」

ケタ「あの~すると日本はどうなるんでしょうか?」

米国・中国「日本はずっ~と搾取される。エジプトを目指すアル」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年上海万博の頃に人民元高、資産バブルが来たら凄いものになるかも
しれません。プラザ合意後の日本の辿った道ですね。和平飯店合意もどきが
あるかもしれません。日本もバブル時代に大正時代の戦中派がロックフェラー
ビルを買収しました。そして初めて日本の戦後が終わったのかもしれません。
結局失敗に終わりましたが、それは誰かがやらなければいけなかった象徴的
な出来事でした。

中国もアヘン戦争以来、屈辱の歴史が200年近く続いています。上海バブルが
来れば金の力で欧米・日本の象徴的な何かを手当たり次第に買収したくなる
でしょう。それは経済合理性というより、力の誇示、歴史への復讐と言ったもの
かもしれません。中国人は結構、日本の現代文化が好きなので、箱根の温泉街
にも買収に来るかもしれません。

「よし、あのホテルもあの旅館も買収するアル。中国の観光客をドンドン連れて
  くるアル。中国でも温泉ブームになるアル」

「ははっ、ありがとうございます。でも中華料理店はつくらないでね。雰囲気が
  おかしくなります」

「う~ん、あの山はカッコイイな~あの山も買うアル。いくらするアルか?」

「お客様、あの山は富士山ですので、売物ではないです」

「なんだ売らないのか。日本人は肝が小さいアル。ぶわはははは」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして上海バブルがはじけると混乱は日本どころではないのかもしれません。
膨張一途をたどる国際金融資本主義はメリマンの言う、カーディナルクライ
マックスに向かって速度を上げているような気がします。自ら破局に向かうように。

いつも思います。日本の高齢化は避けられません。東洋のスイスとして日本に
優秀な投資銀行があれば・・・スイスの投資銀行は荒れ狂う革命・戦争の中でも
顧客の資産を守り抜きました。フィンテックやアセットMあたりが・・無理だろうな~

PS:トヨタが上げてますね。トヨタはブッシュと共和党にベコベコに献金して
     いたはずです。民主党が勝てば米国で政治的プレッシャーは強くなり
     ますね。トヨタの政治力が試される時期が来るのかな????
     では仕事に行こう。私は朝が早いんですが、最近のNYのおかげで慢性
     寝不足です。WWW

|

« GSを語る | トップページ | 民主党強し »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!10月ぐらいから毎日拝見させてもらってますOLです。
ケタさんのブログは会話方式なのがすっごく面白いです!

私もメリマン大好きっ子です。昨年は講習会にも行きましたよ!
2005年はかなり痛手を負いましたが(だって真逆のことをさらりと言うんだもん)
来年は私もケタさんのような見解に期待してます。
ダブルボトムが来たら買いまくりだー!
またちょくちょく書き込みしますね。では!

投稿: もも | 2006年11月 8日 (水) 13時04分

ももさんコンニチワ。

そうメリマンはどっちとも取れるような
書き方がたしかに多いですよね。WWW

メリマンの来年の見解が当たればいいですな~

投稿: ケタ | 2006年11月 8日 (水) 13時10分

ケタさん、こんばんは。

中間選挙は民主党の勝利で終わりそうですね。
あの手この手でいろいろやってきましたが、結局だめでした。
やはりメリマン様は偉大ですね。
私も信者になりそうです。

この結果が今後どのような影響を与えていくのかとても気になります。
昨日のダウが二番天井となるかもですね。

投稿: そだい | 2006年11月 8日 (水) 18時34分

わっ、びっくりしました。対応していただき感謝感激です!これですらすら読めるようになりました。実はいままでの背景色ではまったく読めなくて、テキストにコピペしてから読んでました。これならだいじょうぶです。ありがとうございました。毎日読ませていただきまっす!!

投稿: ジュリ | 2006年11月 8日 (水) 19時16分

そだいさんこんばんわ。

そうですね。今後が大事ですね。
状況によっては12月頃までにじっくり
状況の見極めも必要になるのかもしれないですね。

投稿: ケタ | 2006年11月 8日 (水) 22時14分

ジュリさん、気に入りました?

アホブログですけど今後もよろしく~

投稿: ケタ | 2006年11月 8日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GSを語る | トップページ | 民主党強し »