« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

来年のことを言うと

鬼が笑うといいますが、少し来年のことを考えて見ましょう。

まずデント氏は来年はハイテクバブル、日本以外のアジア株が有望と言います。
現状は確かにそうですね。しかしやっぱり違うでしょう。来年はメリマンの言うよう
に日本株がぴか一でしょう。

私には今の日本株叩きはすべて来年のために行っているように思えます。まぁ
次から次へとよくやるもんです。いじめでは無くて、これは拷問ですね。SB、楽天、
建設株、その他金融株・・・・・被拷問株で市場は嗚咽の泣き声であふれています。
LDショックからこれを彼らが計画的にやっているとしたら・・・・日本国家は政府・
マスコミもすべて乗っ取られたのかと心配になります。福井君大丈夫か?
マイクロチップを埋められてないだろうな?

ハイテク株をあまり拷問しないのは、もうたっぷり買っているからなのかもしれま
せんね。

チャートを見ると、トヨタや新日鉄の相変わらず強いチャートはありますが、
大半のチャートは醜くなってます。三菱商事や住友金属鉱山などは週足みると
まだまだ時間がかかりそうです。一方SBは週足がかなり美しくなってきてます。
日足は25日線がまだ下向きなので、まだ上げ下げ繰り返すんでしょうね。

しかしこの上げで滅茶苦茶だったチャートがそろってきました。トピックスも新興も
25日線に回帰してきました。まだ25日線が下向きですので、しばらく時間がかか
るんでしょうね。

去年の8月の週足はどの銘柄も教科書的な美しさでした。一方2003年のメガは
上げていくうちに週足を整えました。今回は銘柄毎に違うんでしょうね。
なんとなく2月のSQあたりからロケットスタートにならないかな~と期待しています。
週刊東洋経済で先取り四季報の記事読んでますが、日本企業は強くなってますね。
今は保守的な数字が多いですが、第3四半期が出る2月には上方修正のオン
パレードになると思います。そして彼らがたっぷり仕込みが終わったら、格上げ~
強烈な上値追いが始まると思います。全力信用買いスタートする時期ですね。
3月の終わりまでは。

だから決算の弱そうな企業は駄目です。近づいては危険です。悪材料が出尽くした
企業は一番いいかもしれません。被拷問株で「意外な上方修正」が最高でしょうね。
好業績割安株だらけですから、選択に苦労しますね。私も記事を読みながらまた
また迷っています。

逆に言えば、2月のロケットスタートのためにはどうすれば良いか?先物買残は
大半がロールオーバーになりそうです。これが3月のSQまでべったりなんぞ冗談
じゃありません。やはり原田さんの言うように12月は北朝鮮、中近東で叩いて、
そしてたぶん今月じゃないのかな????と思われる、日銀の利上げで、NYを
叩きつぶしましょう!原田さんはNYは1月に急落すると言ってます。大歓迎です。
そして12月、1月と先物買残+裁定買残を叩きつぶしてほしいです。GSおじ様が
キッチリやってくれるとは思いますが。

私のブログは無責任ブログですから、あえて言います。来年は「信用買い」ですね。
2月SQからロケットスタートになると3月末限定ですけど。2004年2月SQ~4月
末まで盛り上がりました。カリスマさん達が稼ぎまくった時期です。そして5月・・・・
資産半減になった方がゴロゴロでました。しかし3年サイクルの中途だったので
助かりました。今年はもうメロメロですね。私は当然逃げてました。過熱は嫌い・・
と言うか怖いのです。まぁだから逆にカリスマになってませんけど。信用は3日か
3週間に限定すればいいんですよね。大回り3年、小回り3ヶ月、相場はなんでも
3なのかな?駄目ならさっさと損切る。エントリーを失敗したなら潔く認めれば
良いのかなと。信用はね。無期限など私にはクレイジーですね。人生も相場も
無期限はあり得ませんね。気づいたらおじさんですよ・・・・・しくしく

しかし銘柄は本当に迷いますね。原田さんの言うように長期の大型で行って、
どうせ何度も急落場面はあるでしょうから、その時はつなぎ売りをきっちり実行
していくのがいいのかな?と思ったりもします。私は急落場面で何度も長期保有
銘柄をあきらめさせられたので。新興は空売りさせろよな~プロしか長期ホールド
できないじゃないか・・・・・まぁ皆さんも来年から始まる3年相場を頑張りましょうね。
また同じようで違う景色が見れるんでしょうね?そしてカーディナルクライマックスが
きたら、全部につなぎ売りをかけて市場を眺めるのも面白いかもしれないですね。

| | コメント (5)

踏み踏みですね

ふ~ん、名和さんのHPで書いていたようにCATというシステムトレーダーを
踏み上げているようです。完全に捕まえたみたいですね。明日の税調の答申
を受けて一気にやるのか、じっくりやるのか?どちらにしろ税調の答申の内容
はみんなが喜ぶものになるんでしょうね?踏み上げ方からも。そして踏み上げ
終われば,そこが株の山でしょう。

http://www.naga2383.ne.jp/n-blood/karakuchi/karakuti/imgboard.cgi

では誰が踏み上げをやっているんでしょうか?それはきっとあの方しか
考えられません。そうです。

「GSお父様」です。

何を考えているか、話をきいてみましょう。

Nausi_3





「GSお父様、今日も踏み上げお疲れです」

Jiru_1




「ナウシカや、この程度は軽い仕事じゃ。わしの夢は世界中のマネーを集める
  ことだからな」

「GSお父様が上向いたり、下向いたりするので、チャートがわかりづらいと
みんな嘆いているわよ」

「わしの、わしによる、わしのためのチャートだからな。それにオプションもわしの
  ためにあるんじゃ」

「GSお父様、あまり勝ちすぎると、みんなに嫌われるわよ」

「おおナウシカ、わしはネギしょった鴨の日本人や、ガソリンしょった鴨のアラブ人
  は大好きだぞ」

「GSお父様に好かれてもね~でもGSお父様は本当に経済が得意ね」

「わしは仲間と言うより家族が多いんじゃ、ホワイトハウスに日本国官邸にFRBに
  日銀に日米統計局に・・・・みんな家族なんじゃ。家族の間に秘密はタブーだろう。
  秘密の無い家族にはいじめ問題も無いんじゃ。個人投資家はいじめるけどな」

「GSお父様は、個人投資家を虫のようにいじめすぎだわ」

「おおナウシカ。虫はどんどん増殖するから、時々駆除が必要なんじゃ。わしも
  昔、虫にやられての~今年は90年や2000年に比べれば軽い駆除じゃ」

「GSお父様。でもあんまり駆除ばっかりしていると、虫さん達も最後には死んで
  しまうわ」

「ナウシカ、虫は死なないんじゃ。駆除してもそのうちまたうじゃうじゃとやって
来るんじゃ」

「GSお父様、本当?」

「本当だとも~駆除した時は元気がないけどな。日本人は貯金があるので3年、
  アメリカ人はあまり貯金が無いので4年くらいかな?そのくらいしたらまた
  うじゃうじゃになるんじゃ」

「ふ~ん、それで3年サイクル、4年サイクルと言うのか~なんだ心配して損
したわ~」

「それに、もし、死に絶えても・・・・・」

「なぁに?GSお父様」

「いっいや、なんでもないんじゃ」(もし死に絶えても、郵便局の金を手に入れた
ので大丈夫と言おうとしたけど、黙っておくか~)

「でもGSお父様は、個人投資家を少し馬鹿にしすぎだわ」

「おおナウシカ、それは誤解だ。少しではないぞ、力いっぱい馬鹿にしてるぞ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_35












「こら!GS!どうせ、踏み上げたら、次は下向きを狙うんだろう!日本株を
おもちゃにしやがって、その時は買い向かってやるからな」

Jiru_2





「なんだ、虫か。巨人兵に逆らうか?」

Kyosin





「今度は、売りたたきですか?」

「いえ、冗談ですよ。GSおじ様。ひとつお願いがあるんですが、踏み上げから
  売りに変わる時のタイミングを教えてくれません?」

「わかった約束しよう」

「おお、ありがとうGSおじ様」

「絶対に教えてあげない!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pic_merriman_2







「ケタさん、このブログの主役は私のはずなのに、最近ナウシカばかり
  なんですけど・・・・・」

Photo_36








「ああメリマンだ。メリマンが29日に事件発生かも?と言うから、怖くて信用を
  1日早く利食ったじゃないか。25日線タッチの今日まで持ちたかったのに~
  なんか事件があったか?」

Pic_merriman_3







「おおケタさん、アイムソーリー。米国では肩身が狭いんです~しくしくしく」
(笑ってまんがね)

 

| | コメント (7)

やっぱり強いですね

今日は朝から月末近くなので、お客さんところでバタバタしてました。
お昼にメールだけチェックすると、原田さんからまた来ていました。
メリマン・原田協会としては・・・・わかりました~と現物・信用を全部
利食いしました。IRIだけはストップ安売り気配・・・・これはたぶん明日損切り
ですね。その後上がろうがどうなろうが、気にしません。北尾~へっ!

私は仕事の設備資金を株で稼ぐんだ~とやってます。仕事があると株に
対しては気が楽です。休みたい時に休めばいいです。短期は下手だし、
株専業になると・・・・負けるだろうな~やっぱり今が楽ですね。もちろん
株も仕事の一貫としてやってます。借金して設備なんか・・・それは嫌だ。

さて、日経平均の方は上がってきましたね。基本的には7月のチャートの
ようになるんじゃないでしょうか?7月も第二営業日の4日が高値でした。
今回はみんな25日線を越えないと思っていたらやられると思います。
トコトン踏み上げてくると思ってます。12月1日に政府税調答申があります。
すこし美味しい話をネタに踏み上げの可能性がありますね。もしくは逆かも
しれません。

原田さんはメールで北朝鮮リスクと中近東リスクが12月中旬頃の予定で
仕掛けられていると言ってます。そうであるなら12月上旬からじわじわ下落
になってくるはずです。イベントは下げを加速するかとどめのために使われる
でしょう。更に、これは確定してませんが、日銀金利上げリスクが発生すれば
NYの暴落も必至でしょう。NYの引き金はFRBより日銀かもしれません?
北朝鮮&中近東&日銀&NY暴落・・・う~ん、フルコースですね。日銀が今月
なければ買いはその時期まで待ちます。

私は下手ですが・・・・そう言えば待つことぐらいだな~俺の得意はと思いました。

さて私は、12月は売りから入ろうとしています。オプションはやっぱりあれは
頭の良い方がやるべきものですね。数字の変動が実感できない。先物の方が
約定して、逆指値を入れて、後は放置で仕事ができます。チャートより日柄
ですね。相当踏み上げてこんかな~と思っています。12月4日に高値一杯と
感じればGOです。6月が一番儲かりました。先物で下げを追いかけながら、
大底探りの日々でした。そして大底でドテンでした。今回も12月19日~20日
目がけてやってくれるのかな???やると年始年末は資源でGOです。
新興も拾います。

今日は寄りで先物買おうと思っていました。GUで買う気を無くしました。仕事も
あったんで。やっぱり思った通り、そのまま高値引けですね。鉱工業生産の
インチキ予測もご苦労様です。誰が予測しているんでしょうね。

とにかく今は25日線を突破してトコトン踏み上げろ~と思っています。下手に売り
方が残ると下落の邪魔です。そして7月のチャートを見てもわかるように、途中で
何度も騙し上げをして、売り方を振るい落として、そしてボトムを目指していくん
じゃないでしょうか?6月のメリマンの下値予測は高値から2000円を超える
下落でした。15500円くらいかな?と思ってましたが、どんどん下がる。
ボトムは日柄で判断ですね。どこまで行くか?敵(外資)はじっくり周到に用意
してますね。今日の鉱工業生産のインチキ予測がいい例ですね。

早すぎず、遅すぎず、ベストタイミングでエントリーしたいな~と思ってます。
最終ハルマゲドンになってほしいです。もういい加減にして状態ですね。

Harumaki_1





春巻き丼や~

PS:25日線を超える、11月15日につけた16373円より下で陰線引けが
       一番美しいサインですね。それを超えたら売りはちょっと待てかな?

※勘違い13週線ではなく25日線です。訂正しときました。

| | コメント (0)

やっぱり皆様逃げましょう

ころころ変わる変節漢です。信念が・・・・・・無い。はいありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原田さんのメール読んでると怖くなりました。

今年も残すところわずか1ヶ月。

笑顔で年明けを迎えるのか。

はたまた、悲嘆にくれて個人投資家としての人生をやめるのか。

レースは既に始まっています。

どうぞ、私を存分に利用して、皆様の人生をより豊かで賢明な
ものへと変えて行ってください。

2006年11月28日

原田武夫記す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてあらためて信用買残を見ると、総額3兆7千億円、評価損率▲10.55
まったく改善されてません。むしろ悪化しています。

マザーズの出来高は6月下旬~7月上旬に増加してますが、もしかして・・・・
またまた粘りに粘っていたら・・・・と思うと気がおもいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして一番怖いのはやはりNYです。大きく下落したので、あく抜けでしばらく
持つと思います。しかし12月1日~4日までぐらいでしょう。それから怖いです。
そして次の変化日が12月19日~20日。この19日という数字は怖いです。
前回のブラックマンデーも10月19日でした。

911_1










この記事からわかるように、911という数字は怖いです。この中には19という
数字が隠されてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お~い、また吹雪が来るぞ~」

「あ~もう慣れたわ~」

と思っていたら、南極並みの寒さだった・・・・・

464811384379282











冗談じゃないな~やっぱり私は暖かいとこでヌクヌクしておこう。

5133311627577961





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマンの言うNYの調整は高値から20%です。高値12361ドルとすると、
9888ドルになります。来年6月まで有効らしいですが、急激に起きると言って
ました。今日、NYの大下げにもかかわらず日経は強かったです。なんか嫌な
条件反射付けのような気もしてきました。次は大体裏切るんですよね。

日経だけならまだしも、年末税金確定売りと重なると・・・やっぱり嫌だ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_34








「何を恐れているんだ、ケタ君!君は私の精緻な分析が信じられないのか?」

「ごめん、全く信じられない。ド素人の個人投資家だからいつでも休めるんだ。
  NYの大調整を確認してから、中長期投資家になります。バイバイ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一応戻り高値を出すと思われる12月1日~4日にすべてを売り切ります。
戻り高値はつけると思います。売り方の踏み上げも必要でしょうし、月末月初は
やはり高いでしょう。ある程度もどした方が下落にも勢いがつくでしょう?

まぁでもこの記事は少しオーバーかな?しかしすべてのバブル崩壊は起きてみて
なるほどだったもんな~

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/575315ec5028e5a02f25242187e908e2

PS:今日は円安か~本当にはめ込みしか無いのか今年の相場は(怒)

| | コメント (4)

ん~北尾め~

Im20061128im9bs003_2811200613








SBI、ネット総研を株式交換で完全子会社化・07年4月1日に

 SBIホールディングスは28日、東証マザーズ上場でネットワーク
技術支援を手掛けるインターネット総合研究所を2007年4月1日に
株式交換で完全子会社化すると発表した。ネット総研株1株に対し
SBI株1.95株を割り当てる。ネット総研は3月27日に上場廃止となる
予定。両社はインターネット分野で、密接な連携をとり、事業の拡大
を図る。〔NQN〕 (18:31)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしよう。ふ~ん、なんて思っていたらSBIの株になっちゃうじゃない。
北尾は嫌いなんじゃ~また太ったな。やっぱり売ろう。藤原所長なんでだ~

利益率は今はどうでもいいけど、インパクトのある成長株をまた探すか~
なんか無いのかな?1社くらいバブルの夢が見れるのも面白いですな。
やっぱりSBかな?孫様ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原田さんからまたメールが来ました。何か情報があるんでしょうかね?
注意!注意!のご警告です。なんとなく4日まで戻ると思うんですけどね?
買わせやすいところでしょうし。出遅れ日本はいいフレーズですよね。

たぶん悪者は日銀福井さんになると思うんだけどな~株の山のウマシカに
気をつけるべきかもしれないですね?一部ですが紹介しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部の「アナリスト」の方々は、大メディアを使って、未だに
「年末相場論」を喧伝し続けています。

しかし、実際のところはどうでしょうか?

●六カ国協議が行われても、北朝鮮が日本に譲歩する可能性は
 全く見えてきません。そもそも、六カ国協議という枠組み自体の
 存在意義が問われる事態も十分にありえます。

●米軍が撤退しそうなイラクを中心に、シリア、レバノンなどで
 武力抗争が続いています。原油は大丈夫でしょうか。

……。そう、リスクは減るどころか、「山積み」になるばかりなの
です。それなのに、「ますます大相場となる」などと、一部の
データ・数字だけを見て喧伝している方々のいうことを信じる
ならば、その先にはますます寒く、凍えるような年の瀬が待って
いるに違いありません。

今こそ、個人投資家である皆様には信頼に裏打ちされた「確かな
情報」が必要です。

そしてその情報は、日本だけではなく、越境するマネーの動きを
リアルタイムで捉え続けたものであるべきです。

そうした「情報」こそ、私が皆様に全力投球でお届けしたいものの
全てです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ先物使って上げて、先物使って下げるんでしょうね?浄化の終わった
銘柄については、のんびり買っていけばそれほど心配をする必要は無い
んじゃないでしょうか?(でもここまで言われるとちょっと怖いですね、現金
比率もしくはヘッジがいるかもしれないですね)

やっぱ年末年始は資源かな?

| | コメント (2)

今帰りましたが

IRIが・・・・えっ北尾?なんで?大口はヤフーとキャノンのはずなのに・・・・・
あの北尾、えっえっえっ・・・・どうしよう。

まぁそうは言ってもまだ5枚だけですから、しばらく放置してみます。別口座で
50枚程買おうかな?と思っていたけど、ちょっと様子見ですね。

しかし新興の短期おもちゃ株の楽天・インデックス・Vテクはマイナス引けですか。
下手に売るとやられるでしょうね?GMOなんかも浄化終わったかな?でも
あんまり好きじゃないしな~と思っていたら、見事に上がってますね。まぁいいや。

放電&フジミインコはさすが地味株・・・・本当に地味で。まぁいいや。

さて、日経はどちらにも動ける位置ですね。陽の陽のはらみで売りサインなんで
しょうが、8月にも出現して、9月月初高に持っていってます。明日が鉱工業生産、
12月1日に政府税調答申がありますんで、どちらにも料理できますね。素直に
月末月初高なのかな?そして12月1日か12月4日に戻り高値を出すと、20日
の新月目指して、原田さんの言う怒涛の下げなんでしょうか?もしくは1日か4日
が目先の底?もしくは20日目指して上げる?

大口さん達のSQをいくらで通すかの争いですから、予想してもよくわかりませんね。
むしろ下がるだろうと思うと、逆に踏まれる可能性が強いと思います。戻り高値が
4日としたら新興もその後は最後の下げが来るんでしょうね。大口個人さん達の
税金がらみの売りが当然にあるでしょう、しかし11月21日の底値はなんとか
守ってほしいですね。日経は好きなだけどうぞですね。NY次第なんでしょうけど、
1月にも下げがあるかもしれないですね。輸出系中心に頑張れよですね。逆に
1月は新興が賑わってほしいです。LDショック1周年あたりから飛ばしてほしい
です。

新興&中小型株好きの個人にとっては12月が最後の吹雪になってほしいです。
そして11月21日の安値を守れば、大底確認になるでしょう。株は本当に時間
がかかります。その分、長期上昇トレンドになればじっくりですね。私も次は
頑張ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思えばLDショックの時にあなたは夏の服装でした。短パンとTシャツでした。しかし
LDショックで突然吹雪に襲われました。少し待てばまた春・夏が来ると思いました。
吹雪は1月、2月、4月、5月、7月、9月、10月、11月と襲ってきました。
信用腹いっぱいの方は発狂して死んでいき、あの株この株とバタバタした方も
吹雪の中で凍傷となり倒れました。「ふっバタバタしても一緒さ、俺のは優良株
だから・・・」とじっ~とダヴィンチをホールドし洞窟に隠れていた方も、一時7万円台
になった時は死を覚悟したのかもしれません。

Cover_1031486




しかし12月の吹雪を耐えればようやく春が見えはじめます。たぶん。新興&
中小型株を買うにはいい時期でしょうね?そしてあなたは今年の経験を2度と
忘れないと誓うでしょう。それから2010年カーディナルクライマックス・・あなたの
買った新興株は何十倍にも成長しているかもしれません。途中の下落をくぐり抜け、
成長さえしていたら。ところがあなたは3年前のことをすっかり忘れて、また同じ目
に会うかもしれません。
カーディナルクライマックスバブルの最後は即、逃げないと瞬間冷凍の世界かも
しれないですね。ああ恐ろしい。まぁもうすぐですね、春は。

Photo_33














別口座に資金を20日くらいに移そうかな?ほんとに待ちくたびれます。

| | コメント (0)

NYが来ましたが

「ケタさん、NYが来ましたね」

「ふっふっふっ、実は私は昨日、プットは損切りしましたが、しれ~っと先物を
  15880円で売っていたんです」

「ケタさん、後だし~後だし~」

「もし、はずれたらさすがに恥ずかしいしね。いいんだ~後だしで。でもやっぱり
  新興は結構強いですね。浄化が進んだんでしょうね」

「それでこれからは?」

「NYは無視!新興オンリーですね。とりあえず三菱商事とNTTははずして、
フジミインコーポレテッドを買いました」

「げぇ、NYは無視していいんですか?」

「日経平均が下がっても、新興が上がればいいじゃないですか。裁定買残も
  新興には落ちないし。浄化のすすんだ銘柄は結構強いですね。SBも強いし」

「でもNYが~」

「メリマンの最新のレポートは下記で読めます。メリマンはボトムを15500円くらい
  で考えているみたいですね。買いサイン点灯、最後の投げ待ち状態と言ってます」

http://www.astrology.jp/

「但し、NYはヒステリックな恐怖が台頭すれば、急激に下落すると言ってますが・・」

「IRIは結構上がってますね」

「藤原所長はユビキタス目指して戦ってますからね。イーアクセスの千元会長も
モバイル目指して頑張っているし、頑張る新興はいいですね。放電もフジミは
  地味系ですが特色があるし」

