« 今日は米国雇用統計です | トップページ | さらば昭和 »

今日も良い天気ですね

良い天気が続きます。今日は休みで出かけます、ブログを書いて出かけます。
商売はあまり儲かりませんね。でも設備はしたい~でも借金は絶対嫌だ~
皆さん次の3年相場に燃えましょう!40億円の社長じゃないですが、株で儲けてる
方は、結局安値を買って、高値で売る。この株の原則をシンプルに実行している
方です。買い方にとって安値が出現すれば、それでもう「あ~また儲かっちゃう~」
と言うことです。待つ時は待つ。売るときは売る。メリマン読んで、メリハリマンですね。
ヤフー掲示板で、ソースは誰かわかりませんが、ある方の意見が掲載されてました。
非常に納得できる意見でしたので、載せて見ます。

最近のヘッジファンド動向について

ヘッジファンドは今年も大量の資金を集めたが、業界全体で
見ると今年の
稼ぎは良くない。上半期は商品買い、株安、
債券売りのポジションを組ん
だところが多かったが、結果は
破綻する大手ファンドも出たくらい悲惨
だ。平均で1%程度
のリターンしか上がっていないという。商品系が下が
り始めて
破綻しかかっている同業がいる中、目端の利いたファンドは

下期に入って、全く逆のポジションを取った。商品売り、株、
債券買い。
ライバルの同業者の投げで自分達が潤うのはまさ
に一石二鳥。


そういう彼らも上半期はやられたはずで、この11月末までに
相応の
リターンは確保しなければならない。今彼らの利が
乗っているポジション
といえば、株、債券の買い、円売り、
商品売り。彼らの益出しが本格的に
なると、利下げシナリオ
から債券はバイアンドホールド、商品は中立、
株は売って円買
いだろう。


米株について

日本では米の経済がソフトランディングだ、いやそれにしても
景気減速下
の株高は不自然だとか言っている人が多いが、海外の
大投資家は少し違っ
た見方をしている。彼らは多くの国に分散
投資しており、広く世界を見た
上で、世界景気はすこぶる堅調
だと思っており株式投資には積極的だ。

ダウを構成しているような銘柄はグローバルに展開している
ような企業
が多くその好景気の恩恵を受けている。少々アメリカ
経済が減速したって
どうってことない。ダウだけ買われているのは
質へ逃避だとか言っている
向きがあるがそれは間違い。
むしろ積極的な理由で買われている。


ただ一方で米株高で余裕の出来た投資家はその一部をりぐって、
景気の
良い新興国の株を買い増し始めているようだ。中国、インドを
始めとする
アジア株がメイン。日本株にもその資金は流れてきている。
最近の日米
株価が軟調になってきた中、普通であれば真っ先に売られる
はずのこれら
新興国株が逆にしっかり買われている。

日本株について。
海外投資家の買いが続いているが、11月末に向けたヘッジファンド
の最後
の益出しによる株売り、円買いがどうやら始まったもよう。
この手の益出
しがいくら出てくるかわからないが、この流れに裁定
買い残の解消が誘発
されると想像以上に日本株は下げる可能性がある。
テクニカルには
15500が攻防の分岐点。12SQに向けてある程度
裁定買い残の解消が出る可能性
が高いので少なくとも225
銘柄は一旦
処分してキャッシュポジションをあげておく
ことが賢明。個別では、
米国景気後退、円高シナリオが進むとすれば米国
依存度が高く、円安で
業績が底上げされたような225銘柄は空売りを試
みてもいいくらいだ。
だからといって悲観的になることは無い。むしろ株
を買うには絶好の
機会が来たと捕らえるべき。日経がどれだけ下がったか
より裁定買い残
の残高に注意してほしい。
20億株を切ってきたら、まず新興銘柄。
日経につれ安はするが、もともと売られていたので
10月安値を切
るところまでは行かない。6月安値を10月安値で切らず、10月安値
から
10月下旬高値までのリバウンドが20%以上あり、かつ業績の
いいものをピッ
クアップしておくと良い。その銘柄が10月安値まで
来たら買い下がり。
大型株は米国依存度が比較的低いグローバル
企業が良い。こちらは買い
18億株くらいまで待ったほうがよい。

一方、米国景気減速シナリオが崩れてだらだら株価戻してしまうと
難し
い。買える銘柄は限られており、かつ既に高くてリターンが
薄い上、裁定
解消による急落のリスクを抱えたままでは安心して
ホールドできない。
個人投資家はむしろ買い残解消が進むような
足元の急落相場を歓迎すべ
きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下落が始まれば、いよいよ楽しい銘柄選定です。元外交官原田さん
によるとスイス系あたりはインデックスの指標銘柄より優良中小型株
を物色しそうとのことです。過去のデフレ下の主役がインフレ下でも
活躍できるかですね。へぇという銘柄がスターになるかもしれません。
モーニング娘もヨン様も飽きたでしょう?原田さん一押しは「お魚」
なんですが、資源でありロシアのM&Aだそうです。本当よね?

原田さんは年末~年初くらいに欧州系の買いが入り始めるだろうと
言ってます。良質な買いですね。一方米系はいつものパターンで
ちょっと振るい落として短期でドカーンと上げます。ついてこれない
上げが好きですね。一旦下げるのがサインかもしれません。
来年のどこかでNTTや建設のドカ上げが見れそうです。
私は、(信用)買い、買い、(信用)買い、買い、損切りなんか
しな~い~♪♪でついていこうと思ってます。

マザーズに省電舎という銘柄がありますが、なかなかのアホぶりを
かもし出してます。少しづつ買っていくと2008年くらいに吹き上げ
ないかな?でもずっ~とアホだったら嫌だな~・・・・・2008年に
向けてお宝銘柄探しですね。信用で稼いで、中小型のお宝を仕込む。
たぶんこれがワンパターンのカリスマへの道になるでしょう?
お上品な投資なんか・・・忘れたわ~そんなの。

早くお猿になりたいですね。「お猿のお買いはエッサッサッ~♪」
と早くも浮かれている私ですが、「とっとと下落しろNYに日経!
しつこいぞ~」と思ってます。

PS:今週の成績を出してなかったですね。あまり変わりません。
    プットの含み損は12月物で▲29万円です。しかし40万円ある
  11月物は紙くず確定してると思ってます。だから▲69万円。
  ある時は100万円の含み益。とにかく猫の目のように変わります。
  携帯トレーダーはザラ場はいくらになってるのかさっぱり
    わかりません。短期ではド下手ですが、まぁ遊びだし、第3週まで
    放置しておこうと思ってます。SQまでに500円ダウンが2回あるのは
    困る方もいるでしょうから、月曜日・火曜日くらいは無理上げする
    んじゃないでしょうか?
    その後SQを辛うじて16000円以上で通すと、後は安心してドカ下げに
    なると・・・・・・・・・・・良いですな!

|

« 今日は米国雇用統計です | トップページ | さらば昭和 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は米国雇用統計です | トップページ | さらば昭和 »