「新興系は自分の応援したいとこを買えばいいんですよ。浄化さえ済んでいたら
  大丈夫。但し成長が見込めない先や参入障壁やたいした技術力の無い所は
  苦しくなるでしょうね?フィンテックも買いたいけどな~日銀の金利上げが
  終わってからでいいのかな?リート系もこれからが本当の経営力の勝負ですね」

「資源系は?」

「石油資源は上がっているのにな~結構来るかな?と思ったんですけどね。信用で
  某銘柄を少し買ったので来て欲しいな~15700円守って一旦戻ってほしいな~」

「NY次第なんでしょうけど、12月~1月とのんびり買うのがいいかもしれないですね。
メリマンは11月29日に何か事件が起きると言ってます。そして明日からはNYは
重要な経済指標が相次ぎます。下落に拍車がかかるか?意外と安心して再度
上値を追い出すかわからないですね。新興でしばらくボチボチとやってます。NYが
また上値を追い出せば、日経もしばらく踏み上げですよ」

「ケタさん、この前まで新興をボロクソに言っていたのに」

「11月21日までそう思ってました。私のブログはメリマン経に落ちたド素人の
  ブログだから仕方が無いんです。そう言えば11月21日は新月でしたね。
  次の新月は12月20日です。満月は12月5日。なんとなく4日あたりまで戻して
  その後、19日までは売り売りでヘッジの必要があるのかな?それともその逆
  かな?なんとなく、上げてぶっ叩く方が、インパクトありそうですが。ほぇ」

「日銀が銀行のファンド向け融資の厳格査定に乗り出してますね。邦銀はHF
  あたりにも貸しているのかな?あと金利引き上げ。株の谷のウマシカと株の
  山のウマシカにならないように気をつけましょう。どちらにしろ、さえないNYと
  円高が日本株上昇の前提条件のような気がしますね?」

| | コメント (4)

ん~短期はわかんないですね

プットは損切り▲11万円。トホホホ。

イーアクセスとインターネット総研と地味系で放電精密加工を
買いました。これはアホルダー予定の株です。

マザーズ見ても6月下旬と7月上旬は出来高が多いので、このあたりが
年末くらいに整理されると、浄化は終わるのでしょうか?ファンド筋は
売り切ったのかな?11月21日が新興株、中小型株の大底になって
ほしいもんです。何度も裏切られましたが、今度は大丈夫?大底さえ見えれば、
後はのん気にアホルダーができるんですけどね。

この1年間、主力でなんとか儲けて、新興に吸い取られるパターンが続いて
いたんですが、もう頼むで~の世界ですね。IRIも業種の割にはあまりバブル化
しなかったし、イーアクセスなんぞバブルと全く無縁。
だから・・・・・・来年はバブル化しろよ(しない、しない)

日経の方はもうわかりません。降参!ごめんなさい状態です。
但しメリマン・原田協会ですので、1月までNYが怖い~で手がでません。
揺さぶっているだけのようにも見えるし。

原田さんは年末にかけてNYはじわじわ下げる、メリマンは最後のギャンブル
相場が12月中旬にかけてあるかな?と言ってましたが、どうなんでしょうね。
どちらにしろこの2人は1月のNYは急落なんですよね。

そう言えば2003年の春も主力株が怖くて、新興株のアホルダーやって
いたな~と思い出しました。日経下がろうが、それがどうしたの世界でした。
銀行が動きだしてから、銀行だ~と行きましたが。

げっ、この銘柄もこんなに下げていたのか~というような銘柄が目立ちますね。
日経下げても、しっかり系新興や中小型は大丈夫となってくれば、だんだん
2003年春の世界に近づくんですけどね。もう大丈夫だよな~根っこは
アホルダーなもんですから、買うとやっぱり楽しいですね。

| | コメント (2)

年末年始相場

今の相場を見て思うのは、2003年の春に良く似てきたな~ということです。
新興も12月にキチンと上げ下げして、浄化がすめばもしかして面白いかも?

2003年も長引く新興株の低調さ。じりじりと下げていく主力株。当時は日本発
の金融恐慌さえも現実味がありました。今の日本にはそのような危機はありません。
しかしメリマンや原田さんの言う、NYの大調整が現実になれば、NY発の世界
経済の変調が予想されます。ではより詳しく見てみましょう。

11月=2003年2月

2003年は新興市場でセラーテムショックが起きました。これで新興市場は
最後の崩壊を迎えました。また主力株は持合解消売りもあり値を下げてました。

今月は新興企業の悪決算が目立ちました。主力株もトピックス系を中心に
売りが目立ちます。背景には「景気の踊り場」が意識されていると思います。

12月=2003年3月

2003年はこの時期から、新興株が動き始めました。もう売りが枯れました。
上げて、下げる、そして平均線を上向きにして、最後の振るい落としの作業
が始まりました。
主力株は相変わらず下げまくりでした。みずほはdead or aliveで1兆円資金を
必死で集めてました。

今週にある程度下げれば、一旦反発が来ると思われます。その主役は新興と
中小型株の浄化の終わった銘柄でしょう。しかし12月中旬以降は押し目に
転じるかもしれません。なぜなら真の長期ホルダーさん達が来年度の景気を
心配し、また税金対策で上げれば売ってくる可能性があるからです。

主力株は一旦反発しても、メリマンや原田さんの言うように、NYの景色が変わり
始めれば、下落は止まらないかもしれません。

1月=2003年4月

2003年は4月28日の日経最安値に向かって最後の下落が起きてました。
今だから最後と言えますが、多くの信用買が破滅していきました。
しかし新興株は我関せずで、上値を追い始めました。不思議な光景でした。

1月の最大のポイントはNYだと思います。もしメリマンの言うように12月中旬
からNYも腐海化が始まり、原田さんの言うように1月にNYの急落があれば、
それは欧州、アジアにも飛び火するでしょう。世界同時腐海化です。
「日本景気の踊り場」「米国経済の減速」リスクが過度に意識されると、先物、
トピックス系銘柄は深か~く沈んでいくかもしれません。
その場合は「資源」と言ってもトピックス売りが出てくれば、やはり苦闘するかも
しれません。輸出系はメロメロになるでしょう。

しかし徹底的に浄化された新興株は意外と上値を追い始めるような気もします。
それは需給の浄化だけではなくて、経営そのものの浄化、業績面での不安の
浄化もあるでしょう。まだまだ怪しい銘柄はたくさん残っています。
(そのためには年末に最後の下げが来た方が良いですけどね)

Xday=4月28日

2003年はりそなの株主責任の放棄が転機になりました。来年もたぶんそうで
しょう。インパクトのある政策面での決定事項が転機になると思います。それは、
M&Aに関する規則の決定なのか?内需振興向けの予算の決定なのか?
今はまだわかりません。2003年は5月から上昇がスタートし、11月の衆院選
に向け10月20日に高値をつけました。来年は7月が参院選です。2月あたり
からのスタートが自然な気がします。原田さんの言う、M&Aや建設株等が
頑張っているかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のように考えると、トピックス系の株を安くなったからと信用でホールドする
のは危険です。みずほが6月の安値を切ったのが何かを象徴しているのかも
しれません。メリマンの言うように12月中旬に向けNYが最後の頑張りを見せる
かもしれませんが、下手したら12月後半から1月末にかけて、とどめの下げが
来る可能性があります。それは輸出系の株にも言えるでしょう。私は今の日経は
15500円~16500円程度のボックスでいいんじゃないかな?と思います。
思わぬ安値をつけるとしたら、NYの恐怖を伴うような下落が必要でしょう。原田
さんの言うような1月のNYの急落が起きるかどうかですね。ポイントは。

全然違う形になるかもしれないですが、NYの動向は1月には確認できるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原田さんは中短期の小型株、長期の大型株と言っています。では新興株は
何を買うべきか?あれこれ考えると、結局、応援したい企業でいいん
じゃないでしょうか?NTTや三菱商事は儲けのために買いたいと思います。
しかし新興は「イーアクセス」や「インターネット総研」等々は買って数年間
ホールドしたいな~と思います。今週か来週買うか、年末に買うかですね。

しっかりビジョンを持って事業している企業は好きです。楽天やSBIは好きでは
ないです。なぜなら事業家と言うより、投資会社・・・市場から金をかき集めては
M&Aして大きくなる。金儲けだけがしたいんかいな?と思ってしまいます。
まず事業ありきだろうが!と言いたくなります。その点ではSBの孫さんはやはり
面白いですね。死ぬまで暴走経営ですから、ホルダーはいつも死ぬような目に
あわされます。しかし面白いですね。インターネット&モバイル帝国を築いてほしい
ですね。儲けのための投資とは別に、楽しみのための投資もありですね。
但しカーディナルクライマックスが終わる時には「ありがとう~さようなら~」かも
しれないですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケタさんは、SB買うんですか?」

「え~死ぬような目にあわされる~孫さんは今年は海王星とHAが多いから
  何しでかすかわかんなしな~まぁゆっくり考えよう。

  それより水曜日の鉱工業生産とNYがどうなるかですね。当分は。
  日銀の金利上げもあるし・・・春は円が114円台で投げが始まったけどな~」

「日本の新興株から始まった腐海化がトピックス、日経、そして世界へと広がって
  いくんでしょうか?」

Obaba_1








「たたりじゃ、日本個人投資家のたたりじゃ」(それは作品が違います)

Kusyana





「ガンガン売るのじゃ。我が国際金融帝国軍がすべて吸収してやるからな。
オッホホホホホホホ」

| | コメント (2)

来週の予想

当たんねえよな~と思いつつ書いておきます。来週の目玉は水曜日8時50分の
10月鉱工業生産だと思います。月・火曜日と軟調で、これが思ったより良好もし
くは折込済みだと反発。思ったより悪いと「景気踊り場リスク」が生じます。その
場合は先物の買い玉が積みあがってますので(50万枚以上?)、3月への
ロールオーバーより売ってしまえ~との誘惑が強くなります。そして裁定買残の
解消売りを誘発して、思ったより大きな下落になる可能性もあると思います。
外資の買いも一時的にストップするかもしれません。

Obaba





大ばば様
「お~風がやんだ。外資の風がやんだ。なぜじゃ?天が怒っているのじゃ。
  裁定買残の解消売りが降ってくるぞ~」


(おいおいまたナウシカねたかよ)

Gikkuri







「大変じゃ~みずほについた腐海の菌がどんどん広がるんじゃ~」

Muzu






「ええい焼け~、焼き払うんじゃ~個人の信用買もろとも焼け~」

Asuberu





「ナウシカ逃げよう。新興か非指数系の中小型株は浄化が終わってるような
  銘柄もあるんだ。腐海の底はきれいな空気と水があるらしい」

Nausi_1





「そうね。しっかり系の新興株や中小型株ならいいかもしれないわね。
  でも楽天は嫌よ」

Asuberu_1





「なぜ?楽天は最近は調子が良いよ」

Nausi_2





「だって、あそこは三木の谷のウマシカと言われているのよ」

Asuberu_2





「ウマシカ・・・・馬・・鹿・・・そんなおっさんギャグはやめてくれ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yupa





「よいか諸君。大下げ局面でビビッて売ると、株の谷のウマシカと言われるから
  気をつけるんだぞ。逆に目先の上げの天井で買うと、株の山のウマシカと言わ
  れるからな」

(まだあります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jiru




「ナウシカ!」

「なぁに、GSお父様」

「お前は、虫(個人投資家)をかくまっているらしいな。我々と虫(個人投資家)は
  ともに暮らせないんだ、さぁ、よこしなさい」

「いや~やめて~GSお父様。また虫(個人投資家)を殺さないで~」

(あ~しつこい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Gunship




ガン・シップに乗って、一目均衡表の雲の中で戦おうとするナウシカ。

「だめだ。雲に入れない・・・・・」

(ふっふっ、今日はここまでにしておこう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え~一応今日も早朝から仕事をしているんですけど、信じてください。
昨日は新興や中小型株のチャートをチェックしてました。この秋の相場を
どう考えるか?春の相場5月~7月の相場のようになるのかな?と
思っていましたが、たぶん違いますね。なんとなく。

あれっ、もしかして?そういう相場になるのかな?ぷっぷっ・・・これは来年は
儲かるじゃないと感じました。ではどういう相場になるんでしょう?それは仕事の
残りが終わったら、また書いてみましょう。当たるも八卦ですね。

尚、この絵はこの方のHPよりお借りしました。ナイスなHPです。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/6783/index.html

| | コメント (0)

2012年のマヤ暦

CMEはまた低いですね。6月2日に新興はボトムをつけ堅調になりました。
しかし日経平均は6月14日まで暴落していきました。なんかちょっと雰囲気
似てますね。水曜日の鉱工業の数字が大変重要ですね。前月に続いて悪い
数字だったら・・・・景気拡大を前提とした株価ですから、景気の踊り場への
株価への修正が起きます。

更に円高ですが、これは5月も起きました。なんでしょう?裁定買残の整理を
促しているのでしょうか?7月に日銀が利上げしましたが、円高にはなりません
でした。但しメリマンは春に向かって深刻な円高・ドル安になると言ってます。

その場合想定できるのは、単なる金利の問題では無くて、米国経済への懐疑が
発生することしか考えられません。ドルの信認の問題でしょうか?そうすると
FRBは下手にドル金利を下げることができません。そうなると住宅価格が~と
なります。過度に心配する必要は無いけども、強い米国経済と過度に楽観も
できないと思います。

日本経済回復の踊り場到来、米国経済のソフトランディングへの懐疑発生。
日本の株価はこの事態をまだ全く織り込んでいません。慎重な方は1月末まで
お休みするのも一策だと思います。(私の中長期用資金は1月まで待ちます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、最近怪しい話が無いので今日はマヤ暦の2012年の話を書いてみましょう。
大して詳しくは無いので、一般常識程度(なんやそりゃ)の話です。

Photo_31











マヤ暦では、約26000年間を5つの時代に分けており、現在はBC3114年から
2012年12月22日までの最後の5番目の時代としています。

そして第一の時代は土、第二の時代は風、第三の時代は火、第四の時代は水
によって滅び、第五の時代は「火山の爆発、食糧危機、大地震の発生」に
よって終わるとされてます。日本は食糧自給率40%です。家畜のエサも輸入
ですから、それを考えると20%程度ではないかと言われています。日本はこの
3点セットのフルコースの国と言えるでしょう。世界の古い神話はほとんどが
大洪水の話を残してますね。第四の時代の終焉の記憶なんでしょうか?

Photo_32












そしてこれはマッケナと言う学者が、カオス理論やフラクタル等の数学理論と、
古代中国の易経の教えを駆使して、「波状型時間論(タイム・ウェーブ・ゼロ)」
を提唱しました。難しいので説明は省略しますが(と言うか良くわかっていない)
この時間のピークも2012年12月21日でマヤの暦と1日違いだそうです。
この時に人類が経験したこともない変革が起きるターニングポイントとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマンも2008年~2010年のカーディナルクライマックスを提唱しています。
この期間に米国の72年サイクルのボトムかトップが来るであろうと。
そしてこのカーディナルクライマックスは2008年~2015年まで続きます。

また原田さんは国際金融筋は中国バブルを2010年あたりにピークに持って
来て、その時点で資金を抜くだろう、と言ってます。そうすると2012年あたりは
世界経済は大混乱している可能性もあります。一体どういう世界を見れるので
しょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケタさん、どどうすればいいのですか?」

「1999年のノストラダムスの大予言を信じた方は、ITバブル相場に乗れません
  でした(あ~なんとレベルの低い話だ)。まぁ過度に信じるのも心配するのも
  建設的でないでしょう。淡々としておくしかないんじゃないですか」

「世界経済が急激に拡大してますね。それに伴ってドルの通貨量も急激に
  増やすんでしょうね。そうしないと世界の貿易がおかしくなります。米国は
  いつまでドルの信認を担保できるんでしょうね?消費する資源も急激に
  増えてますよね。中国やインドや中近東では水資源の枯渇さえ心配されて
  ます。それにITの普及もあって情報量が歴史的に見て、信じられないくらいに
  爆発的に増えているそうです。経済も人間の精神もまるで「仕手株」のように
  急拡大です」

「じゃあ、どうすれば?」

「仕手株は動きだせばとまりませんから、トコトン行くんでしょうね。マネーの
  魅力に目覚めた新興国の経済は止まらないですよ。大事なことは・・」

「大事なことは・・・・」

「あまり雰囲気に流されないことなんでしょうね。この世界を救うんだ~!との
  声を聞いた方は頑張らないといけないですね」

「ケタさんは?」

「私はいつも、この世界を救うためには軍資金が必要です。お願いします。株で
  大儲けさせてください~と祈ってますけど・・・・さっぱり声は返ってこないですね」

| | コメント (2)

今週の成績

今週の成績は488万円で先週比▲17万円です。今日のプットは儲かり
ましたが、月曜日と火曜日の敗戦をリカバーできませんでした。ぷっぷっ。
来週にプットに利が乗ればリカバーできると思いますが、どうなんでしょう?

持ち株

PGGIH
三菱商事
NTT

プット1月物

現金比率63%

まぁ私は見ての通り、典型的なド素人です。短期は下手だし、利食いもドンピシャは
できません。能書きは結構立派なんですけどね。ぷっぷっ。

今年の相場は酷い相場です。日経平均は10月下旬まで高かったですけど、
新興は9月、10月と大きな下落があり、トピックスも9月に下落がありました。

株は「安く買って、高く売る」・・・これをすれば儲かります。しかし実は一番損する
個人はこの「安く買う」個人なんですよね。私は株をはじめてしばらくしてITバブル
崩壊の洗礼を受けました。超高値を買う個人はほとんどいません。しかし、少し
安くなると「わっ~」と買い始める。そして、そのままトコトン地獄まで持っていかれ
ます。株は下がり始めると上げ下げを繰り返し、トコトン行きます。下降トレンドの
買い玉は地獄へのパスポートになります。特にバブル高値をつけた銘柄ほど。

今回の下げも、何かセリクラ的な下げが無いと終わらないでしょう。それは来週
かもしれないし、もっと先かもしれません。そうなるともうド素人の個人は待つしか
手は無いですね。個別の空売りはあまり好きじゃないので、先物売り、オプション
をやってみましたが、価格変動激しすぎて、計算したような利益にはならない
ですね。特にオプションはここまで下がるといくらになる、という計算が良くわから
ないですね。それでも金額限定で「いいんだ~」でやってますが・・・・・

もっと個別の空売りで無慈悲に儲けを追求すればパフォーマンスは上がるのかな?
でもあんまり好きじゃないので仕方がないですね。

下げるとこまで下がれば、後は上がるしかないでしょう。するとド素人の出番です。
買い買い~でプロなんぞ足元にも及ばないパフォーマンスを叩きだしてやる!

生き残ればまたまた楽しい相場がやってきます。私は今年は初めてネット口座の
金額を限定してやってますが、結果的には良かったです。3年サイクルなんで
次のサイクルが終わるときも、また資金を逃避させよう~と思ってます。

しかし今年の相場を見ていると、バフェトが小型成長株には手を出さない理由が
なんとなくわかりますね。コカコーラやジレット・・・・プロやファンドが絶対に買って
くる大型銘柄ですね。実はバフェトは下落相場の時は「つなぎ売り」か「何かの
ヘッジ」で、上昇相場も下落相場も取る。機関投資家的手法をやっているかも
しれないですね。ひとつ違うのは、買う時は「おいおいおい」と言うくらい安値に
ならないと買わない。たぶん・・・・狸おやじですよ、彼は。

そう言えば結局つなぎ売りの練習はできなかったですね。来年の秋くらいは
できるのかな?

| | コメント (0)

出かけます

プットを再度購入しました。

一日じっ~と見るのは疲れますね。

私はちょこちょこ携帯トレードがいいみたいです。

それより早く買って放置できる相場が来ればいいですね。

デイトレードさん達は毎日毎日、結構な重労働ですね。

最近、新興に厳しい記事を書いてますが、LDショックから

個人はあまりにも新興で嵌められすぎです。ミクシィは

別に悪い企業では無いと思いますが、証券会社は個人を

馬鹿にしすぎです。経営者も個人投資家に甘えすぎです。

まぁ頑張りましょう。次の3年相場はもうすぐですね。

| | コメント (0)

デイトレは楽しいですね

おもしろい~癖になりそう。

一旦プット利食いです。

上がってきてほしい・・・・

再度プットに突っ込みます。

来週水曜日の鉱工業生産が山場なんでしょうね?

| | コメント (0)

安値更新しましたね

あれ!想定外の弱さ・・・・・・・

ふ~ん、たぶん裁定買残の解消売りを狙っているんでしょうね。
こんなもん抱えて再度上昇なんてとんでも無い!と言うことでしょうか?

重い裁定買残がある間は上昇反転は期待しない方が良いかと思います。
やはりメリマンの言う12月1日~4日まで待つのがいいんでしょうね?

来週前半は裁定買残が雨あられと降ってくるんじゃないでしょうか?
円高局面に移行しているので、輸出系は下げ余地がかなりあります。
しかし、資源系はなんか美味しそうですね。

NYがメリマンの言うように11月29日にショック発生、ちょっと下げる。
しかし最後のギャンブル相場で、中旬くらいまで大幅高になる。
それから、下げだして1月はひぇ~となると仮定しましょう。あくまで仮定です。

すると12月上旬は資源やM&Aや新興を拾うにはいいかもしれない
ですね?そして12月中旬から「げっNYが~」で、原田先生の言う
年末に向かっての怒涛の下げの世界でしょうか?

ふ~ん、ふ~ん、ふ~ん、それも嫌だな~メリマンはNYは大損の世界と
言ってますしね。しかしここは日本です。もうこれ以上下げるなら好きに
して~と言う銘柄を拾うのにはちょうどいい季節なんでしょうね。1月の
NYの怒涛の下げに影響されない銘柄が良いんでしょうね。現物なら
もう下げを気にしなくて良い銘柄がたくさん出てきてますね。

まぁいずれにしても裁定買残の解消が見えてくれば、優良割安株を拾って、
その後は「損切り」とは無縁の世界と思います。新興は腐海ですから、
臭気に注意ですね。しかし腐海の底は綺麗な水と空気があるんですよね。
そこまで下げてくれば買ってもいいのかな?どの程度の水準なんでしょう?

新興は買う銘柄が厳しいんですよね。分割バブル組みは買いたくないし。
ネット証券はとんでもない。リート系も金利上げになれば冴えないでしょうし。
ハイテク部品組みはNECや三洋の無様な姿を見ていると、国内だけじゃ
駄目でしょうね。世界のハイテク企業に供給している強い銘柄がいいのかな?
人材派遣は長期的に問題があると原田さんは言うし、う~ん、う~ん、
でやっぱり経営者なんでしょうね。誠実で野望のデカイ人間がいいんでしょうね。
後は参入障壁、なにか光る独自のものかな?

原田さんは、中短期の小型、長期の大型とのニュアンスになってきてますね。
来年から始まるM&A、そして前半調整しても必ずスケールを増してくる、
世界経済の勃興。それに乗れる銘柄が良いですね。世界に打って出てやると
言う新興はないんかいな?ACCESSあたりは好きですが、高いしな~

まぁ適当に言いたいことを書いてますが、次の3年相場は「世界経済」「資源」
「M&Aがらみの内需」になるんだろうな~と思えます。結局、独自のものを
持っている強い企業ということなんでしょうね。特にハイテクとネットは戦国時代
が到来すると思いますね。メリマンの言う2007年~2009年にテクノロジー
企業の破綻申請の世界ですね。ハイテク・ネットと言うだけでチヤホヤされた
時代の終了ですね。グーグルみたいに世界のパラダイムを変えてやると言う、
強い経営の時代なんでしょうね。外資が惚れるような企業、それでこそ2010年
カーディナルクライマックスまでホールドできるんじゃないでしょうか?
(資源はたぶん途中でさよならでしょうけど)

「で、ケタさん、それはどこなんです?」

「う~ん、良くわからない~とりあえず資源でも買ってみるか~安いし~
  能書きはいいんだけどな~株は儲からないと意味ないし~
  プットは一応15500円割れまで今度は引っ張ってみようかな?
  皆様も、いよいよ次の3年相場の重大な玄関が見てきましたね。じっくりと
  ビビらずに、おらおらおら~と入っていきましょう」

| | コメント (0)

おはようございます

今日は休みでまたまた株を眺める日です。今年は中長期のホルダーには
苦悩の年ですね。デイトレーダーには楽しい年でしょうね?でも仕事第一。
のんびりとホールドできる日が早く来て欲しいですけど、あせるとあまり良いことは
ないですね。次に四季報を買ってからじっくり検討でも十分間に合うと思います。

最近、短期に乗れてないのでちょっと自身喪失、しかもGS様のオプションポジが
上を志向している?と言うことで、書くのはためらったんですが、今週の足は危険
と思います。(まぁ本当は昨日のよるからCME弱いしもしかして?なんですが)

月曜日・火曜日の陰線は下離れ二本黒の可能性が強いのかな?と疑ってます。

http://www.geocities.jp/kabu_soubasi/chart/nihonnkuro.html

そしてこの足は5月末と7月上旬にもでています。面白いのはいづれも翌日に
結構大きな陽線がでていることです。たぶんド素人の売り方を蹴散らすためで
しょう。そしてその後は陽線内で2日程陰線を出して、力尽きて大幅な下落に
なってます。

5月も7月も大体4~5日連続で下落し、下落幅も1000円程度の大きなものに
なっています。陽線を越えれば、また別の形になりますが、陽線を越えることが
できなかった場合には買いポジは厳重警戒かな?と思ってます。

それにこれは不思議なんですが、ベテラン勢も含めて、チャートのテクの分析は
皆様素晴らしい。しかし私の経験では「一度大きく積み上がった裁定買残が崩れ
出すと、必ず大きな調整に見舞われる」と思ってます。見舞われないのは更に
積み上げていく場合ですね。今年の3月のように。

原田さんは「日経平均等の無料チャートは操作される。信用買残、裁定買残等の
数字はごまかしようが無い」と言ってました。だから私は素直に、来週はこの裁定
買残が崩壊していくのを待とうと思ってます。久世雄三さんも12月上旬に裁定
買残の解消売りがでるので買いのチャンスと言ってました。史上最大の裁定買残、
業界は意識的に無視しているような気がしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマンの最新のレポートを読みました。11月20日号ですね。NYは11月24日
から12月18日まで木星が射手座に入ります。バブル化が激しくなりそうです。
しかし12月16日頃から木星と天王星がハードアスペクトになりますんで、突然の
変化を表す天王星が、投機、ギャンブルの終了の時期を暗示しているそうです。
そして4年サイクルのボトムは2007年6月まで有効であり、20%程度の調整を
言っています。まぁ英語なもんで、ネットの英和辞典を利用しながら読みましたので
微妙なニュアンスを逃しているかもしれません。そして11月25日~12月3日、
本命、ど真ん中の11月29日には重大な衝突、戦争の脅威が発生するかも?
とちょっと恐ろしいことを言ってます。

一方、日経平均の方では日経平均のホロスコープと土星が11月18日~
12月23日の間にスクエアになるので、厳しい。再度その形になるのは
来年7月だそうです。

NYと日経は既に相関性が低下しています。むしろNYが強いと、怖くて日経が
買えないような。裁定買残の重しで日経は次の変化日12月1日~4日まで
厳しいのではないか?それからSQの乱高下に入り、そして、裁定買残の重しが
取れたぞ~と言われだすと、今度はNYが崩壊を始めるのではないでしょうか?
原田さんもNYは中間選挙からジワジワ下げだして、1月に急落すると言って
ました。この2人は相性がいいですね。

しかしNYの大調整+円高は来年前半の日経平均高のためには必須事項と
思ってます。それでこそ資金が日本に流れてきます。そのタイミングはやはり
政策がクリアーになることなんでしょうね。そして参院選が終われば、日本は
消費税論議+社会保障費の本格的議論が始まります。その時点ではデント
神社もお参りしとくか~という話になるかもしれないですね。

まぁ先の話より、今日、陽線超えがあるかどうかがポイントなんでしょうね?

| | コメント (2)

新興市場を考える

CMEは15800円と安く帰ってきましたね。しかしGS様のオプションポジを見ると
結構、上を志向しているような。まぁ短期は良くわかりませんね。しかし個人的な
希望を言えば、せっかく高く戻したので、月曜日の寄りあたりまで戻り高値を出して
欲しいな~その後は12月8日のSQが近づくので、裁定買残もいよいよタイム
リミット。この秋の大口さん達の最大の誤算は「個人が全くそっぽを向いた」こと
なのかもしれないですね。中身の腐った日本株ですから、中途半端はいけません。
原田先生の言うように怒涛の下げを見たいですね。それでこそ来年があります。
結果的にこの秋に強気を出しまくりの評論家はまたしても罪つくりになるんでしょうね?

さて、新興株についてですが、私ケタは原田先生と違い「決して真実はわかりま
せん。なぜなら金融界の住人と違い、全くの市井の個人投資家だからです」と
言うことで適当に聞いてください。

私のイメージでは現在の新興市場は以下です。

新興市場=風の谷のナウシカの腐海

私は2002年の新興市場を知っています。物好きな個人投資家がちょこちょこ
買うくらいでした。割安株が常識でした。好決算出しても、ちょこっと上昇し、すぐに
定位置に戻る・・・そんな市場でした。私がダヴィンチを現在の株価で4000円~
4500円くらいで買っていた時代です。

異変が起きたのは2003年3月~4月でした。タワー投資顧問みたいなファンド筋
が買いにきたのです。それからボチボチ上昇を始めました。それからは証券自己
も来る、個人も殺到する、怪しい匿名投資組合も来るでガンガン盛り上がりました。
分割制度の不備が分割バブルを起こし、流動性の少なさを利用してファンドや
怪しい投資組合が高値を維持操作しました。

成長企業投資だ~とバフェトだ~リンチだ~と叫びますが、私は95%以上の個人
投資家は題目だけだと思います。ただ単に新興市場投資でカリスマ投資家が出て
きたのであやかろうとしているだけと思ってます。(違う?)

一方のファンド筋は流動性の低さが逆回転し逃げようとして暴落を繰り返しました。
怪しい匿名投資組合は投げ売って消えていきました。

世界経済が勃興してます。このスケールと熱さに比べれば、ほとんどの新興市場の
企業は「ゴミ」みたいなもんです。しかしゴミでいいんです、将来ダイヤになれば良い。
ところが相変わらずのお馬鹿証券会社は幹事獲得競争に明け暮れ、このゴミ
経営者を「痩せた狼」から「太った豚」にしてしまいました。特にミクシィのIPOは、
私にはお馬鹿証券会社が市場を破壊する行為にしか見えませんでした。東証1部
のIPOは馬鹿高値はありません。新興市場はある。なぜ?それは証券会社が
「どうせ個人は馬鹿だから買いにくるさ~」と考えているからに違いありません。

金のそんなに要らないビジネスモデルの経営者が大金を握ると何をするか?
まぁロクなことは無いでしょう?参入障壁の低さは自分が一番理解しているで
しょうから。

今の新興市場には将来の任天堂や京セラを感じますか?信用の個人は
「え~どうして???」と言いながら、大半はボロボロになったと思います。
しかし高値現物派はまだうじゃうじゃいるでしょう?

そして「新興市場=腐海」が出来上がりました。

ここは短期間ならOKですが、長くいると臭気にやられてしまいます。
生息しているのは分トレ、デイトレ、スウィングトレーダーばかりです。

Daiou






オームみたいに目を真っ赤にして、買いとなれば、買い、買い、売りとなれば、
売り、売りと突っ走ります。

中長期の投資家は危なくて近づけません。

「やめて~オーム~止まって~なぜ、そんなにSBIを売りまくるの~」

Omu








ドドドドドドドド・・・・・・きゃ~

「あ~お姉ちゃん、死んじゃたの?」

低迷相場が続いています。そのうち新興市場の会社の中でIPOで投資家から
集めた金が底をつき、資金繰り破綻が出てくるんじゃないかな?と思います。
インチキ会計ができなくなり下方修正が多いです。新興市場の底はまだまだ深く、
底の期間はまだまだ長いと思います。しかし腐海は世界の汚れを実は浄化して
いた場所なのです。新興市場は何を浄化しているのでしょうか?

Nausi







ナウシカ

「新興市場はね。浅はかな個人投資家の欲望と、相変わらずの証券会社の
間抜けさと、勘違いしている経営者の驕慢さを浄化しているのよ・・・・・・・」

新興株もチェックしてますが、なんかな~いまいち将来像が良く見えんな~
くんくん・・・まだまだ臭気があるような気がするな~と思ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケタさん、ナウシカが最近多いですね」

「へへへ、子供と見たら結構面白かったです。懐かしい。しかしナウシカ見ながら
  株のことを考える・・・・・・汚染されてますね」

| | コメント (2)

第三次ハルマゲドン

「ケタさん、今日はどうです?」

「はぁ、俺はなんで短期が下手なんだろうな?と反省しました。身軽になるため
  打診買いの日本水産と石油資源は売却。1月物プットも売却しました。
  初心に帰ろうと」

「ふむふむそれで」

「ところで、初心てなんだったけ?そういえばなんだろう?と考えると、
どうもトレンドに逆らわない! これが大事みたいですね。
今のトレンドはどうみても下ですよね」

「ふむふむそれで」

「すると引けかけて、踏み上げかな?日経やたら強い。こっこれは1月物
  プットの買いだ~第三次ハルマゲドンだ~ですね」

「春巻きをご飯にのせると?」

「それは春巻き丼!いやそういう寒いギャグじゃなくていよいよ第三次
  ハルマゲドンですね」

Harumaki





「しかし、今年の秋は悩みましたよ。信頼するベテラン勢は結構強気ですもんね。
こちらはメリマンだけだし、暴落、暴落と書くのは勇気が要りました」

「大丈夫ですよ。誰も信用してないし」

「しくしく・・・・そう思っているときに、原田さんのCDを聞いたのは良かったですね。
メリマン読んでいたから、聞いたんですね。これからはメリマン経を改め、
メリマン・原田協会で再スタートですね。米国は米国、日本は日本。私はアメリカ人
じゃないし。ぷっぷっ」

「しかし第三次ハルマゲドンは大丈夫なんですか?」

「う~ん、なんとかいけるでしょう。変化日は前後3営業日だから今日~来週火曜日、
  もどり高値でまた急落すると思うけどな~裁定買残は甘くはないですよ。第一次、
  第二次ハルマゲドンはメリマン・原田協会の勝利でしたね」

「その割には全然乗れてないですね」

「しくしく・・・・プットもようやく慣れたから大丈夫。三度目の正直ですね。今日のNYは
高い方が良いな。金曜日に上から来れば、プット追加買いですね。ところで
原田さんからメールが来てるんですよ。CD購入者だからです。まぁ個人投資家の
味方と言ってるから公開してもいいのかな?弱小ブログだしね。皆さんも興味
あったら買ってみてね(一応宣伝)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様こんにちは。
原田武夫です。

昨日(20日)、ついに日本株マーケットでは日経平均株価が16000円の
大台を割りました。いきなり350円を越す下落。マーケットはこうした
急落に備えていなかった個人投資家の皆さんの「阿鼻叫喚図」となって
います。

とりわけ、日経平均先物を買い増していた方々にとっては、壊滅的な
打撃の一日となりました。

人によっては、数百万、いや、数千万のロスを抱え、途方に暮れている
のではないでしょうか。

大物アナリストたちが口をそろえて「年末に向けた大相場」を喧伝する
のにつられて買い増していった先には、「急落」という崖があったのです。
もはや、這い上がれないところまで奈落の底に落ちてしまった方もいる
ことでしょう。

しかし・・・そんな悲痛をよそに、救われた個人投資家の方々がいます。

それは、「原田武夫通信」をお聞き下さり、それに則った投資を着実に
進めてきた方々です。

「原田武夫通信」では、今年の春先より一貫して、この秋に急落がある、
そこでショート(売り)をかけられるように万全の備えをすべきだと
訴えてきました。

「原田武夫通信」では10月に入るとさらに、転換点は11月7日の米国中間
選挙であり、その直後から急落が起きると予見してきました。

そして「原田武夫通信」では同時に、今秋発表される日本の企業各社の
決算が、実は大方の予想を裏切る相当悪いものであり、期待を裏切られた
「売り」がそうした下落を加速させるとお伝えしてきました。

それでは実際、マーケットはどうなったでしょうか?

●米国中間選挙の直前よりNYマーケットは下落し始めました。

●それと時を等しくして日本株マーケットも変調。ついに昨日(20日)、
 急激に下落しました。

●すると大メディアたちは一斉の論調を変え、「日本企業の業績不振への
 失望売り」を喧伝しはじめました。

●日本株のけん引役であった自動車メーカー各社がいずれも業績の
 下方修正を発表しました(20日)。

いかがでしょうか?

そう、「原田武夫通信」では近未来に確実に起きる「真実」しかお伝え
していないのです。

その理由はなぜでしょうか?

それは・・・私が、金融界の住人ではなく、それとは別でありながら、
表裏一体にある外交・国際政治の住人であったからです。

金融界の住人であるアナリストたちは、口々に数字を語り、皆さんを
説得しようとします。
しかし、彼らは自らが金融界の住人である以上、その掟を破れない
のです。そしてその掟とは、「本当のことは決して外には言わない」
ということです。

しかし、私は違います。

私は金融界の住人ではありません。したがって、金融界の「掟」にも
全く縛られていません。

それでもなぜ私が的確に近未来のマーケットを予見できるのか?

それは、私がマーケットと表裏一体になっている国内外の政治・経済
情勢を、外交官であったからこそ培えた独自のルート・手法によって
分析しているからです。

そして私は、荒れ狂うマネーの波の中で、個人投資家の皆さんが賢く、
そして豊かになることによってだけ、私たちの国=日本が変わることが
できるのだと確信しています。
そう、個人投資家の皆様が「儲かって」いただくことは、私(原田武夫)
にとっての信念であり、また政治的信条でもあるのです。

だから私は、決してウソはいいません。

そのことが、昨日の「全面安」の中で明白となったと思います。

●日本株マーケットを中心とした「潮目」を丁寧に説明し、皆様の
 ご質問にもお答えするCD版「原田武夫通信」。

●世界中で仕掛け、収益をあげているファンドなど「越境する投資主体」
 の動きを、世界中の新聞記事を追うことによって掴み、それをもって
 明日の日本マーケットで彼らが行う投資行動を予見するメールマガジン
 「元外交官・原田武夫の”世界の潮目”を知る」。

そして、

●私から、直接、口には出しにくい非公開情報までお聞きになりたい
 という方のために開講しています「原田武夫塾」。

怒涛の下げはこれから年末に向けてまだまだ続いていきます。
その先にあるものは一体何なのか……。

「真実」を知りたい方は、是非、今一度、私の語りかける言葉に耳を
傾けてください。必ずや、投資家としての皆さんの人生が変わるはずです。

そして……、変わるなら「今」しかありません。
もう、来年に向けたレースは始まっています。

2006年11月21日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_29










「原田先生!ケタは全く乗れなくて申し訳ありません」



Harada_1












「・・・・・・・・・・・・・・・馬鹿ケタ・・・・・・・・・・・・・」




Pic_merriman_1









「・・・・・・・・・・・・・・・・あほケタ・・・・・・・・・・・・・・・・・」





Photo_30













「へっへっ、次は頑張ろう!でもデント地獄になったらどうしよう?」

| | コメント (2)

ん~株の話も飽きましたね

日本株は長丁場の戦いになりそうですね。とにかく弱い。戻ってダラダラ売りが
続きそうです。気づけば含み損が拡大していく、そんな感じでしょうか?

以前書きましたが、メリマンの「今後の15年」と言う話を書いてみましょう。

「もしあなたが今後の15年間で成功したいならば、ごまかしの気持ちを捨て、
  恐怖の増大を食い止め、本物でないものを捨て、責任を持つことである。
  あなたは我慢して、あなた自身を超える何かに貢献して、過去数十年間の
  日常生活で学んだ、すべての精神面の人生の教訓を、応用することである」

「外部の世界の人生は、単純、かつ、自己中心的、唯物論的行為以上の
ものを要求する。それは人の行動が関連する他人の福祉におよぼす良心的
な配慮である」

「本当の進歩と建設的な変化には人々はきつい労働と努力を伴い、それは
  単なる良好な金融ポジションの個人的な栄光を示すものではない」

(もう少しこなれた翻訳がいいな~毎回こうだもんね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ん~これから読み取れることは、今後は単に出世やお金や物質的な豊かさ
から、簡単に言えば「世のため人のため」になることを実践する方が輝く時代
になりそうですね。戦後の日本を考えると、時代精神も変わってきました。

戦後の食うための時代から産業の復興・経済の発展・・・そして生活レベルの
向上・消費は美徳の世界・・・・そしてバブル崩壊後は「個人の幸福」が声高に
叫ばれた時代ですね。

しかしこの「個人の幸福」が叫ばれる中、癒し・自己実現・オンリーワンとかの
キーワードがメディアで叫ばれ、却って不安感に陥る時代ですね。そして「へっ?」
という事件や話ばかりが増える。秋月先生も、うお座最後の時代は、癒しとか
新興宗教とか「不安を一時的に避けようとする心理」がひどくなると、
警告しています。何が幸福かわからないものにふり回される時代ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たぶん、これからの時代のキーワードは「強さ」になると考えてます。戦後の
パラダイムはドンドン壊れています。バブル期以前の社会を私は知ってます
けど、なんとなく安心できるし、未来は第三次世界大戦さえなければ、もっと
良く、面白くなるんだろうな~と思えた世界でした。株の世界も長期投資で
日本のミニバフェトさん達がうじゃうじゃいたと思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「強さ」と言っても、人より金があるとか、人よりいい車乗っているとかの物質的
なものじゃなくて、もっと精神的なものなんでしょうね。「強く」なければ他者に
何か良き事はしようと思わないし、できないですよね。この前に書いた
DAIBOUCHOUさんは、株で儲かった金を、ベトナムの幼稚園の建設代金に寄付
したらしいですね。う~ん、若いのに立派ですね。私も地震とか津波とかの時は
少額ですけど、寄付しています。しかし・・・・損し出すと全然しないな・・・小物だな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ここからやっぱり株の世界に入るんですけど、株の世界で損するのは
結局、「弱い」からですね。だから高値を買わされて、安値を売らされる。
ごまかしの気持ちを持ち、本物でない怪しい株を買ったりする。信用では
追証になったことは一度も無いので良くわかりませんが、なんで毎回、毎回
追証が発生するのか不思議です。信用で失敗したらさっさと切ればいいのに。
恐怖の増大を食い止めないと。
どう考えても見込みの無い現物株も同様ですね。

そして今年の相場ではっきりしたとは思いますが、現在の株式相場は大口が
小口を上手に買わせて、上手に売らせる、そのためにメディアですら総動員する。
そんな傾向がますますひどくなってますね。今後もこの傾向はひどくなるでしょう。
きっと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケタさん、誰に言ってるんですか?」

「自分に言ってるんです。俺は中長期はまだ買わないぞ~大底を確認するまで
  買わない!そして買ったら今度は3年相場を長期ホールドするんだ~そして
  ピークの熱狂感の中で・・・・こっそり売ってやる~そして俺様の良好な金融
  ポジションを作ってやるんだ~・・・あれっ?本音が・・・」


PS:今見たら、しっかり株の話になってますね。私は以前「株は自己中心、自由
      にやるのが良い」と書きました。所詮未来の推理物ですから。しかし、自由は
       責任がついて回ります。株式における責任とは=損切りのことだと思います。
       「ありゃ、失敗した」と思った時に、どういうリカバリーを取るのかが、その方
       の強さを試す機会と思います。市場で「強さ」を鍛えましょう!

| | コメント (0)

不思議な弱さ

昨日のNYは下げましたが、相変わらず強いですね。メリマン経アメリカ本部の
会員は既に多くの方が昇天しているのかもしれません。

Photo_24







私は日本支部で良かったです。アメリカでこのブログ書いていたら、今頃は
射殺されていたかもしれません。しかし何で日本はこんなに弱いのでしょうね?

M&Aに絡む陰謀じゃなんじゃと言ってきましたが、単純に考えれば「去年、
買われすぎたから」・・・それだけの理由かもしれません。去年は日本株が
世界でも優秀なパフォーマンスで、ファンドも個人も殺到しました。特に個人は
6兆円もの信用買を積み上げて貢献しました。消化不良を起こしている。
長い時間をかけて消化しているだけかもしれません。しかも円安なもんで、
アラブの王子様はご立腹の様子です。しかも政策も不透明。景気に陰りが
出ているのに、緊縮財政は・・・・・困るな~

日本株式冬景色です。特に新興市場は大底をつけたとは思えないですね。

Photo_25








昨日はチャートを眺めてましたが、三菱商事は年足で24ヶ月線を割る水準です。
みずほももう少し、住友金属鉱山はまだ余裕。しかしそのうちにどの銘柄もタッチ
するのかな?と思われます。商事は何とか守れよな~ですね。今年の勝者は
トヨタ、キャノン、京セラみたいです。

このまま米国がソフトランディングに成功して、NYが更に上伸するとなると、
う~ん、デント経に改宗しちゃおうかな?となります。その場合は「日本以外の
アジア株」ですから、それも悲しいな~となります。そして買う銘柄は輸出系と
なるんでしょうね。「日本輸出系株+中国、インド株」になるのかな?少し怖い
ですね。

元外交官原田さんは、NYは年内はジワジワ下げて、1月は急落するだろうと
言ってます。そして沈黙を続けている原油が動き出すかなと言ってます。
これはメリマンの世界と同じなんですけどね。ド素人とは言え、一応投資家です
から、まぁ冷静に相場を眺めるのが一番なんでしょうね。いざとなったら
多神教だ~わっははははは、ですね。メリマン神社、原田神社、デント神社を
それぞれ祭ればいいんでしょうね?それにM&A、郵便局のマネーを考え
たら、「なんで日本をのけ者にするんだ~」が正常な感覚(欲望?)ですね。

短期は別ですが、メリマン経日本支部の皆様で、ド素人の方は主力は現金の
形で温存して、のんびりと日々を過ごすのが良いかと思われます。どうしても
拾いたい方は24ヶ月線見ながら、拾っていけばいいんじゃないでしょうか?

Photo_26







裁定買残、ダラダラ売り、円安、景気の陰り・・・・ここで上値を追ってくる買い方は
いないでしょう?日本個人もひどい目にあいましたが、アラブの王子様も株安、
円安のダブルパンチでひどい目にあいました。きっかけが必要ですね。
証券税制、M&Aに対しての基本合意、で地盤を固めて、円高への転換、
補正予算による内需振興・・・・このあたりが出てくれば上値を追い出すのかも
しれません?まだまだ先でしょう?

そしてそれは世界の悪が「やっと、アラブ人と日本人を追い出したな。じゃそろそろ
やるか」と言う日なのかもしれません。もしかして投資の世界ではアラブ人と日本人
は親友なのかもしれません。なんとなく、日本株と原油は同じような感じだし。結構
悲しいですね。アングロサクソンの仲間には入れてもらえないのかな?「馬鹿~
最後に買う奴が必要だろうが~」という世界なんでしょうね。1月上旬の最高値を
買ったあなたは「反省」が必要なのかもしれません。

Photo_27










まぁ春の来ない冬はありませんので、今はじっくり様子を見て、資源株、M&A株、
輸出株と銘柄を考える時期なんでしょうね?安易な信用買いは危険です。たとえば
住友金属鉱山とか(もう、いいちゅんじゃ)
やっぱり短期はド下手だしな~で私ものんびりモードに切り返えます。上昇になる
なら200日線を再度突破するでしょう?そして待てばやがて春が来て、買っては
儲かりで、「う~ん、俺って凄いぜ」と言う、脳内・お花畑状態が来るでしょう?たぶん。

Photo_28

| | コメント (0)

今日は大下げでした

「ケタさん、何をやっているんですか」

「日経弱すぎ~少しは戻るかと思いましたが、あ~先週手仕舞った1月物
  プットが~あ~先物買いが~」

「ど下手ですね」

「先物買はたいした損じゃないんですが、リバの王様♪♪住友金属鉱山♪♪
でひどい目に会いました。あ~風の又三郎さんの視線が痛い!チクチク」

Photo_22





「それで今後はどうするんですか」

「今日の下げ見ると、今晩のNYもかなり下げそうな感じですね。明日は
15513円見にいくのかな?その後戻り?次の変化日は24日と
27日ですから、本命27日で15200円~15300円くらいまで行くんじゃ
ないですか?降り注ぐ裁定買残と信用の追証の投げがあるでしょう?」

「その後は」

「15513円下回ると、そこが抵抗線ですよね?NYの暴落が前提ですけど、
  しばらくうだうだして、日柄から見て、12月19日~20日頃に24ヶ月線で
  14200円~14300円をつけにいくんじゃないでしょうか?」

「そんなにいきます?」

「あくまでNYがメリマンの言うように暴落モードになったらですよ。でも確率は
高いな~と思ってますけど」

「買いは?」

「すぐにリバ取りだ~といきますからね。でももう買わない(何回目だ)。
  12月20日になるまで買いません。戻ればプットですね。1月物プット
  少し買いました。 そして明日踏み上げられたりして。ぷっぷっ。
  とにかく反省です」

Photo_23













「まぁこんなもんですから、500万円に限定しとかないと危ないですね。
  とりあえず、今晩のNYですね」

PS:ふ~ん、と言いつつ明日になれば気が変わってリバ取りじゃ~と
      買いにいくかもしれません。まぁ皆さんも短期は気の向くまま
      頑張りましょうね。しかし中長期はじっくりですね。
 
 

| | コメント (4)

弱すぎ~

弱すぎですね~

仕事にならんやないか~

2時45分まで戻りなければ一旦清算ですね。

今夜のNYを思うと怖すぎ。ではのちほど。

| | コメント (0)

トッピックス1勝11敗?

すごいですね。先週はアラブの王子様が怒ってたみたいですが、
今週は裁定買残を狙ってきているんでしょうね。

しかし、一旦は戻るタイミングでしょう?ど素人の売り方を踏み上げ
ないと。遊びで先物買ってみました。ではまたのちほど。

| | コメント (0)

個人投資家は頑張りましょう

う~ん、書くネタも切れてきました。

そこで、株雑誌ダイヤモンドザイの8月号を久しぶりに読み返してます。
成功した個人投資家の特集が面白いんですね。

一番有名人はもちろんジェイコム君なんですが、この方は別格。お話に
ならないくらい凄い。LDショックの日に損切りして一日で3億円損したのかな?
度胸も良いですね。プロはこの方の話題を嫌がる。そりゃプロがミジメになるよな。

DAIBOUCHOUさんも面白いですね。100万円からスタートして、03年から信用
スタート。それからあれよあれよで06年1月には11億円。6月時点では6億円
まで減少したらしいです。

まぁ通常の方は何かの仕事を持ってるんで、ジェイコム君の真似はできないと
思うけど、DAIBOUCOUさんのスタイルは参考になりますね。但しそのスタイルを
参考にした方は、今年死ぬような目にあってると思いますが。

よくプロの方は、個人投資家を程度の低い集団と見がちです。下落相場が
来れば、本当に悲しいくらいに資産を減らしていくからです。でもね、上昇
相場の時にプロが逆立ちしても勝てないパフォーマンスを叩き出すのも個人
なんですよね。なんせレバをバリバリ効かせますから。WWW

プロと言っても、私はあまり評価してないです。澤上さんも所詮インデックス並みの
成績だし。だったらETF買っておけばいいんじゃない?と思います。澤上さんは
欧州的な長期投資をモットーにしているんで、なんとなく知的インテリジェンスを
感じるんでしょうね?HFやファンドは馬なんですね。馬主はお金をだした個人
です。HFの一部はよく破綻しますよね。馬の分際でガタガタ偉そうに言うな
とにかく走れと。日本のファンドでインデックスをはるかに上回って大成功した
ファンドなんかあるのかな?名和さんくらいじゃないのかな?今年は苦労して
いるけど。

ジェイコムさんやDAIBOUCOUさん達が出てきて、私は面白いと思ってます。
金だけなのか~と言われますが、それでいいんじゃないでしょうか?後は
その方の人生ですね。他人の人生にあれこれ言うのは好きじゃないですね。
毛色の変わった奴の方が面白いですね。そして若い方は、あれこれ試行錯誤
で頑張ってますね。DAIBOUCOUさんも中国株にシフトを始めているし。

以前ヤフーの掲示板である若い方(だろうな)の投稿で、ある銘柄を毎日寄り成り
で買う。約定したら即、ちょっと上で指値売りを出す。その取引を毎日やって、
数ケ月で3百万円を儲けた。という投稿がありました。

「へ~凄いな~若い奴は頑張ってるな~」と感心しました。寄りが最高値にならない
銘柄の選定から始まって、自分の資金ポジション、そして寄り一瞬勝負が終われば
その後は取引しない自制心。う~ん、凄い。

「そんなの株取引じゃない!」と言う方もおられると思いますが、それは言う方が
おかしい。ルール違反ではありません。むしろ株取引なんてそんなもんだよ、と
いう考え方もありですね。彼が寄り勝負で、その後の時間を有意義に過ごすこと
で彼の人生にはプラスなのかもしれませんし。

プロが一生懸命にやって、時間の大半を注ぎ込んで、その年のインデックスが
▲20%、でも僕は▲15%だったから凄いでしょう?と言われてもね~澤上さん、
バフェトはコカコーラが下落してても資産増やしているぞ~なんでだろう?
プロのファンドは毎日寄り買いの彼のパフォーマンスの足元にも及ばない。
ネット証券とデリバティブの発達で株式投資のルールがかなり変化しています。
試行錯誤で取り組めばいいんじゃないでしょうか?

なんでもありの市場です。大手証券もレーティングで無茶苦茶する世界ですから。
この世界はとにかく「徹底的な自己中心」がベストですね。責任は100%自分が
とらされますから。

だから権威ある方が、「これかはハイテクです」と言っても「うるさい!そんなもんが
来るか!」でOK。「日経平均はこれから上昇です」と言っても「うるさい、これから
24ヶ月線目指していくぞ~」でOK。「そんな、怪しげなメリマンなんて~」も
「うるさい、面白いからいいんだ~」でOK。間違えたら・・・「ごめんなさい~
ド素人なんです~」で過ちはすぐに認めましょう。

そして個人投資家の最大のメリット。「難しい相場はお休み」。これが最強の
メリットですね。その間は銀行に資金を入れて、債権運用してると思えば良い
ですね。下がる時は徹底的に下がらないと株は逆回転にはならないです。たぶん。
私は今週に主力軍を別のネット証券に入金しようとしましたがやめました。来年
にします。どうも日本の景気に黄色信号が点滅を始めましたね。悲観論が強く
なる可能性が大ですね。ド素人ですから、お猿の相場をじっ~と待ちますね。
特に新興はこれから崩壊相場へ向かう可能性が大のような気がしますね。
週足で買いサインが出ない限りとても危険。
う~ん、Vテクめ~・・・またやってしまうかも?(おいおい病気か)

とにかく私が言いたいのは、攻める姿勢が無いと株式相場はしんどいですね。
待つのが最大の攻めかもしれないですね。それに私はここから日本株が
上がろうが下がろうが実はどちらでもいいと思ってます。どちみち円高へ向かう
局面が出てくるでしょうし。福井総裁もあれだけ言ったのでやるでしょう。
その時は週足見て、下げまくった資源・内需の買いサインが出れば淡々と
拾うだけですね。新興の優良銘柄もそうですね。とっても気楽に構えてます。

う~ん、何かよくわからに話ですね。まあ未来の正解なんて所詮誰にも確証は
無いんですから、自分のやりたいようにやるのが良いんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

来週が山場ですね

と毎週言ってるような気もしますが。

NYはさすがにSQでした。強い。しかし北米BBレシオは悪化しています。
そして住宅指数も陰りがでてきました。さすがに来週は押しが入るでしょう。
更に、この米国の株価をどう見るかで意見が分かれてます。

メリマンは大幅な調整に見舞われ、来年前半は米国株価はさえないと見て
ます。・・・・・理由は・・・・・アストロジーです。ぷっぷっ。
デント氏に代表される方は、調整があっても引き続きハイテク株を中心に
2万ドル、3万ドルへの上昇と見ています。

私はメリマン教徒ですから、大幅な調整に決まってるじゃないという立場です。
来週から調整が始まり、山場は元外交官原田さんが言うように「クリスマス
商戦の数字」を確認する1月です。失望売りに見舞われると思ってますが?
メリマンは原油とNY株式について時期はかなりづれていると思いますが、
16日~17日が大きな転換になるのかな?と思ってます。それに福井総裁も
ドル資産の急変に警告を出していたし、まぁそのうちわかるでしょう。

日本は外需頼みの内需弱しが鮮明になってきました。個人消費は本当に
弱い。なのに政府は緊縮財政と増税路線を強化しようとしています。
米国の要請で来年どこかで内需振興に舵取りが変わるタイミングがあるんで
しょうね。それまでに大底の資源と内需を拾わないと。

月曜日はなんとか陽線をお願いしたいです。CMEの低さがわざとらしくて陽線
の確立は高いと思ってます。下のような線にならないかな?引けにプット攻撃
ですね。第二次ハルマゲドンです。

http://www.geocities.jp/kabu_soubasi/chart/sagesasikomi.html

米国が調整に入れば、米国は世界の主要国に内需振興を求めるでしょう。
私はそれが2010年のカーディナルクライマックスへの必須事項と思います。
米国3億人におんぶに抱っこじゃね。中国13億、インド10億、中南米、中近東、
旧ソ連・・・・・・2007年前半はもたつくかもしれませんが、その後は世界経済
の爆発的な成長が見れるんじゃないでしょうか?そしてエネルギー・資源の
枯渇がヒステリックに叫ばれる。

元外交官原田さんは最新のコラムで、「代替エネルギー」「環境」「アフリカ」が
次の民主党政権に向けてのテーマになるだろう?と言っています。

http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person5/column_person5.html

そして代替エネルギーを促進するために、原油は今はボトムですが、再度高騰に
向かうだろうと。いずれ「夢のエネルギープラント」が発動するんでしょうね。
ITバブルでもそうでしたが、ITバブルになり、莫大な資金が株式市場を通して
IT企業に注がれました。そしてその資金でインフラを整備する。インフラが整備でき
たら、「ハイ、お終い。投資家の皆様ご苦労様でした。10年後をお楽しみに~」
という世界でした。代替エネルギーも似たような世界になるかもしれませんね?

さて夜明け前が一番暗いと言いますが、日本株は現在何時なんでしょうね?
日経平均の話はどうでもいいです。今年ほど日経平均に騙された年は無いの
かもしれません。特に個人投資家にとっては。LDショックから日没とすると
現在は真夜中の12時くらいじゃないのでしょうか。これから日本株は午前4時
に向かっていくんでしょうね?するとNYは現在午後2時くらいでしょうか?
政府の内需振興への臨時予算が鶏の鳴き声になると思いますが、さぁどう
なるんでしょうね?

| | コメント (4)

今週の成績

今週の成績は505万円です。先週比+5万円です。

日本水産
石油資源
PGGIH
三菱商事
NTT

現金比率46%
信用・先物・オプション、無し

オプションは珍しく30万円程勝ちました・・・・うあはははははは。
しかし現物の値下がりと、Vテクのリバじゃ~でやられました。
新興は危険だと言っておきながら・・・・麻薬みたいなもんですね。
でも流石に新興には愛想が尽きました。(なんか前も言っていたような)

今週はプレハルマゲドンだったみたいですね。来週こそ本番かもしれません。
そのためには月曜日は下から始まって何とか上げてほしいです。すると
トピックスは2勝10敗のままになります。その後7日連続下げようと2勝10敗
です。やはり私のパラダイムでは1勝11敗は記憶にありません。そうは言っても
GSのオプションポジション見ると・・・まさかね~と言う可能性はありますが。
日経平均の次の変化日は24日~27日。米国(日本共通)は12月1日~4日、
次が12月19日~20日。

私はITバブルなんぞ信じてません。そうだったら古河電工も上げてないとおかしい。
輸出系バブルも信じてません。そうだったら船井電機も上げていないとおかしい。
ただ単に日経平均を操作しているだけ・・・・・臭いです。
半導体も北米BBレシオに続いて月曜日に日本BBレシオが発表になるので
趨勢がわかるはずです。

元外交官原田さんの言っていた「プロは日経平均なんか見ない。操作されるから、
騙しの指標に気をつけるように・・・・・・」との言葉が今年ほど実感できる年は無い
かもしれません。日経平均への考え方を見直す必要があるかもしれません。

何度も繰り返してますが、もしこれが外資による徹底的な振るい落とし相場で
あるなら、NYが調整モードになれば容赦無く下げてくるはずです。NYがこれ
だけ上げても追随できない相場が年末までに上がるとはちょっとファンタジー
ですね。

そして大底を打ったと見せかけて、来年1月にも下げは来るはずです。
ドイツの武者が日経2万円だ~と言い出したのも、「あの武者が2万円と言い
出したら・・・・もう駄目だ~」と個人に思わせる高等戦術かもしれません。
(ホントか?)

原田さん情報によるとドイツ語圏は日本ブームでファンド筋は日本株が安くなった
年末年始頃から買い始めるかな?なんですよね・・・・怪しいぞ武者~

しかし私は感じます。2002年~2003年にかけてのあの陰湿でどうしようも無い
相場。真っ暗でした。そして夜が明ければ強烈な上昇相場がやってきました。
そりゃそうですよね。2002年2月から景気は回復モードに入っていたのですから。
彼らがこれでもか、これでもかとやってくる程、来年は素晴らしい相場が実感
できます。テクじゃファンダというより、何か体で感じます。実態があり、しっかり
努力している企業は何の心配も要らないんじゃないでしょうか?

安易な信用買いは危険ですね。たとえばVテクのリバ取りとか。(おまえじゃ~)
とは言っても、麻薬みたいなもんですから、失敗したら即、損切りして次に
備えるべきなんでしょうね。1月にはほんとゲロゲロと言うほど下を見ているかも
しれませんね。生き残ればまた楽しい相場はすぐそこですね。といいつつ
年末高になったら、ごめんなさい。

| | コメント (5)

なんでだろう?

なんでだろう?なんでだろう?と少し古いギャグみたいな相場ですね。
今日は金曜日ですが仕事。前場の適当なとこでプットを利食い。
お昼みたら上昇してたので、コールを少し買いました。そりゃ戻りだろな~と。
少したって携帯みたら下げている。なんでだろう?なんでだろう?の
世界でした。何か変な悪材料があっても嫌だし、さっさと捨てました。

メリマンは言いました。「10月23日~12月5日まで株価は苦闘するだろう」
私はメリマン教の日本人信徒で良かったです。アメリカ人信徒なら今頃
踏み上げで死んでいるでしょうね。WWWW

トピックスは2勝10敗。月曜日も下がれば1勝11敗。こんな数字見たこと無い。
さすがに月曜日は上がるんでしょうね?今日のNYはSQですので、来週からの
NYに注目ですね。調整始まったら日経はどうなるんだろう?北米BBレシオは
0.93だったらしく、ハイテクバブルになるのかな?

NYはもうどうでもいいのかもしれませんね。新興株の病気にトピックスも
かかったみたいです。北尾君大丈夫か?裁定買残が20億株まで減ったら
新興株、18億株まできたら主力株なのかもしれません。下手に中長期の
買いを入れるのは危険ですね。12月のSQまでのんびり構えるべきかも
しれません。そして年末年始に上昇しても、またまた1月に「馬鹿め~
またまた下げじゃ~どははははは」とやられるのかもしれません。
5月=11月、6月=12月、7月=1月のイメージでしょうか?まぁ決め付けは
いけないですけどね。

原田さんも「え~」と言う企業の不祥事が出てくると言っていたし。
「帰ってきたキム核君」「え~と言う企業の不祥事」「日銀の利上げ」
「中東の混乱」う~ん、まだ何かあるのかな?一番よくわからないのが日銀の
動きですね。マネーサプライ絞るし、利上げで雰囲気悪くするし、これで
こっそり保有株を売っていたら・・・・・・お前な~誰の命令やねん!ですね。

2002年5月~2003年4月まで日経平均は約1年間ひたすら下げました。
なんか似てるな~と思います。新興三市場のチャートを見ていると。
そして中小型株も同様ですね。日本フィルコンのチャートなんかみてると
何がハイテクバブルだ~と思えます。インチキ日経平均に騙されている
だけかもしれませんね。買い方の回転がまったく効いてません。極めて
弱い相場ですね。外資も底は拾うが買い上げてくる動きはありません。
2002年と同じ動きですね。鬼の外資ですから、この場合は最後に「ギョエ~」
となると思います。1月で終わろうよ~2月からは頼むで~ホンマ~ですね。

暗い話ばかりじゃ気が滅入るので、明るい話をしましょう。私は根っこは
買い方です。・・・・・・・・・・・・・・・あれ?・・・・・・・・えっ~と・・・・・・・無い?

日経平均のチャートは75日線上ですが、トピックスは日足も週足も下落トレンド
みたいです。ボックスの下値の確認に言ってる最中だと思えます。急速に
戻せば別ですが。1540ですむか?1440かの確認ですね。

| | コメント (0)

弱すぎ

昨日、NYを見て、うん?なんでまだ円安なんだ?と思いました。
「しまった、日銀はまだ利上げはせんぞ~デント地獄か???」
と思いましたが、風の又三郎さんの励ましもあり、まぁ踏まれたらそれも
いいわ~と放置しました。FRBも日銀もそのままです。しかし日経は弱い~

これは何だかんだ言っても、元外交官原田さんのいう通りかもしれませんね?
外資の邪悪な意思。なんか2002年のような雰囲気になってきました。しかも
NYの上昇が却って腹が立つ。政府も悪材料を作って味方してる?

「来年のM&Aのため、無理下げをして、下を拾う」・・・こういう話は市場関係者
は決して口にしません。なぜならインサイダーぽいし、確証がもてないからです。
しかし現実は2002年もそうでしたが、結局、あ~そういうことか~となります。
買っても買っても駄目。もういいわ!となります。なんでだ~と信用で買い向か
った方は最後の下げで投げ出さざるを得なかったです。

昨日もCD聞いてましたが、なんせゴルゴ13の世界ですから、気分が悪くなり
ます。「泥に咲く蓮の花~泥に咲く蓮の花~」と念仏を唱えながら聞かないと
怒りがこみ上げてきて、邪悪な波動になってしまいます。

まぁNYが本当に危険なのは来年早々、まだまだゲロゲロという悪材料が出て
くるそうです。美しい心でいたい方は聞かない方がいいかもしれないですね。
個人消費は盛り上がりません。企業の内部留保に消えていくし、サラリーマン
も年配の方は将来が心配だから貯蓄に回す。聞こえてくるのは庶民の増税
ばかりです。多くの若い方は景気回復の犠牲になっています。なんかな~
株が上がればすぐに世の中明るくなるのに。

じわじわ下げていくと、逃げ遅れるケースが多いです。最後にはガラがくるかも?
直近は裁定買残が攻撃の対象になり、年明けはNYとその他もろもろの悪材料
が攻撃の対象になるんじゃないでしょうか?それによく考えると「俺たちが買い
終わってから、利上げだぞ、わかったか~福井~」という世界かもしれませんね。

NYはもうボチボチ買い疲れでしょう。16日~17日の前後3営業日が変化日
ですから、高値を出したか、もう一度出すかでしょう。
12月物プットは決済しました。サイコロがあまりにも弱すぎ。一旦反発してもら
った方がいいけどな~1月物は放置です。ドカンと下げれば利確します。
どうもマメに利確して再度購入したほうが良いですね。時間減価はやっぱり
嫌だ~(と体で覚えたど素人)

今の日本株は風の谷のナウシカにでてきた巨人兵みたいなもんでしょうか?

「あの売り方を焼き払え~」

「ゴ~~~」

「もう一度焼き払え」

「ゴ~~~」

「また来やがった。焼き払え」

「プッスン、プッスン」

「どうした、それでも世界に君臨した日本株か」

「駄目だ、まだ腐ってる・・・・」

| | コメント (4)

とっても変な相場です。

変な相場です。今日当たりは絶好の踏み上げが狙える日だったのに・・・・
CMEが16400円だったので、先物16380円あたりでプット第一弾を買い
ました。今日はそのままお客さんのとこにいました。今帰りましたが、「?」
と言うくらい弱すぎます。サイコロのためには今日は+引けが良かったのに。

明日が日銀の政策会議ですが、利上げになろうがなるまいがどちみち時間
の問題でしょうから、それを織り込みに行ったにしては値嵩ハイテクの値上り
は良く理解できません。何かとっても嫌な悪材料が隠れているかのような
弱さです。サイコロは弱さの限界に近いので、明日、明後日がプラスだったら
プット追加買ですが、下げれば静観かな?1月物は放置。12月物は今度は
短期ですね。

テクでもファンダでも異常な相場は続きます。今年はずっ~と異常です。
もう皆さんもわかっていると思いますが、なんで新興がここまでボロクソに
下がったか?ファンダやPERの問題もありますが、一番の理由は
○クザや在○の真っ黒な資金が匿名投資組合を利用して流れ込んだから。
と言うのが一番の理由ですね。関西出身の社長がいる新興、その他ちょっと
危ない方々との付き合いのあった企業・・・・・そんなのばっかりでした。
もちろんマトモに努力している新興の方が多いですけど。LDショックで
それらの資金が一気にエクソダスになっちゃた~ということですね。

そしてこれは元外交官原田さん情報なんですが、まぁ以前のCDだから書い
てもいいのかな?一応有料だしね。でも書いてみよう。

「何を書くんですか?」

「北朝鮮は実は東アジアのスイスであるという話です」

「はぁ?何ですかそれは?」

「北朝鮮は実は独裁国家や怪しげな資金が流れ込み、それを国際金融市場で
  運用をしているんです。投資銀行業務ですね。キム君はファンドマネージャー
  なんです」

「はぁ?何を馬鹿なことを」

「私も最初に聞いた時は「はぁ?はぁ?はぁ?」でした。でも実はそうらしい
ですよ。デビィ夫人も顧客の一人らしいです。だからわかるでしょう。日本の
パ○ンコ業界や○クザの資金が流れ込む理由が」

「どういうことです」

「公式的には親族や家族が人質みたいになっているので、嫌でも北朝鮮に
  資金を献金しないといけないのかな?みたいな話になっているでしょう。
  違うんですよ。黒い資金が北朝鮮で運用されているんですよ。そしてそこで
  更に膨れているんですよ。もちろん北朝鮮も一定のフィーを取っているん
  でしょうけど」

「何ですかその話は」

「ひよっとしたら、野村の日本戦略ファンドなんか比べ物にならないくらい優秀
かもしれません。それに日本で運用すると足がつきますしね」

「ゲェゲェですね」

「それが権力にとって無視できないくらいの存在になったのかもしれないですね。
  だからLDショックでしょう。安部政権が北朝鮮に強硬な姿勢を取るのも、実は
  国内のそのあたりの問題にメスを入れるつもりなのかもしれないですね。
  実は国内問題だったりして」

「しかし米国は黙ってないでしょう?」

「ところが、米国及び英国はひそかにジョイントビジネスを展開しようとしている
  らしんですよ。2010年上海バブルから資金を抜く時に、いままでは香港でし
  たけど、中国当局の目もきつくなっているので、北朝鮮の金融ルートを利用
  したいと言うのが本音らしいですよ。そしてその話は日本と韓国をのけ者に
  したいらしいです」

「汚い~」

「今の相場もそうでしょう?ファンダやテクじゃ説明が難しい弱さです。私もメリマン
  が秋の2番底と言ってましたが。なんで?なんで?と思ってました。ちょうどその
  時に原田さんのCDを聞いて、「外資は来年の三角合併のために、この秋に
  力づくで株価を下げて安く仕入れる」と聞いて初めて、納得~でした。
  そして日銀はマネーサプライを絞る。更に納得~でした」

「そんなのに納得してていんですか?」

「だって弱小投資家だも~ん、私の資金なんてスズメの涙、いや涙が怒るかも?
  今の景気拡大もそうでしょう。2002年2月に始まってますよ。株価の上昇は
  2003年4月からですよ。何が株価の先行性だ~馬鹿馬鹿しい。不良債権を
  ネタに銀行を苛めて、持ち合い解消売りを強行され、無理やり下げられたん
  ですよ。今の下げもひょっとして日銀が一旦受け皿になった保有株を売却
   しているかもしれないですよ。わかっちゃいるけど、逆らえない。それが
   福井総裁の警告かもしれないですね。利上げがでるまで株を買うなと言う」

「酷いですね」

「私の尊敬する名和さんは、日本は金融奴隷国家から抜け出すことはできない
  な~と最近書いてますね。帝国は属国から絞るんですよ。そうしなければ帝国
  が維持できなくなってるのかもしれないですね。なのに属国の民は反中に熱心。
  アホな構図ですね」

「どうすればいいんです?」

「そんなの私もわからない。しかし一番大事な事は・・・・・」

「大事なことは・・・・・」

「次の3年相場に上手にエントリーすることですね。(ああ~なんと志の低いケタ
  なんだろう)」

「なんかすごく寂しいような~」

「私はアジアをあちこち見て回りましたが、どこの国も酷いですよ。国家は権力者
  のためにあるような。戦後の日本はあまりにも理想社会に近づいたんですよ。
  悪を知った上での善は強いというじゃないですか、汚い現実を知った上で、
  戦って、しかし染まらずに、泥に咲く蓮の花を目指すという・・・・なんか訳わからん
  話になりましたね。原田さんのCD面白いですよ。皆さんも時々買ってみてね」

PS:明日は金利が上がるかもしれないと言うのに、円安が進展してますね。
      なんかとっても変な相場。また嵌め嵌めかもしれないですね。
      金利上げが無ければ、上げる可能性がありますね。プットは短期に
      徹して遊びます。原田さんの最新のCD聞いてますが、中長期の買いは
      もしかして来年になるかも?とにかくNYのギョエーと言う下げが来ないと
      中長期の買いは入れられないですね。トホホホホ。

| | コメント (4)

さあハルマゲドンですね

「ケタさん、やっぱりプットでいくんですか?」

「私はメリマン原理主義者ですから、いよいよ明日からプットです。ジ・ハード
ですね。お願いだから明日も上げてくれ~ですね。明日と明後日にかけて
  プット買いですね」

「ここから上昇相場に転換じゃないんですか?」

「今日の足は捨て子ですね。その後の上昇は微妙なんですよ。FRB、日銀、米国の
  指標次第ですね」

http://www.geocities.jp/kabu_soubasi/chart/sutego_sita.html


「大丈夫なんですか?」

「ぷっぷっ、もうこれは信仰心の問題ですね。インチキなデント経を倒さないと。
  デント経はヒラリークリントンが大統領になってから信仰しましょう。打倒
  ネオコンのためには今のNYは暴落が良く似合いますね。9.11もインチキ。
  イラクもインチキ。株高もインチキ。それがいいんじゃないですか?」

インチキ帝国皇帝ブッシュ。もうよちよち歩き。

Photo_16














そしてインチキ帝国、ボールソン元帥


Photo_17










インチキ帝国、総参謀長、デント。お前は何者だ?

Photo_18














そしてインチキ帝国のパシリ、武者宣伝部長

Photo_19









VS

インチキから個人投資家を守る。正義の連合軍

メリマン法王

Pic_merriman











元外交官、原田情報部総参謀長

Harada












そして怪しいブログの・・・・ケタ

Photo_20














「ケタさんは・・・日本人じゃなかったんですか?」

「ああ、すいません友達の写真と間違えました」













そして・・・ケタ


















Photo_21

















「・・・・・・先を続けてください」

「しかし、この前のプットはデント火炎地獄を十分に味わいました。あれだけ耐えて
15万円。そして昨日買ったコールは今日売ったらもう17万円の儲けですから、
面白いですね。今度は良く考えてエントリーします。16500円を超えてほしいけど、
9月4日の16414円は越えないかもしれないですね」

「9.11の真実はどうなるんですか?」

「あれは写真みてもあまりにも仕事が雑ですね。まるでバレてほしいかのように。
  何か意味があるんですよ。9.11が問題になるのも、イラクで勝てないのも、
  そして民主党が躍進したのも、きっと何か意味があるんじゃないんですか?
  なんとなく、2010年のカーディナルクライマックス、そしてその後の世界に
  向かってスピードが加速しているイメージですね。これまでの当たり前と思って
  いたパラダイムがどんどん壊れてますね。日本で核保有の議論が堂々と起きる
  なんて。投資の世界もそうかもしれないですね。デント火炎地獄かメリマン
  天国か?来週にはわかるでしょうね。ぷっぷっ」

「しかしケタさん・・」

「メラメラメラ(燃えてます)、何でしょう?」

「少し恥ずかしくないですか?」

「ああ~いい年こいて何をやってるんだ俺は~」

| | コメント (12)

またインチキですね

やっぱりインチキGDP・・・・結構良い数字でした。2.0%増。

でも消費は弱いし、外需頼みですね。もういい加減にせんかいと
世界中から怒られそうです。円安の恩恵は長くはないでしょう。
世界の通貨に対しての円安。輸出系企業のわが世の春は長く
ないと思います。それに少々円高になっても平気でしょう。強いし。

日銀の利上げ環境は整ったのでは無いでしょうか?早ければ今週に
やる可能性が出てきましたね。そして円高・ドル安に変われば、風景が
変わると思います。内需の弱さがクローズアップされるんじゃないで
しょうか?

そして米国の風景も「円キャリー」が本当のところどれだけNYの株高に
貢献していたのかもわかると思います。昨日は円安に向かい、NYは
株高でした。日銀の福井総裁が金利上げに言及しているのにおかしな
ことです。最後の祭りを楽しむかのように見えました。インチキ臭さ~
ドルの金利をこれ以上上げるとは考えられないし、日銀はまだまだ
当分金利を上げないと市場は考えているんでしょうか?

外需頼みの経済は弱いです。日本は内需主導でいかないと。円高で
内需に活を入れたほうが景気は良くなります。マネーも日本に流れて
くるし、日銀がマネーサプライを増加すれば大丈夫?但し一時的に
暗い景色になるでしょうね?

コールは売却しました。結構戻したので、サイコロ整えるためにも明日・
明後日も上げて、16500円以上を出してほしいな~と思ってます。
プット買いたいですね。木曜日の日銀の発表と、その夜のNYの重要な
経済指標ですね。失敗したら・・・・またまたデント地獄ですね。

米国も似たようなもんだと思うんですけどね。多国籍企業の業績も今は
良くても、米国国内の消費や景況感がダウンすれば影響は避けられない
でしょう。なんせ世界一の市場ですから。住宅市場指数に注目ですね。

どこの国もそうですけど、市場は悪がきですよ。親がやさしく注意している
のに聞きやしない。「ええ加減にせんかい、コラー」と親が怒鳴る。
子供が「ウェーン」と泣き出す。「あ~そんなに落ち込まなくていいんだよ」
と親が慰める。そして初めてソフトランディングです。米国はそんなに優秀か?

米国は景気減速・・・・後退じゃないか~?と景色が変わっていくと思います。

| | コメント (2)

これは既に暴落モードですね

みずほ酷すぎ。ほとんど6月レベルまで下落している。野村は年初来安値。
元外交官の原田さんが言うように、操作される日経平均かもしれませんね。
日経平均は一部の輸出系でそこまで酷く無いようだけど、個別は酷い目に
あってますね。新興から始まって、個人の好きな株が軒並み酷い下落。
よくPERじゃPBRじゃと言いますが私は相対的なもんだと思ってます。
三菱商事の現在のPERは説明できないくらい酷いレベルです。
春もそうでした。日経の高値の影で個人が泥沼に入りつつありました。
そして日経が急落したら屍の山を築きました。

日経平均をうんぬんと解説しても意味の無い相場なのかもしれませんね。
5月の連休前に多くの方が強気でした。日経平均が結構強かったからです。
下げてもそんなんに深い下げにはならないだろうと・・・・・・
私は違和感を感じていました。それよりインデックス、USENショックの方が
大きな問題と感じてました。一番の理由はメリマン読んでいただけかもしれません。

11月は酷い暴落相場に既に突入してますね。本当は2月の新興市場の
暴落から始まっていたのかもしれません。指数と個別を上手に操作されて
気づいたら個人は逃げるのが遅れただけなのかもしれません。

これが外資による徹底的な振るい落とし相場と仮定するなら、私ならどう
するか。どこかでショックを利用して最後に日経平均をガスンと下げますね。

今日はPGGIHを拾いました。あくまで打診買いです。なんかとてもタチの悪い
相場のようなので、こういう時は「買い下がらない」ことですね。むしろ資金を
3分割くらいにして、11月はこれだけ、12月はこれだけ、1月はこれだけ・・・
と買っていく方が固いのかもしれません。もちろん中長期の話です。短期は
お好きなように「おらおら」と行けばいいんじゃないでしょうか。私も少しコール
を買ってみました。遊びですね。16200円以上に戻ってくれれば、今度は
プットです。個別は個別、日経平均は日経平均ですね。

日銀が利上げして、円安ドル高の是正に入るのは時間の問題とは思いますが、
いつなのかわからない。参院選に向けて株高に持っていくなら、2月~3月
あたりから上昇相場に持っていくはずです。そうすると遅くても1月までには
利上げするんじゃないのかな?と思われます。

それにNYの株高が本物なのかどうかもわからない。今週ある程度はっきり
するんでしょうね。米国は今後、政治リスクが高くなったと思います。そんな
国の株高をあまり信じる気にはならないですね。

ブッシュは「敵には負けない。必ず滅ぼしてやる」とテロリストに向かって、言った
らしいですけど、誰が敵なんでしょうね?真実と信頼できる政府を求める大衆に
向かって言ったかのように感じました。ベンジャミンさんは王道を歩いてきた
ジャーナリストです。その彼が9・11は米国政府のやらせであると断定している。
多くの科学者や軍人退役者が真相を明らかにするために動いている。米国の
大手メディアは自滅への道を歩んでいるかのようです。

ベンジャミンさんの本を読んでも、CIAが麻薬ビジネスをせっせとやっていた
ことは明らかにされてます。なるほどだからアフガニスタン戦争だったのかと、
最近以下の新聞記事を読んでわかりました。世界は想像以上に金持ちと
権力者が汚しているみたいです。株式市場も外資やHFが己らの利益のために
あれこれ汚いことばかりしてるみたいです。我々はタフでなければ生き残れない
のかもしれません。

 【北京=野口東秀】「アフガンタバコ」「黄粉」などと呼ばれるヘロインが、
大量にアフガニスタンなどから中国に流入している。中国公安当局による
と、新疆ウイグル自治区のウルムチ市だけで2000年の7倍、約7トン
ものヘロインが流通しているという。中国紙「南方都市報」がこのほど
報じた。これらヘロインは最終的に北京、上海、広州など都市の「地下
市場」に流れ込んでいるという。

 ヘロインは、アフガニスタン、パキスタン、イランの国境地域「黄金の
三日月地帯」(ゴールデン・クレセント)から新疆ウイグル自治区に密輸
されるという。

 ウルムチ市だけで中毒者は1万人を超えるといわれ、同市の疾病コント
ロールセンターの担当者によると、人口1900万人の同自治区では今年
6月現在で、エイズウイルス(HIV)感染者が1万6000人いるが、
うち1万2000人は注射の回し打ちなど、原因はヘロインに関連している
ものという。

 「アフガンタバコ」の特徴は、東南アジアのヘロイン生産地「黄金の三角
地帯」(ゴールデン・トライアングル)産に比べ、「4倍の吸入効果があり夢
心地となる。中毒者にとっては、ゴールデントライアングル産はくず同然」
とされる。

 「黄金の三角地帯」では、摘発強化でアヘンの原料となるケシ畑が減り
アヘンの生産が急減、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、アフガニ
スタンが世界1の供給国と報告している。

 「アフガンタバコ」の販売価格は、1グラム600元(1元約15円)で、
1グラムが20パックに分割され、1パック40元から50元の安さで販売
されていることも市場拡大の要因だ。

 販売組織は、アフリカ人、パキスタン人を運び屋として雇い、体内に
隠すなどの方法で1キロ単位で密輸、成功報酬は4500米ドルという。

 中国国家禁毒委員会は今年6月、ヘロインなどの麻薬や覚せい剤の
常用者が昨年末で78万人、ヘロイン常用者の7割が35歳以下と深刻な
状況を報告している。中国当局は昨年、薬物事件で5万8000人を
摘発、ヘロイン約7トンを押収しているが、当局者は、新疆ウイグル
自治区になだれ込むヘロインの量は、摘発分の約10倍と指摘する。

                                                
(産経新聞) - 111280分更新

※運び屋なんてダミーですね。真実はCIAが飛行機でガンガン運ん
   でいるのかもしれないですね?腐った中国役人に腐ったネオコン
  米国政府。米国の自浄を期待したいですね。腐敗して貨幣価値を
   維持できずに自滅したローマ帝国になるんでしょうか?

| | コメント (0)

よく下げますね

ふ~ん、メリマンの言う10月23日~12月5日は株価は苦闘するだろう。
NYはいまいちですが、日経とトピックスに関しては・・よく当たってるな~

なんでこんなに弱いの日本株ですね。

またウダウダ考えてましたが、「あ~もうめんどくさいな~どうせわかんないし~」
と言うことで、裁定買残みながら月末・月初くらいに中長期の第一弾を入れれば
いいんかないな?と思ってます。

短期的には下げすぎのような気も?明日のGDPを織り込みに行っているんで
しょうか?短期はどうせ下手なんですが、じっ~と見てるのもつまらないので
オプションで遊ぼ~と思ってます。短期のコールも良いかな?

11月~12月の安値は絶好の買い場ですね。でもあせらない!春は円キャリーの
影響が大でしたが、今度の秋はどうなんでしょうね?欧州も金利上げてきた中で
いつまでも日本だけが円安と言う訳には行かないと思うんですけどね。

日銀の福井さんに関してはいろいろ問題はあるでしょうけど、実は私は結構
仕事してるよな~と思ってます。去年も株価の過熱を警告していたし、特に
不動産融資規制や信用規制をちらつかせて一生懸命に株高に警告をして
いました。しかし大半の個人投資家は「日本経済は強い!株高に決まってる」
と警告を無視して、結局、損しました。証券・マスコミも煽りましたしね。

今は海外資産の急変を警告してますね。特にドル資産を。これから考えると、
すぐにではないかもしれないですけど、円高・ドル安への転換が近いんでしょうね?
輸出系もそこで一服でしょうね。中央銀行総裁の警告を無視すると後で痛い
目にあいます。今週なければ、来月、来月なくても来年年初にはあるでしょう?
私は誰よりも福井さんを信じます。やっぱり資源・内需かな?????

土曜日はベンジャミンさんの本を書きましたが、私は反米なんですね。ついでに
反中、反北朝鮮、反韓国・・・・・・・・・。戦後の日本ほど理想社会は無いですよ。
日本は超先進国です。レベルの低い国がガタガタうるせぇ!と思ってます。

日本の製造業はコアの部品を世界に供給しているし、文化的にもこれだけオタク
を有しているのは日本くらいです。(これは自慢になるのかどうかわかりませんが)
世界の環境問題も、日本の江戸文明が一番参考になるよな~と思うんですけどね。
なにがロハスだ~江戸のリサイクルシステムが完璧じゃないか~しかもほとんど
自治的に処理されていたし、日本はウダウダやりながら良いシステムを作れる国
なんですよね。たぶん。

エコノミストだったかな?英米のアングロサクソンは日本の改革は不十分。しかし
独仏は社会の安定を維持して失業率を低いままで生産性を向上した日本を激賞
してますね。まあ犠牲もかなり出ているんですけどね。ネオコンブッシュが負けた
のはめでたいことです。極端に強い軍事力はやはり頭をオカシクします。
キリスト教原理主義の独善主義、力の信奉、人種優越主義は・・・・やっぱり困る。
あちこちに地域対立を拡大させて、武器を売りつけられても・・・困る。

軍事路線を転換していくんでしょうね?すると次は金融路線。また安値を作って、
仕込んで、バブルを作って、売り抜ける、その後は、その国がバブル処理に
苦労する。米国は下品な国になりました。一度「日米安保条約はもういりません」
といったら面白いでしょうね。あわてまくるのは米国の方でしょうけど。
言った政治家の不慮の事故の確率100%ですね。

アジアをあちこち行きましたが、中国・韓国は相手が弱いと本当に強く出る。
困ったもんです。そして一族しか信用しない。上海人は中国の農民より
もしかしたら日本人の方に仲間意識を持っているかもしれないですね。
お土産で日本のアニメのキャラクター商品がよくうけました。大人は「はぁ?」
なんですけど、家に帰ると子供が無茶苦茶喜んでいたそうです。ぶあははは、
みたか~日本のオタク文化の力を~特に中華圏は結構受ける。もっともっと
洗脳しないといけないですね。台湾、香港はもう引き返せないとこまで行って
るんで、これからは大陸進行ですね。

「ケタさん、もしかしてオタクなんですか?」

「いいえ、私は普通の日本人です、でも大なり小なり日本人はみんなオタクですね」

中国も韓国も日本の部品と素材をジャカジャカ買ういいお客さんです。
米国ももちろん良いお客さんなんですが、ちょっと相場をもてあそびすぎ
ですね。どうせ安値をジャンジャン仕込んで、来年から高値ですね。
負けずに安値を仕込みましょう!

| | コメント (0)

カーディナルクライマックスに向けて

さて明日は出張と夜の飲み会があるので更新できません。今日書いておきます。

実は私が今一番関心があるのが米国の政治がどう変わるかです。
カナダ人で元「フォーブス」誌の太平洋局長と勤めた、ベンジャミン・
フルフォードさんという方がいます。日本の政治や経済の暗黒面を
追求していた方です。

やっと米国がいかにデタラメな国か気づいたようです。9.11の真実は世界の
歴史に重大な影響を与えると思います。

Photo_9










ベンジャミンさんは9.11が米国政府の自作自演であるなんて馬鹿馬鹿しい
与太話であると思っていたそうです。ところが、調べていくうちに否定できない
事実ばかりでてきます。

Photo_10










そして今回の中間選挙で民主党が勝ちました。ブッシュの政治はメリマンの言う
ように大衆を馬鹿にした子供扱いしたと思われたのでしょう。大衆の反逆です。
大衆は金だけの政治を望んでいないのでしょうね。

Photo_11










大手メディアは真実を伝えると言う、ジャーナリズムの本質を既に失ったよう
です。これは日本も同じです。元外交官の原田さんは「安部内閣になれば
教育問題が出てくる。米国の要請である。米国は日本の大学を米国の大学の
予備校化しようとしている。そこには巨大な利権の再分配がある」と前から
言っていました。すると早速大手メディアで「教育キャンペーン」が始まりました。
そのうち出てくるのは「医療キャンペーン」らしいです。いじめ・自殺は痛ましい
事件ですが、いつの時代もあった問題です。日本の大手メディアは政府に
仕える宣伝・教育係になりました。朝日と言えども一見、反政府の態度を
とっているので、なおさらタチが悪いと思ってます。米国では大手メディアの
信頼性がドンドン無くなっているようです。日本も団塊の世代以下は信頼
しなくなるでしょう。しかし自由なインターネットの社会すら米国政府は規制
しようとしてるみたいです。

Photo_12











日本ではネットウヨと言われ、反中国・反北朝鮮のHPやブログが盛んです。
日本に武器を売りつけたい米国にとって都合がいいですね。私は単なる
自民党福田派の自民党田中派に対する闘争と見ています。親米である福田派
が圧勝ですね。郵政選挙の時も電通に巨額の金が流れ、「小泉万歳キャン
ペーン」が実施されたと聞いてます。その結果、郵便局は民営化され将来、
馬鹿高になった日本株に資金が回るでしょう。そして外資が売り抜ければ
ドボンと聞いてます。

投資家たるものメディアの流す情報は聞かない方が良いですね。私は新聞を
取ってません。邪魔だからです。日経新聞も読まなくなってから、結構調子
いいです。メリマンだけの方が良かったりします。去年のメディアの「株ブーム」
をちょっと怖く見てました。うわ~「キャンペーンだ~この信用買残、知らんぞ~」と。

来週の米国の経済指標が見ものですね。ブッシュ政権になり、米国も捏造
大好きみたいです。「あ~うぜぇな~この株高も~、いつまでもドル高だと、
デフレになるだろうが~もう選挙のお化粧はいいわ~」と思うと、
結構「信じられな~い」という悪数字が出てくる可能性ありだなと思ってます。

しかし株は面白いですね。私も株をやっていなかったら、テレビや大手メディアが
垂れ流す、単なる「大本営キャンペーン」情報漬けになっていたと思います。
何事も頭はクールに心は熱くがいいみたいです。

Photo_13










なんでもかんでも「株が上がることが善」という個人投資家がいますが、何かに
洗脳されているかもしれません。外資が株を下げているときは空売りでもプット
でも儲ければいいんです。あなたの負けは外資が日本の資金を奪ったことを
意味します。あなたは勝たなければいけません。そうは言っても売りは難しい
のでその時は静観がベストですね。株は上がったり下がったりです。その
上がる「時」を買えばいい。株に過剰な上昇を期待するのは、「サラリーマンの
残業代なぞ払わずにEPSを上げろ、法人税を安くしてEPSを上げろ、その穴
埋めは消費税を上げて庶民に負担させろ」by外資。という考えと一緒ですね。

若い時代から政治に関心を向けさせないようにするのはどの国も一緒みたい
です。

Photo_14











私は現在、戦後社会の大きな曲がり角に来ていると思います。それは米国が
9.11の真実を追究できるかどうかにかかっていると思います。もし米国の大衆
があきらめたら、今後も戦争は続き、国際資本主義の苛烈さはますます強く
なると思います。そして強者と弱者の差はますます開く。結局みんな倒れるん
ですけどね。最後には。しかも勤労者は少しばかり給料が上がっても所詮弱者
なんですよね。スーパースターはあまりいないですね。体の一部にマイクロチップを
埋め込まれたくないですね。

しかしこのベンジャミンさん、日本に偉く期待しているんですよね。

Photo_15










お前らが頑張れと言いたいですけど、米国一辺倒の日本で大丈夫かいな?と
思います。今メディアや言論の世界は「米国はこうです・・・・・」という人が
力がありますけど、そのうち変わるんでしょうね。増田俊男さんは以前「米国
との同盟を守るため次回の日中戦争で血を流さなければいけない・・・・」
みたいなことを書いていましたが、「お前が流せ、どうせ一稼ぎしたらハワイの
コーヒー園でのんびりやるんだろう?」と思いますね。
長期投資の本を書いた中丸さんも「米国ではあ~だ、こ~だ、バフェトがリンチが~」
となんか虎の威をかる甘ちゃんと思えます。もっと日本人で日本の市場で成功
した人や失敗した人をちゃんと調査してほしいですね。米国と日本は違います。

まぁどちらにしても、米国の政治状況がどう変わるか注視ですね。英語がスラスラと
読める方はいいですね。今更・・・・勉強したくないな~

| | コメント (1)

政治と相場

ちょっと一服です。

さて、相場を見ていると、政治的イベントと株価はものすごく関係しているという
ことが感じます。長期的にはファンダなんでしょうけど、中期的にはかなり関係
してますね。2003年の衆院選も2005年の郵政解散もそうでした。

今回の米国の株高も中間選挙のためでは無い!と言うことを演出するために
粘っているように見えます。円が117円なのでやっぱりまだまだ強いですね。

春のケースでは114円台突入とともに、日経の暴落が始まりました。
14日~15日のFRBと日銀がどういう政策ととるかですね。FRBも日銀もこの
あたりで株高は一服させたいと考えていると思えますが・・・・・・・

16日に米国では鉱工業生産、住宅指数、BBレシオと重要指標の発表があり
ますんで、これが重要ですね。

FRBが利下げに踏み切れば、一旦上振れしますが、それで材料出尽くしになる
ような気もしますね。そして日銀の利上げ、ドル高の終焉。経済指標の悪化と
なればメリマンの世界ですけど、さぁどうなるか?

利上げで円高になれば景気悪化と言われてますが、たぶん全然大丈夫でしょう。
マネーの日本還流が始まるでしょうし、日銀が来年の選挙のためにマネー
サプライをまた拡大するでしょうから。外需一辺倒では景況感は出てこない
ですね。それにこのままいけばまた日本企業の過剰投資につながりかねない
タイミングですし、機会受注も悪いので却っていいんじゃないでしょうか?

そして安値で日本株をたんまり買った外資が「おらおら日本株を
上げんかい!福井~写真ばら撒くぞ~」と言うかどうかは知りませんが、
来年2月くらいから上昇モードに変わると思います。たぶん。

裁定買の株数は11月2日で26億株になってますね。今週でもっと減ってるん
でしょうね。これが20億株切れば新興、18億株になれば主力ですね。
もうすぐですね。たぶん。

日経も火曜日か水曜日くらいまで戻りを出した方が、下げに勢いがつくと思い
ます。あおぞらの上場があるんで戻るんじゃないかな??????
GDPは世間で言われているほど悪いのかな?なんかちょっと怪しいですね。
なんでも嵌め嵌めですから。本当に悪質な相場。

信用買残はたぶん年内か来年1月には3兆円を切るんじゃないかな?と
思ってます。今の相場は外資の徹底的な振るい落とし相場と思った方が良い
ですね。機会受注の予測と実績のいい加減なこと。もうやりたい放題。
みずほの信用もダヴィンチの信用も投げさせられますよ。たぶん。

こんなに個人投資家を苛めていいんか~と思ってる方が多いと思います。
結論的には、外資も大手証券もネット証券で信用をピコピコやる個人を
全滅させたいと思っているはずです。ジェイコム君なんか大嫌い!
証券自己よりうまいなんて許せない。しかも証券自己みたいにやられた
株を投信にはめ込むなんてまねはできないのに。
彼らが好きなのは投信に黙ってお金を預ける個人だけのはずです。
米国でも欧州でもデイトレは90%以上が葬りさられたはずです。
新興も止めの下げがくるんじゃないでしょうか?

私が今年で儲かった時期は、正月~LDショックまで、それと5月~6月の暴落と
そのリバ取りでした。他の時期は駄目~特に7月のあの新興の暴落は本当に
予想外。そこまで叩くんか~でしたね。

だから今回も12月までの暴落が来れば、外資や大手証券なんぞに負けるかい!
やってやるぞ~と思ってますが、一番危険なのは1月かもしれないですね。
メリマンもNYは1月に2番底をつけると書いてます。年末年始に上昇して
「あ~もう大丈夫だ~」と買いを入れると「馬鹿め~止めの下げだ~」とやられる
かもしれないですね。

「ケタさん、まだ11月の暴落も来てませんが」

「ああそうですね。とにかく暴落来れば、ルンルンで買いに行きましょう。
  そして年末年始に上げがあれば、そこでまた安心して買うと・・・・・」

| | コメント (0)

今週の成績

オプションは結局15万円の儲けでした。ドーンといったのにセコイ金額です。
11月物40万円は今日で紙くずです。まぁ損しなかったので良しとするか。
あの値動きは激しすぎますね。少額で短期でやるべきだと実感しました。
甘い話はなかなかありませんね。

そして今日は三菱商事とNTTを打診買いしました。まだまだ下げるとは思い
ますが、少し持っとかないと値動きがわかりません。このブログ用の口座も
500万円に仕切りなおしました。結構短期で遊ぶと思うので・・まぁ損する
確立高いよな~と。

現物

日本水産
石油資源開発
三菱商事
NTT

現金 51%

オプションも引き続きやるでしょうし。ボトムつければリバ取りの信用買いも
やるでしょう。5月~6月の下落はわかりやすかったですが、この秋は難しい。
春は一直線でしたが、秋はプロが主体ですのでいやらしい動きが多すぎです。
それと春はメリマンの変化日が少なかったですが、秋は変化日だらけ。
今日も大口が好き勝手にやってますね。

もうひとつの口座が主力になります。こちらは来週から資金を移動させます。
基本は買ったら放置。外資勢が上値を買ってきたら、時々信用買いです。
ド素人スタイルですね。こちらはプライベートですね。

投資スタイルは各人の好みで良いんじゃないでしょうか?長期も良し、デイトレも
良し。私はド素人スタイルが一番いいですね。これまでは2倍になるかな?と
買って、3倍になると「うぉ~売りだ~」でやってきました。ダヴィンチなんか、
ピーク40倍以上になってますんで、今度こそは最後までホールドだ~と思って
ます。たらればですけどね。

但し長期だとまたバフェトになりますけど、下落相場でどうやって資産の目減りを
防いでるんでしょうね。不思議~
あと短期だとジェイコムさんなんでしょうけど、あの方は凄いですね。だいたい若い
頃に大金を掴むとロクなことは無いんですが、ジェイコムさんは贅沢もしないし
遊びもしない様子。私だったら金に食い殺されてると思います。あの方は相場の
宮本武蔵みたいな人ですね。誰もがなれない。

ド素人スタイルは相場が来ないと儲からないです。いくら企業分析しようとテクを
磨こうと、上がってくれなきゃ儲からない。次の3年相場で運良く儲けたら、設備
をしたいんですよね。短期は結局、金の奪い合いですから勝ち続けることは
俺には無理だ~と思ってます。でも遊びたい。それにたぶんですけど、メリマンが
言うには「連邦政府の赤字が増大し、高金利・増税となり株式投資は、インフレを
考慮すれば利益は僅かになる。明るい面を話しすれば2021年にはボトムをつけ、
将来の重要な投資機会が見えてくるだろう・・・・・・」14年後ですね。

日本も高齢化・財政悪化が進んでますんで、この米国のようになるんじゃない
でしょうか?だからもし、あなたが次の3年相場で運よく○億円の金を手に入れ
ても、それはその後のあなたの人生を何ら保障してくれないと思います。
ちょっと贅沢したらすぐに終わり。じっ~と持っててもドンドン目減りする。
日本円に見切りをつけ、他の安心できる資産で・・そんなに甘くないと思うけどな~
日本だけならそうだけど、基軸通貨ドルがおかしくなればどうしようもない
ですよね。

そう考えると、次の3年相場が微笑んでくれて、運よくお金が儲かったら・・・・・
自分の人生に何かプラスになることに使うのが一番ですね。金は天下の回り物。
カーディナルクライマックス後は紙幣の価値は下がると思います。なんとなく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に秋月先生の素晴らしいハードアスペクト占星術です。

冥王星×天王星 2008年6月20日~8月3日

  大暗界に突入。政治的紛争。伝染病。天変地異。惑星の接近。

冥王星×天王星×土星 2010年2月11日~19日

   大暗界。地震。天変地異。政治的紛争

冥王星×天王星×土星×木星×金星 2010年8月15日~17日

   財政困難。崩壊と再生。一瞬のバブル。つかの間の喜び。痛みを伴う改革。

冥王星×天王星×木星 2010年9月10日~10月23日

   金融恐慌。文化的な飛躍。吉凶混合。

う~ん、秋月先生は単にハード占星術と言ってもいいかも知れませんね。
メリマンも2010年5月以降に米国72年サイクルのトップが来るようなことを
書いていたし。その頃はヘッジファンドに愛娘が就職したヒラリー大統領が
やってくれるんでしょうね。

秋月先生は大暗界に突入したら経済・社会は厳しくなると言ってます。しかし
私はたぶん、絶頂を味あわさせてから、一気に絶望を感じるような相場が来るん
じゃないでしょうか?米国のマネーサプライと新興国家群から生まれる何十億人
もの中流階級の夢というかささやかな欲望が作り上げるのかもしれないですね。

だいぶメリマンに洗脳されてきてるでしょう?これで11月~12月の日経平均の
ダブルボトムが来れば、もうあなたも手遅れになるかもしれないですね?

| | コメント (0)

結局、為替なのかな?

今日は金曜日です。休みです。気候も良いし株価を眺めよう~(ああ俺の人生は)

さて私は中長期の買いに入る時は、結構ウダウダと考えます。中長期と言っても
次の3年サイクルですが。SBもみずほもUFJもダヴィンチもウダウダ考えました。
そして3倍で売ったアホですが。資源、内需、輸出、新興・・・・ウダウダウダ
なんせ日本株、特にトピックス系は弱いですね。

資源はメリマンの言うように上昇してきたので、そろそろ三菱商事の打診買いに
入るか~と思ってます。悩ましいのは武者・輸出系VS原田・内需系です。
ウダウダ考えると、結局円安・ドル高が続くかどうかだな~と思います。

そして更にウダウダ考えると、もしかしてこのNY高を支えているのは円安・
ドル高?去年は日本で郵政解散があり日本株の上昇は素晴らしいものでした、
今年は、お返しで中間選挙に向けて米国高に持っていったのでしょうか?
NY高の仕手本尊はFRBと日銀か~とウダウダ考えてます。すると円安・ドル高
が終われば、NY高もそれまで。円キャリーの終焉ですね。そして来年は日本が
選挙じゃん。だから日本株もエネルギーを出し切らないように抑えられている?
すると、来年は・・・・・うっ、ぷっぷっぷっ。

来週にFRBと日銀の政策会議がありますんで、そこで円安・ドル高が終焉するか
どうか見たいですね。終焉ならNYは深刻な下げに見舞われるんじゃないでしょうか?
一時的に日本株も巻き込まれるでしょう。絶好の買い場ですね。メリマンは来春に
向かって深刻なドル安と言っています。しかし円安・ドル高が継続になれば年末
年始に向かって、NY高・輸出系高は継続ですね。

メリマン読めば来週くらいが山場だな~と思えます。一旦プットは打ち切り。次の
変化日が14日ですので、そこまで戻り?そして円安トレンドが終われば日米
仲良く下げるのでしょうか?

名和先生お勧めはNTT、古河電工、SBですね。ITバブルでもあり、内需系ですね。
キャッシュリッチなNTTかちょっと博打のSBか?
ふっ、もう若くないさ・・・やっぱりNTTかな?

同様に新興もフィンテックとかイーアクセスとか応援したい新興がありますけど、
ふっ、あの頃はやんちゃしたな・・・・と言うことで来年考えようと思ってます。

まぁいづれにしても来週が山場ですね。14日まで戻してくれた方が面白いですね。
そして円安・ドル高が終われば・・・絶好の買い場が来るんでしょうね?

| | コメント (0)

やっとられませんな~この相場は

私の尊敬する名和さんも「こんな相場は初めてや~米系が買っとるんに何で
上がらんのや~国際M&Aのためにまだ安値で仕込むんか~」と悲鳴を上げ
だしました。

一方増田さんは中間選挙と今後の相場について以下のように語ってます。

http://www.chokugen.com/

さすが増田先生、切り替えの早さ。見習いたいものです。しかし日本株が11月
中旬から棒上げになるかもしれない・・・・ホント?

確かにヘンテコな相場です。指数と中身がバラバラ。しかもマザーズには
証券自己かタワーか知りませんが、ババ抜き大会がまた始まったようです。

疲れる・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結構私は気が長いので、待つときは待ちます。買い方の勝負はそこしかないと
思ってます。2003年も「ふ~ん、大手銀行が国有化になれば相場が始まるのか~」
と思ってました。2005年もメリマンが14000から15000へトライするだろうと書いて
ました。しかし来ない・・・夏に郵政国会があったので、おおこれだ~と買いに行き
ました。

大体外資が相場を作る場合、何かのイベントをきっかけに上値を追っていく
はずなんですが、今月は何かありますかね?何もないですよね。
私のイメージでは年末までメリマンの言うようにダブル底。来年の国会で
内需振興の臨時予算が成立すれば、そこがスタートなんですけど。
今のところ緊縮予算らしいです。

元外交官原田さんは「中間選挙が終われば米国も下げる。米国では景気減速感
が強くなる。民主党サイドの政策要求に変化しているので、来年はある種の通商
摩擦が強くなる。内需拡大要求が強くなるだろう」と言ってます。
しかし臨時予算は小泉政治の否定ですから、どうするんでしょうね?

プットは儲かるんでしょうけど、儲けきらないし、空売りもいきなり踏み上げきたら
嫌ですね。この水準なら買ってもいいかな?と思う銘柄も多々ありますが、NYの
大下げ来たら、どうせ上がんないしな~精神的に悪いしな~で中々買えません。
という訳で愚痴が続きます。グチグチグチグチグチ・・・・・・・・・・・・・・

しばらくは休むか短期でやっていくしか無いんでしょうね。やればやるほど損しそう
短期は下手だしな~仕事があると難しいですね。ここの資金は3百万円にするか、
こんな相場はその程度でいいや~なんて考えてます。なんか嵌め込みが多すぎ
ますね。裏ばっかりかこうとするような動き?何事もメリハリです。銀行が下がる
相場は嫌いだな~
もう一つの証券口座は買って放置口座にしようと思ってますが、資金を移動させる
のはNYの下げがあった後ですね。(無かったらどうしよう)
NY・・・・お前は少し怖すぎる。

| | コメント (2)

オプションは難解ですね

「デイトレーダーを鴨にする・・・」の中丸ちゃんの本でオプションを勉強中です。
中丸ちゃんは頭が良いので確かにわかりやすい。ふ~ん、勉強になるな~
中丸ちゃん偉い(おいおい今度は誉めるんか~)

先日のプットは利が乗りましたので、とりあえず全部利食いを入れました。
投入金に対してどの程度になっているのかの確認です。すると12月物は
結局50万円程の儲け。ついこの前まで100万円以上あったんですけどね。
しかし明日で11月物は40万円紙くずになるので、まぁ儲けは無いですね。
勉強代ですね。最初は身銭を切らされるんですよね。トホホホ。
最初にラッキーで勝つと後が怖いです。(でも勝ちたいな~)

そして再度、遊びだ~で12月物を購入しました。IVにHVにブラック・
ショールズの公式にetc・・・・・俺は文系だったんよ~勘弁してよ。
素人はドカーンと動く直前に遊びでやるのが良いようで・・・・・・・・・
それがわかればですけど・・・・・
大手はオプション売りで暴利を貪っているんでしょうね。ああ嫌だ。

NYを見ながら中丸ちゃんの本を読んでましたが、なんかもう好きにして
くれ状態ですね。眠いわ~NYは本当に頑張る。デント教に改宗は・・・
できんな、やっぱり。

明日はSQまでおとなしい展開なんでしょうか?明日の機械受注から来週は
日米共に大事な経済指標のオンパレードですから、株価と経済実態がクリア
になりそうですね。しかし先物もオプションもずるいですね。一部の銘柄だけ
を買い上げて、他は叩き落とす。個人投資家にとってはヘッジなんかならない
ですね。下手したらまたさき状態になります。トッピクスのオプションを作れよな~
NYダウも300社くらいにしろよな~

元外交官原田さんは「指数に頼らずに強いかどうかは、場の雰囲気でつかめ!」
と言ってましたが・・・・・・全然強さを感じないですね。自動車と京セラと船くらい
ですか、強そうなのは。不動産崩れちゃうし、新興も上がって下がって結局は
下げているし。ちょこっと上げてドカと下げる、こんな相場では買う気はしない
ですね。打診買いくらいです。

まぁ上がろうと下がろうと、裁定買残の減少を確認した方が良いんでしょうね?
日々相場に対してやる気が無くなってます・・・・・・・

PS:また売り仕掛けをやってますね。安部内閣は法人税を下げるんですよね。
      するとPERは一段と低下するのかな?増加した当期利益で自社株買いや
      増配当を実施するんでしょうね。安く安く外資は日本株を手に入れて、
      来年はウハウハでしょうね。そして庶民には秋以降の増税でしょう。
      新興はたぶん外資は買いにこないと思います。新興の自己資本比率なんて
      IPOで個人投資家から巻き上げた金ですから。事業利益で自己資本を
      厚くした優良中小型株が良いんでしょうね?たぶん。
      しかし個人はアホのひとつ覚えで新興に向かう。なんかな~

| | コメント (0)

民主党強し

この話はヨタ話です。あんまりマトモに聞かないでください。
さて、今日は私は後場から戻すんじゃないのかな?と思ってました。
それは昨日のGSのオプションのポジションが上を志向しているのかな?と
思ったからです。日頃あなたが「この方は相場勘がありそう」と感じている方が
今日は割りと楽観してませんでした?

私は昨日、相場勘の良い方=優秀なGSウオッチャーかも?と書きました。
しかし今回に限っていえば、もしかして番狂わせがでる可能性を感じます。

欧州2020や田中宇さんの情報によるとGSは共和党勝利のため、かなり相場
操縦とも言えるようなことをしたと書かれてます。

「ドンドン、買い上げろ~秋にはソフトランディングでハイテクバブルだ~」

「心配すんな~共和党は必ず勝つ!シナリオはすべてできている~」

と言ったか言わないかは知りません。しかし景気減速下でとても強い相場は
たしかに起きました。先日の増田俊男さんのコメントも「死者が数千人出ようと、
明日相場で一万ドル勝つほうが大事。共和党勝利は時代の流れ・・・・」
との少々乱暴なコメントもありました。(どこのエージェントなんだあんたは?)

フセイン、グリーンスパーン、株高、そしてたぶん実弾攻撃・・・・・私も共和党が
結局勝つのかな?そしたら株も上値を追うのかな?遊びのプットも紙くずか~
と一応覚悟はしてました。

しかし民主党が勝利をおさめそうです。今日の後場からの下げも素直に選挙
結果を受けた下げかもしれません。「え~民主党が勝つの??」と。
常識的に民主党が勝つと企業サイドには不利でしょう。

GSが株価対策本部長とすると結構無理して上げてるはずです。欧州2020の
レポートにあるようにヘッジファンド化した投資銀行の苦境が出てくるかもしれ
ません。共和党勝利→株の一段高→ソフトランディング成功・・路線の破綻なの
かもしれません。メリマンの言う、「詐欺的行為、騙しが大損に発展する。その
損の大きさには仰天するだろう。国の財務に負担になる」ことになるかもしれ
ません。

GSがボロ負け・・・・私の株人生で初めてじゃないかな?まぁあくまで想像ですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリマンは次のように書いてます。

「2005年~2007年の世界のリーダー達の挑戦である。公正で、かつ正義を持って
リードし、かつ独裁的なルールでコントロールすることを避けるべきである。
無秩序、かつわんぱくな子供達を懲らしめる如く、民衆を取り扱うべきでない。
リーダー達が尊敬を持って一般大衆を取り扱うならば、彼らは尊敬されるだろう。
しかし一般大衆を子ども扱いすれば、子供は反逆し、リーダー達は権威ある
ポジションから追放されるだろう。最悪の場合、リーダー達は裁判所に出頭
することになり、過去の行為について説明を求められるだろう。その際に
リーダー達が十分な説明ができなければ、相応の結果を招くだろう・・・・」

このメリマンの文章と昨日の増田俊男さんの文章を比較するとよくわかると
思います。増田さんの文章からにじみ出ている「金さえあればそれでいいんや、
みんな金もたせれば何でも言うことを聞くんや」
それは彼の背後にある国際金融団の意思かもしれません。貧乏人は戦争で
何人死のうが関係無いと言う、持てる者の驕りの発想。

GSも同罪でしょう。メディア、更には市場すら自分らの利益のために玩具の
ように扱う。奢った姿勢。その罪の報いを大損という形で受ければいいな~と
思います。

そしてこれも書いておきましょう。メリマンが注意深く書いている記述です。

「・・・もしその通りであれば(テカムサの呪い)によってブッシュ大統領は
生きて任期を全うすることができないこととなる。2006年12月~2009年1月。
倫理的なアストロジャーは「死」を予想するべきでない。私は単に占星学的な
パターンと性質に基づく可能性を述べているに過ぎない」(なんかしっかり
述べているような?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

副島さんによるとGSは民主党上院議員のジェイ・ロックフェラー所有らしい
ですが、だったらなんで?とそこのあたりは良くわかりません。

しかし新興株でもちょっと下げると、すぐに信用買が入ってる銘柄が散見されます。
まぁ他人の取引ですからそれでいいんですが、ちょっと無邪気すぎないかな?と
思います。明日上げて勝っても変な癖がつくだけと思います。
まぁどちらにしろ、またNYで寝不足が続きそうです。ぷっぷっ。

| | コメント (2)

中国の外貨準備高

日経は弱いです。中間選挙が終わったのでGSも本来業務に戻るんでしょうか?
どちらにしても今夜のNYに注目です。NYの変化日は昨日7日、次は16日~17日
です。16日~17日に向かって下げが自然と思います。混乱があれば下げは激し
いものになると思います。

中国の外貨準備高が1兆ドルを突破しました。日本は8855億ドルだそうです。
中国には人民元高狙いの莫大なホットマネーが流入しているみたいです。
私は以前に「米国にとって友好国とは、米国債券を買ってくれる国だ」と書き
ました。ボールソンは12月に中国を訪問するそうです。よく訪問します。一体
どんな話をしているか?考えて見ましょう。

「中国、おめでとう~遂に1兆ドルを突破したね。中国は大国だから、次は
  2兆ドル目指して頑張ろうね~」

「う~ん、しかし米ドルばっかりでもな~投機資金も多いし~将来ドル安に
なったら困るアル」

「大丈夫、大丈夫。勝手に売ったら国際金融が混乱するから駄目よ。日本を
  ちゃんと見習ってね」

「自分が稼いだ金アル。どうしようと我が国のかってアル」

「(ギロリ)なんだと~下手に出ればつけあがりやがって。米国市場から追放する
  と中国経済は一日で崩壊だろうが。台湾に独立宣言させるぞ~第七艦隊を
  東シナ海に派遣するぞ。タイマンはろうちゅんか~」

「アングロサクソンは最後はいつも脅迫アル。共存共栄アル。もっと技術頂戴アル」

「心配するな有人衛星も協力しただろうが、環境もなんなら日本に協力するよう
言っとくわ」

「外貨準備高は日本を抜いたアル。日本にもドンドン買わせればよろし」

「いや~その日本が2015年にはガラポンになりそうで怖いんよ~これからは
中国に頑張ってもらわないと。それはそうと早く、上海の名実ともに国際金融
都市を目指そうぜ。世界の投資家は今か今かと待ってるんよ」

「わかっているけど、国内事情もあるので時間がかかるアル。人民元も急な
  切り上げは困るアル」

「上海はもっと市場の透明性を高めないといけないな~統計の数字とか企業
  会計とか」

「あんたにそれを言われると無茶苦茶腹が立つアル。なんでだろう?」

「昔は我が国も人権じゃなんじゃと言ったけど、ブッシュ政権はいいだろう?
とにかく金。弱者切捨て。金持ち優遇。権力者のやりたい放題・・・・・」

「そこは我が中国と気が合うな~これからも共存共栄で行くアル」

「まぁお互い、国防省と人民解放軍がぐちゃぐちゃ騒ぐけど、そこは適当に
  やっていこうぜ。とにかく金儲けだな。ワッハハハハハハ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会談が終わりました。以下はそれぞれの一人言です。

米国「早く人民元切り上げと金融のビッグバンもどきをやらせんといかんな。
        2010年には上海バブルだ。そして一気に資金を抜いちゃうんだ~
        後はどうなろうと知ったことじゃないわな」

中国「米国は腐ったローマ帝国アル。西ローマ帝国は滅んだけど、東ローマ
        帝国は生き残ったアル。我が国は東ローマ帝国をめざすアル」

ケタ「あの~すると日本はどうなるんでしょうか?」

米国・中国「日本はずっ~と搾取される。エジプトを目指すアル」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年上海万博の頃に人民元高、資産バブルが来たら凄いものになるかも
しれません。プラザ合意後の日本の辿った道ですね。和平飯店合意もどきが
あるかもしれません。日本もバブル時代に大正時代の戦中派がロックフェラー
ビルを買収しました。そして初めて日本の戦後が終わったのかもしれません。
結局失敗に終わりましたが、それは誰かがやらなければいけなかった象徴的
な出来事でした。

中国もアヘン戦争以来、屈辱の歴史が200年近く続いています。上海バブルが
来れば金の力で欧米・日本の象徴的な何かを手当たり次第に買収したくなる
でしょう。それは経済合理性というより、力の誇示、歴史への復讐と言ったもの
かもしれません。中国人は結構、日本の現代文化が好きなので、箱根の温泉街
にも買収に来るかもしれません。

「よし、あのホテルもあの旅館も買収するアル。中国の観光客をドンドン連れて
  くるアル。中国でも温泉ブームになるアル」

「ははっ、ありがとうございます。でも中華料理店はつくらないでね。雰囲気が
  おかしくなります」

「う~ん、あの山はカッコイイな~あの山も買うアル。いくらするアルか?」

「お客様、あの山は富士山ですので、売物ではないです」

「なんだ売らないのか。日本人は肝が小さいアル。ぶわはははは」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして上海バブルがはじけると混乱は日本どころではないのかもしれません。
膨張一途をたどる国際金融資本主義はメリマンの言う、カーディナルクライ
マックスに向かって速度を上げているような気がします。自ら破局に向かうように。

いつも思います。日本の高齢化は避けられません。東洋のスイスとして日本に
優秀な投資銀行があれば・・・スイスの投資銀行は荒れ狂う革命・戦争の中でも
顧客の資産を守り抜きました。フィンテックやアセットMあたりが・・無理だろうな~

PS:トヨタが上げてますね。トヨタはブッシュと共和党にベコベコに献金して
     いたはずです。民主党が勝てば米国で政治的プレッシャーは強くなり
     ますね。トヨタの政治力が試される時期が来るのかな????
     では仕事に行こう。私は朝が早いんですが、最近のNYのおかげで慢性
     寝不足です。WWW

| | コメント (6)

GSを語る

元外交官原田さん曰く「プロは日経平均の指数なんか見ない。プロが見ているのは
外資系投資銀行のポートの数字。それは端末につなぐだけで400万円/月かかる。
数字で信用できるのは、信用買残、評価損、裁定買残・・・・誤魔化しようの無い
数字だけである。日経平均等はよく操作される・・・・」

ふ~んと聞いてましたが、これってやっぱりGSなんでしょうか?欧州2020の
レポートに原油指数の話がありましたが・・・・やっぱりGSなのかな?4千円/月
だと私もつなぎますけど、これではどうしようも無いですね。

GSは日本の市場に対して大きな影響力をもってます。2003年の相場も2005年の
相場もGSの匂いがプンプンしてました。その影には政府・日銀の匂いも。
相場勘のある方=優秀なGSウォッチャーなのかもしれません。

昨日紹介した名和さんは「今年は振るい落としの難しい年になる」と言ってました。
名和さんが米系と言うと、GSのことです。
メリマン読んでも難しそう。そしてLDショック・・・GS出身の松本社長がやってくれ
ました。その後○○ショックは続き、個人投資家はクリント・イーストウッド監督の
硫黄島の兵士みたいになりました。生きて帰れぬ・・・うっっ。

このまま今年は終わると思ってました。GSのミッションは①相場を揺さぶり、
振るい落とす、ことだと思ってました。原田さんの来年のM&Aのためにと言う
話もそうだな~と思いました。しかしボールソン財務長官就任で新たな
ミッションが出来たようです。それは

②中間選挙までに世界株高に持っていく。名和さんも9月の中旬頃までは
暴落が近いニュアンスで書いてました。メリマンは9月下旬からの異常な理由
による株高と書いてました。その名和さんも途中で第二次ITバブルと言い出し
私は、はれっ?と思いました。たぶんGSが何らかの影響力を市場全体に行使
したんでしょう?ドイツの武者が輸出株だ~と言い出した頃ですね。GSは
デント氏の「バブル再来」をばら撒いたと思われます(真っ赤な嘘です)

GSは矛盾するミッションの①と②を見事にこなしていると思います。個人投資家
を楽天とSBネタで叩く、アラブのおじさんと個人が仲良く暮らしていた鉄や資源は、
アラブのおじさんがちょっとお祈りに行った際にゲシゲシ蹴飛ばしました。
しかも原油相場にもちょっとイジワルをしたらしいです。GSと張り合おうと言う
証券会社はいないのでしょうか?いたらテロリスト認定を受けるのでしょうか?

そして大型輸出系企業に資金を誘導していきました。優良中小型株は、なんで?
と言うくらいさえません。多くの個人が去っていきました。やっとられんわ~アホ
らしい。そして日経平均がまさに17000円を超えようとすると、ボカッと頭を叩いた
ものと思われます。本気で盛り上がっては困るんでしょうか?裁定買残を売り
仕掛けで崩せば大型輸出株の株高なんぞすぐに壊れます。

今後GSは何をしたいんでしょうか?ミッション②はとりあえず成功したみたいです。
GSの今後を確認する必要がありますね。

「おいGS!中間選挙も終わりだ。とっととミッション①をやれ。こんな裁定買残じゃ
  怖くて買えないぞ~」

「NYダウは来年2万ドルなんよ。日経平均も年末1万8千円。裁定買残なんて自然
に消化されるんだも~ん」

「嘘をつくんじゃない。来年は優良中小型株、内需、円高、アジア、資源高だろう?」

「ふ~ん、違うも~ん、引き続き円安、外需、輸出株、大型株だも~ん、武者の
  レポート読んだら」

「史上最高の裁定買残でどうして買えるか!とっとと適当な理由で売り仕掛けを
やって裁定買を崩せ。個人は待ちくたびれてるぞ」

まぁ間も無くGSの本性がわかるでしょう。のんびり待ちましょう。
話は変わりますが、この方のブログ熱いですね。怪しさ200%です。

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/91d539b19556c07017ddd3a35726fcff

私のブログはメリマンに沿って、日々書き込んでいってますが、
もしかして平凡すぎるので、電波度を上げないといけないのかもと
少し反省しました。
しかし・・・・・・・・・・・・・この程度で良いですよね?

PS:チャッピーさんから田中宇さんが面白いよとのコメントがありました。
      たまたまヤフー掲示板に落ちていました。田中さんの記事です。ひぇ~

http://tanakanews.com/g1107america.htm

| | コメント (7)

中間選挙(続)

共和党はうまいですね。フセインの死刑判決。グリーンスパーンによる演説。
ガソリン価格の沈静化。敵国だった日本は今の同盟国と小泉首相の話も
上手に出しているみたいですね。そして昨日のNYの大幅高。う~ん、やっぱり
増田さんが言ってるみたいに共和党が勝つんでしょうか?選挙資金はガッポリ
でしょうから。
素朴な疑問なんですが、なんで米国は日曜日が投票日じゃないんでしょうね?
安息日とか何か関係あるのかな?

昨日はプットがごちゃごちゃしてきたので、含み損と含み益を相殺して、12月物で
15500中心に変更しました。昨日の時点で10万円程の含み益で、よしよしと思って
いたら、今日は50万円くらいの含み損になってます。
帰ってきたデント氏地獄にまた入ってます。熱い~助けて~状態です。

今日はメールでフォーキャスト2007の予約申し込みが来ていたので、
早速申し込みました。10月~12月のダブル底が当たれば、メリマン
凄い!になるんですが、大丈夫か?

とにかく米国の中間選挙が終わるまでは、世界の市場は邪魔したらいけ
ないみたいです。今日から海王星×火星のHAです。突発的なことが起きる
HAです。しかも私、サザンクロスは火星とHAで攻撃的になりやすい時期です。
7日~14日までですね。だからプットもこれ以上は買わないし、売りもしないし、
買いもしない。静かにしていようと思ってます。体を動かすのが良いみたい
ですね。しかしプットは短期で売り買いしてればえらく儲かったような気も
しますが・・・・・まぁこんなもんですね。まずは経験と。

NY市場は中間選挙が終われば・・・イケイケドンドンで上値を追っていくのか、
それともあれ~という下落になるのか?なんか胡散臭いですね。

日経平均も15500円~16500円くらいで来年まで何度もボックスをやっていれば
買いやすかったのに。あの裁定買残は・・・・勘弁してくれと思ってます。
怖くて買えないぞ~

しかし今年は突発的なことばかりですね。個人投資家はこんな相場で遊んで
いたら資金がジワジワ無くなりますね。HFの利食が終わる11月。裁定買残の
方がつく12月。のんびりとナイスな中小型株の選定を始めないといけない
ですね。11月~12月に押し目が来て、う~ん、さすがメリマンとなれば、
フォーキャスト2007を読みながら考えたいな~と思ってはいますけど、さぁ
どうなるか?

| | コメント (5)

中間選挙

増田俊男さんが共和党の勝利を宣言してます。金の力で勝利するそうです。

いよいよ11月7日がやってきた。アメリカの中間選挙である。
下院は435議席すべて、上院は33議席が争われる。世論調査では
民主党が有利になっているが、予断を許さない。

私は「金がモノを言う」から共和党の勝利だと言ってきた。アンケート調査
は常にきれい事の結果であるから当てにならない。日本でも、参院で
郵政民営化法案が否決されたことを受けて前代未聞の衆院解散となったが、
アンケート調査による国民の関心事は年金問題だった。しかし郵政民営化
選挙になって、年金で争った民主党は惨敗した。

クリントン時代はみんな金回りが良かったが、最後にITバブル崩壊で
不況になりかけた。

そこで、戦争屋ブッシュの登場、アフガン、イラク、次はシリヤかイランかで、
株も1200ドルを突破し好況感が続く。ブッシュはこれまでイラク問題で散々
攻撃されて人気を落としてきたが、反抗することも無く、あえて身内からまで
ボロを出し続けた。これこそ共和党独特の戦略である。下がるところまで
下げておいて、一気に上げて、投票日の前夜に波のトップに乗る戦略。
国民にしても、イラク戦争の犠牲者は3億人のうちわずか数千人。

はっきり言ってアメリカの国民はわずか数千人の他人の命より株で明日
1万ドル儲けさせてくれるほうを選ぶ。株に縁の無いよほど貧困な者は
常に弱いものの味方だが、彼らは投票には行かない。どんな時代でも
「カネがモノを言う」のが資本主義国アメリカの鉄則。

まあ、またしても共和党が議会を制することになるだろう。今は戦争時代
であることを忘れてはならない。弱者救済ではなく、弱者を「再チャレンジ」
で戦争に行かせることであり、戦わせることが必要な時代である。時代の
流れは誰にも逆らえないのである

(2006年11月06日)

一方のメリマンは中間選挙に対して次のように書いてます。

「私は多くの現職が負けると思う。しかし、もし彼らが変化しないことを大衆に
  納得させることができれば、私の見方は誤りかもしれない(民衆は変化しな
  ければいけないことを知っている。しかしベストの方法を知らない)・・・・・
  選挙結果は論争になるだろう。何故なら敗者が負けたことを認めないからだ」

また相場に関しても楽観論と悲観論が分かれています。今回悩んだのは、私が
結構信頼している名和さんが第二次ITバブルに強気だったからです。彼は
外資や大口にもパイプがあるので、彼が強気と言うことは外資も強気と言うこと
です。これまではメリマンと名和さんとの間であまり違和感無くやってこれました。
そして彼が暴落の匂いのする文章を書いてる時はだいたい暴落がやってきました。
しかし今回はそうでは無い。

http://www.naga2383.ne.jp/n-blood/karakuchi/karakuti/imgboard.cgi

欧州2020のレポートを読んでもインチキ臭い米国の株高です。原油もインチキ
臭いし、雇用統計の上方修正もインチキ臭い。しかしそうだからと言ってNYが
大暴落する根拠にも乏しいと思います。メリマンの言うような世界になるとしたら
外資も大口も想定外の悪材料が出てこないと無理な気がします。何でしょうか?
本当にあるのか?

そして今回一番興味深いのは、過去3回の暴落、2003年秋、2004年春、そして
今年の春・・・・いづれも個人は強気でした。信用も拡大してました。しかしこの秋
は個人は夏から売り越しです。信用も縮小気味です。個人が弱気で暴落が本当
に来るのか?来たら個人としてはこの3年で初めての勝利ではないでしょうか?
これまではどたん場で個人の反対につくことが安全な道でした。だから名和さん
の情報は価値がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にドキドキワクワクの中間選挙です。そしてその後の相場です。共和党と
民主党、買い方と売り方・・・・裏でギリギリの戦いを継続中なんでしょうね?
どっちに転んでもおかしくない戦いなのかもしれません。天はどちらに味方するか?
秋月先生のアストロジーをもう一度見てみましょう。

11月1日~14日  土星×海王星
                        霧に包まれた状態、武力による制圧、労働運動、政治的
                        モラルの低下、経済的破綻、混沌とした社会情勢

11月7日~14日  海王星×火星
                        核・原発事故、誤算が招く惨事、株価の変動

11月15日~28日  土星×海王星×火星
                        闇の世界の浮上、宗教的トラブル

そういえば、レグルスの方は11月2日~23日まで木星のHAです。売りも買いも
ワッハハハハになるかもしれません。(責任は取りませんが)
               








| | コメント (0)

新興の投げが来た?

日経平均も下げてますが、新興株も下げてます。USENやドリテクやミクシィが
大幅に下げてます。

新興に入っていたタチの悪い資金が逃げ出しているみたいですね。今年は
あのタワー投資顧問なんかはボロ負けして、新興で仕手本尊みたいなトレードを
やっていると聞いてました。悪材料が出た銘柄を買い上げて、売り方を踏む動き
ですね。その他のHFなんかも無理上げしようとしたけど、個人がついて来ないので
もう止めたのでしょう?

短期の方は別ですが、こういう時は「何がなんでも買わない。買うなら打診買い
程度」が正解だと思います。HFの利食いが終わる11月。裁定買残の決着を
つけなければいけない12月のSQ。せめて第3週まで様子見ですね。まぁ年内は
ボチボチと構えていればいいんじゃないでしょうか?

日経でもあれほど強かった不動産株が崩れてきました。日銀は都内の不動産が
ミニバブルにならないように監視を強めているそうです。地銀のリート資産にも
調査が入っているそうです。リート系は次の3年相場では駄目でしょう。仕入れが
上昇し、販売の競合は厳しくなる。リート系は投資銀行化に成功するとこしか
株価は大きく上昇はしないと思ってます。そしてそれができるかどうかは経営者の
政治力です。乱立したリース業界からオリックスが勝ち残った軌跡を辿るんでは
ないでしょうか?次の3年相場のイメージを年内にしっかり作る必要がありますね。
それでパフォーマンスは大きく変わってくると思います。未来があるのか?
既に過去の遺物になっていくのか?の見極めが大事ですね。そしてそれは正解
なんぞありません。後でわかるだけの話です。成長が鈍化し、一旦吹き上げた
銘柄に過大な期待は禁物です。上昇相場では中小型の成長株が一番美味しい
です。その銘柄選択は蛮勇が一番大事なのかもしれません。
「こんな銘柄・・・・本当に来るのかな????」かもしれません。

たぶん、あなたも私も次の3年相場をどう戦えばいいのか頭では理解していると
思います。後半に吹き上げてくる成長株をコツコツ仕込む。NTT等のM&A株、
商社、資源、建設等の内需、これら大型株がまず先に動くでしょうから、信用で
追いかける場面がどこかで来る。それを待つ。その信用も損切りできない方は
駄目です。負けず嫌いは損切りしません。・・・・なぜ?それは多分本当の勝負を
これまで一度もした事が無いからです。

「あなたはこれまでオリンピックで金メダルやノーベル賞獲得や甲子園優勝を
狙って真剣な勝負をしたことがありません!」

「ケタさんはあるの?」

「全くありません(きっぱり!)だから買わなくていいところを買ったり、損切りしな
  きゃいけないところをズルズルホールドします。ここが勝負だ~というとこで
  ビビリます・・・・・しくしく」

まぁどちらにしても11月~12月でしっかり調整してくれれば、来年から始まる次の
3年相場の準備ですね。現物は何を買うか?信用で美味しいのは3~4週間
くらいですね。ドカーと上げて後はズルズルですから、去年の鉄がそうですね。
そして各セクター毎に順番に上げていく。そんな感じでしょう?たぶん。
ズルズル期間に信用は儲けそうで儲かりません。(きっぱり!だって下手だも~ん)
しかし一方で機関の買いが入り、コンスタントに上げてくる銘柄もある。去年の
商社がそうでしたね。

メリマンの言うように「10月~12月の2番底。安値があれば買うべし、その後大幅な
反騰となり、1~2年で新世紀の最高値をつける」相場になると良いですね。
すると年内はどう攻めるか、あれこれ考えるとても楽しい時間になります。

| | コメント (0)

さらば昭和

「若者は何故3年で辞めるのか?」を読むと考えさせられますね。ホント。

毎日株の話では退屈なので、今日は団塊のおじさん達の話をしてみましょう。
毎日書くということは・・・・タネがつきてきますね。

昔の日本企業はだいたいどこも同じと思いますが、しばらく社内で業務と覚え
させると、大体営業をやらせてましたね。私も入社数年で営業を経験しました。
営業は面白かったですね。ブログでもわかるようにあちこちに行ってアホな話を
してました。・・・・・・・・ノルマさえ無ければ天国でしたね。うっっ。

そしてやって来たバブル経済。ちょうど団塊の世代が第一線の管理職の時代
ですね。どこの業界でも売上げ競争は厳しくなるし、ノルマも無茶苦茶な数字に
なるしで大変でした。とにかく売上げがすべての時代ですね。

団塊のオヤジさん達はとにかく競争意識が強いし、社内出世競争も激烈です
から、とにかく部下をしごきまくるんですね。私も毎月のノルマを何だかんだと
こなしていたんですね。「燃えてますよ僕は~」というスタイルが嫌いだったので
ふん、ふん、と言うスタイルでやっていたんですが、私の団塊の上司はそれが
気に食わないかったんでしょうね。ある月、どうしても達成できなかったです。
上司はこのタイミングを待っていたんでしょうね。

「ケタ、なんだ今月は駄目じゃないか、どうしてくれんだ~お前のおかげで
営業所全部が迷惑するんだ~」

「(あの~私以外も達成してないんですけど~) はっすいません、来月は
  頑張ります」

「何~来月だとう、お前ノルマをなめとんのか~今から営業に言って来い。なんと
  してでも達成するんだ~」

「え~もう夜の8時ですけど~」

まぁ私は仕方なく、夜の街に営業にでました。しかしそんな時間にお客さんのとこに
行ったら却って不気味ですね。結構横着だったもんで、缶ビールを買って、公園で
飲んでいたんですね。そして11時半くらいになったもんで、そろそろ帰ろうかな~と
営業所に戻ると・・・・・・・明かりがついている。

うげ~上司が一人で私の帰りを待っている・・なんだこの青春ドラマみたいなノリは~
まぁそうは言っても世間はお付き合いが大事なんですね。上司の世界に入ってあげ
ないといけません。(今の若い奴は絶対入らないよな~)

「上司、すいません。待っていてくれたんですね。あちこち回りましたが達成
  できませんでした」(嘘ばっ~かり)

「うん、ケタ、良く頑張った。何事も一生懸命にやることが大事だとわかったな」
(上司少し涙ぐむ)

「上司、すいません、私のためにみんなに迷惑かけました。どうすればいいんで
  しょう?」


「いいんだ、ケタ、また来月頑張れば。何事も頑張ることが大事なんだ。さぁ
帰ろう」

「ハイ、来月は必ず頑張ります」(お付き合いで少し涙目にする)

なんか巨人の星やアタックNO1の世界ですね。昔は根性~だったんですね。
そして団塊のオヤジさん達は集団行動が大好きですから、良く飲みにみんなで
連れて行かれました。え~また行くんですか~でしたね。最初はちょっと高尚
なお話。酒が入ってくると

「○○部の××は俺より馬鹿なのになんで出世が早いんだ~あいつは△△部長
  にゴマばっかりすってるからな~」

「ゴマする奴ばっかりで嫌になるな~ところで僕は××部長に可愛がられている
んだ~」

みたいにほとんど社内人事の話で終始します。会社だけがすべて、その中の
人事がすべて、そして経済も会社もドンドン大きくなって、給料も年功序列で
上がっていくと思っていた時代・・・・・・・・・まぁ幸福な時代だったんでしょうね。

平成の世でかなり変わりましたね。国際M&Aの時代になるとますます変わって
いくんでしょうね。そうは言っても団塊の世代は幸福ですね。今後数年は好景気
でしょうから、退職金は大丈夫です。たぶん。しかし副島さんによると2015年は
日本は米国に吸い取られてガラポンになるみたいですね。この2015年と言えば
団塊の世代の年金給付が始まる年なんですね。う~ん、大丈夫か~

将来を悲観しても仕方が無いですね。なるようになるでしょうから。それより
来年から始まるであろう新3年サイクルの相場にどう乗るかですね。(おいおい)
投資スタイルはいろいろありますけど、澤上さんスタイルでインデックス並みの
成績じゃ嫌ですね。2010年で終わりになっても困るし。カリスマ投資家さん達が
メディアで騒がれた時に「若い奴は大胆で凄いな~」と感心しました。プロの方は
内心面白くなかったでしょうけど、痛快でしたね。
数百万円から数億円がボンボン出ましたからね。下落相場では超危険な
スタイルですけどね。

昭和の時代はある程度のスタンダードと言うかレールがあった時代ですね。
今は、自己責任で好きな方法を模索してやるんでしょうね。ド素人しかできない
高パフォーマンスを叩き出したいですね。

「ケタさん、そんなド素人の手法じゃ、下落相場ですぐにやられますよ」

「下落相場が来たらすぐにやめるわい。ド素人と自覚はしてるわい」

| | コメント (4)

今日も良い天気ですね

良い天気が続きます。今日は休みで出かけます、ブログを書いて出かけます。
商売はあまり儲かりませんね。でも設備はしたい~でも借金は絶対嫌だ~
皆さん次の3年相場に燃えましょう!40億円の社長じゃないですが、株で儲けてる
方は、結局安値を買って、高値で売る。この株の原則をシンプルに実行している
方です。買い方にとって安値が出現すれば、それでもう「あ~また儲かっちゃう~」
と言うことです。待つ時は待つ。売るときは売る。メリマン読んで、メリハリマンですね。
ヤフー掲示板で、ソースは誰かわかりませんが、ある方の意見が掲載されてました。
非常に納得できる意見でしたので、載せて見ます。

最近のヘッジファンド動向について

ヘッジファンドは今年も大量の資金を集めたが、業界全体で
見ると今年の
稼ぎは良くない。上半期は商品買い、株安、
債券売りのポジションを組ん
だところが多かったが、結果は
破綻する大手ファンドも出たくらい悲惨
だ。平均で1%程度
のリターンしか上がっていないという。商品系が下が
り始めて
破綻しかかっている同業がいる中、目端の利いたファンドは

下期に入って、全く逆のポジションを取った。商品売り、株、
債券買い。
ライバルの同業者の投げで自分達が潤うのはまさ
に一石二鳥。


そういう彼らも上半期はやられたはずで、この11月末までに
相応の
リターンは確保しなければならない。今彼らの利が
乗っているポジション
といえば、株、債券の買い、円売り、
商品売り。彼らの益出しが本格的に
なると、利下げシナリオ
から債券はバイアンドホールド、商品は中立、
株は売って円買
いだろう。


米株について

日本では米の経済がソフトランディングだ、いやそれにしても
景気減速下
の株高は不自然だとか言っている人が多いが、海外の
大投資家は少し違っ
た見方をしている。彼らは多くの国に分散
投資しており、広く世界を見た
上で、世界景気はすこぶる堅調
だと思っており株式投資には積極的だ。

ダウを構成しているような銘柄はグローバルに展開している
ような企業
が多くその好景気の恩恵を受けている。少々アメリカ
経済が減速したって
どうってことない。ダウだけ買われているのは
質へ逃避だとか言っている
向きがあるがそれは間違い。
むしろ積極的な理由で買われている。


ただ一方で米株高で余裕の出来た投資家はその一部をりぐって、
景気の
良い新興国の株を買い増し始めているようだ。中国、インドを
始めとする
アジア株がメイン。日本株にもその資金は流れてきている。
最近の日米
株価が軟調になってきた中、普通であれば真っ先に売られる
はずのこれら
新興国株が逆にしっかり買われている。

日本株について。
海外投資家の買いが続いているが、11月末に向けたヘッジファンド
の最後
の益出しによる株売り、円買いがどうやら始まったもよう。
この手の益出
しがいくら出てくるかわからないが、この流れに裁定
買い残の解消が誘発
されると想像以上に日本株は下げる可能性がある。
テクニカルには
15500が攻防の分岐点。12SQに向けてある程度
裁定買い残の解消が出る可能性
が高いので少なくとも225
銘柄は一旦
処分してキャッシュポジションをあげておく
ことが賢明。個別では、
米国景気後退、円高シナリオが進むとすれば米国
依存度が高く、円安で
業績が底上げされたような225銘柄は空売りを試
みてもいいくらいだ。
だからといって悲観的になることは無い。むしろ株
を買うには絶好の
機会が来たと捕らえるべき。日経がどれだけ下がったか
より裁定買い残
の残高に注意してほしい。
20億株を切ってきたら、まず新興銘柄。
日経につれ安はするが、もともと売られていたので
10月安値を切
るところまでは行かない。6月安値を10月安値で切らず、10月安値
から
10月下旬高値までのリバウンドが20%以上あり、かつ業績の
いいものをピッ
クアップしておくと良い。その銘柄が10月安値まで
来たら買い下がり。
大型株は米国依存度が比較的低いグローバル
企業が良い。こちらは買い
18億株くらいまで待ったほうがよい。

一方、米国景気減速シナリオが崩れてだらだら株価戻してしまうと
難し
い。買える銘柄は限られており、かつ既に高くてリターンが
薄い上、裁定
解消による急落のリスクを抱えたままでは安心して
ホールドできない。
個人投資家はむしろ買い残解消が進むような
足元の急落相場を歓迎すべ
きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下落が始まれば、いよいよ楽しい銘柄選定です。元外交官原田さん
によるとスイス系あたりはインデックスの指標銘柄より優良中小型株
を物色しそうとのことです。過去のデフレ下の主役がインフレ下でも
活躍できるかですね。へぇという銘柄がスターになるかもしれません。
モーニング娘もヨン様も飽きたでしょう?原田さん一押しは「お魚」
なんですが、資源でありロシアのM&Aだそうです。本当よね?

原田さんは年末~年初くらいに欧州系の買いが入り始めるだろうと
言ってます。良質な買いですね。一方米系はいつものパターンで
ちょっと振るい落として短期でドカーンと上げます。ついてこれない
上げが好きですね。一旦下げるのがサインかもしれません。
来年のどこかでNTTや建設のドカ上げが見れそうです。
私は、(信用)買い、買い、(信用)買い、買い、損切りなんか
しな~い~♪♪でついていこうと思ってます。

マザーズに省電舎という銘柄がありますが、なかなかのアホぶりを
かもし出してます。少しづつ買っていくと2008年くらいに吹き上げ
ないかな?でもずっ~とアホだったら嫌だな~・・・・・2008年に
向けてお宝銘柄探しですね。信用で稼いで、中小型のお宝を仕込む。
たぶんこれがワンパターンのカリスマへの道になるでしょう?
お上品な投資なんか・・・忘れたわ~そんなの。

早くお猿になりたいですね。「お猿のお買いはエッサッサッ~♪」
と早くも浮かれている私ですが、「とっとと下落しろNYに日経!
しつこいぞ~」と思ってます。

PS:今週の成績を出してなかったですね。あまり変わりません。
    プットの含み損は12月物で▲29万円です。しかし40万円ある
  11月物は紙くず確定してると思ってます。だから▲69万円。
  ある時は100万円の含み益。とにかく猫の目のように変わります。
  携帯トレーダーはザラ場はいくらになってるのかさっぱり
    わかりません。短期ではド下手ですが、まぁ遊びだし、第3週まで
    放置しておこうと思ってます。SQまでに500円ダウンが2回あるのは
    困る方もいるでしょうから、月曜日・火曜日くらいは無理上げする
    んじゃないでしょうか?
    その後SQを辛うじて16000円以上で通すと、後は安心してドカ下げに
    なると・・・・・・・・・・・良いですな!

| | コメント (0)

今日は米国雇用統計です

天気が良いですね。日本の山々はなんか美しいですね。アジア各国を見ましたが、
なんか日本の自然は美しいですね。なんででしょうね?日本人だから勝手にそう
思ってるだけなのかな?

さて、NYの雇用統計ですが、好景気はまだ持続してるとすると結構良好な数字が
でるんでしょうか?すると「あれ~金利引き下げはまだまだ無いぞ~」となって
ヤバイ状態になるかもしれないですね。

しかし雇用統計が良いと株価にマイナスと言うのも面白い話ですね。経済学的には
そうなんでしょうけど。私は現在は「経済学的な思想」が強すぎる時代と思ってます。
アナリストは平気で「労賃の上昇は企業業績にマイナスです、常に一定の失業者と
代価可能な低賃金労働者の存在は望ましい」です。と言います。
ふ~ん、「お前が失業者になってみろ。つまらんレポートしか書かないくせに~」

労賃を抑えて抑えてEPSを向上させる。昔は企業の社会的責任は問われてまし
たが、現在は段々弱くなってますね。「わが社はEPSは低いです。従業員にどん
どん還付してますから。わっはははははは・・・・」という企業があれば面白いですね。
株価は低迷して、即M&Aされそうですが。

早く日本株を買いたいですね。でもまだ我慢。日本株を買うのにNYの調整を待た
ないと嫌だというのもちょっと変な時代ですね。「9.11の真実」とかそういう本が
日本でも目に付くようになりましたね。どう見ても国防省に突っ込んだ飛行機の
残骸が無い写真とか。どう見ても飛行機の燃料で燃えているとは思えないビルの
鋼材の写真とか。もしあの真実を米国国民が明らかにできなかったら、米国国民
は世界一の大馬鹿国民ですね。テレビ見せて、適当なレポートを流せば、無条件
でなんでも信じる馬鹿国民に認定されますね。米国国民の良識に期待ですね。

そういう米国の中間選挙前の株高を信じる訳にはちょっといかないですね。
メリマンは2008年の大統領選以降は米国は外国の領土で戦うことは無いだろう
と言ってます。世界唯一の軍事的スーパーパワーを失うことが始まる時期だと。
日本の憲法改正を含む、防衛力の見直しもこの一貫として進んでいるんでしょうか?

メリマンによると米国は2030年頃までに繁栄の絶頂に登りつめ、その後下降する
と言ってます。欧米のインテリちゃんは根本にはローマ帝国の繁栄と滅亡の感覚が
あるんでしょうね。中国はただ王朝が交代するだけの感覚ですね。日本はずっと
天皇家が続いているんで、ひたすら継続ですね。貧乏になってもまだどこかで
良くなるさ~と。

何の話をしているのか?「9.11の真実」これだけは米国国民に一体何が本当に
あったのかを明らかにしてほしいですね。メリマンの言う「世界の法廷に呼びださ
れるリーダー達」が、これに関連するのかどうか?なんかそのことが今後の世界
の政治や社会に決定的なインパクトを与えるような気がしますね。どちらにせよ
我々は「米国の時代」を周辺国の一員として生きているわけですから、狡猾な
米国資本主義&とってもアホな米国国民の組み合わせだけは勘弁してほしい
ですね。

| | コメント (0)

猿でも儲かる相場とは

文字通りド素人が儲かる相場です。2003年5月~2004年4月、2005年8月~
2006年1月がそうでした。みなさんも経験しましたよね。

相場で一番パフォーマンスが良いのは誰か?それはごく一部の個人投資家
です。一番悪いのも個人投資家です。大半の個人投資家は儲ける時は儲かる。
損する時もドカンと損をします。結局次の相場の開始時には資産が減ってたり
します。自分が猿だとわきまえていないからです。では猿でいけないのか?
いいえ、猿でいいんです。私の反省点は前回の相場で猿になりきれなかった
点です。お上品にやり過ぎました。しかし暴落は逃げているので、う~ん、
ピテカントロプスぐらいだったんでしょうね?

信用買は危険と言われてます。短期トレードはゼロサムゲームだから勝てない
と言われてます。「やかましい!じゃ零細投資家はどうすればいいんだ~」
でいいと思います。上昇相場は外資やファンドがあなたの信用買を買ってくれ
ます。プラスサムゲームです。しかし下落相場や持合相場はプロに騙されます。
マイナスサムゲームです。

2003年、2005年もそうですが、メガを信用で追いかける。鉄を信用で追いかける。
そして現物で新興を買う。こういう方がカリスマ投資家になりました。同じことを
すればいいだけです。但し現物で買うのはメリマンによると資源株になるでしょう?
信用で追っかける銘柄もその時々でしょうね。

前回の3年サイクルは大きな上昇が2回ありました。そしてその後の急落。
そこさえ防げばいいんじゃないでしょうか?そして選挙前3週間の法則ですね。

今回は新興への信仰を捨てた方が良いと思います。前回の3年サイクルで
ピークを出し、長期信奉者が上値で待ち構えている新興はたぶんぱっとしない
でしょう。同様SBもやめたほうがいいと思います。竹中が去って、SBへの風
あたりはきついです。財務の弱さがどう出るか心配です。買うなら2009年でしょう。
ちょっと何かが違ってきたか~と言う気がします。
好きな会社の株を買うと言うのは趣味です。趣味かビジネスか割り切りだと
思います。

メリマンと元外交官原田さんの相場感に基づいてグランドデザインを書くと。

この秋のしっかりした調整が必要です。日銀はマネーサプライを絞っているし、
政府は緊縮財政を決定しました。たぶん間違いなく深い調整が始まるでしょう。
個人消費も弱いです。

ここでは資源株を買います。年末年初の中東での紛争による資源の高騰です。
しかし地政学リスクによる高騰などたかがしれてます。資源株は現物で一回目の
上昇相場終了までホールドする株です。

ハイテク・自動車は駄目です。米国が来年前半まで悪いと駄目です。中国も米国
が弱い間は駄目でしょう。

来年早々には米国より内需拡大の要請が来ると思います。政府はどこかの時点
で臨時予算を計上するでしょう。総選挙があるので早い時期に決定するはずです。
するとなんか動き出した建設株が急上昇するかもしれません。日銀もマネー
サプライを増大させるはずです。いつものことです。M&A株も動きだすでしょう。
3月~4月が最も楽しい時期かもしれません。そしてHFの利食いをこなして
総選挙3週間前までは楽しい相場でしょう。しかし選挙後は資源株以外は
手放す必要があるかもしれません。秋は増税で揉めているでしょう。

そして秋以降になると米国経済の回復が見えてくれば、輸出企業が活気づく
でしょう。米国向け輸出が増える中国等の新興国家群も活気づくでしょう。
新興国家群が活気づけば、いよいよ需給逼迫による資源バブルスタートかも
しれません。資源バブルになればコスト転嫁力の弱い企業はもう伸びないでしょう。
資源株独走状態になるかもしれません。そして資源バブルはメリマンによると
突然崩壊します。そのタイミングでは全部売却して逃げ切りです。

私は2008年前半くらいに日経平均は今世紀の高値をつける可能性があると
思います。メリマン読むとそう思います。2008年以降は国債償還が重くなって
きます。そして資源バブル崩壊後に長い調整を得て、2回目のもしかしてハイテク
バブルのようなものが来れば、それが最後のバブルになるのではないででしょうか?
それは限定された銘柄だけの上昇になる可能性が大です。
そして2010年は米国と中国のバブルが一番凄いと思います。
そしてドッカーン。まぁそのあたりはメリマンのフォーキャストシリーズを読めばヒント
が出ているでしょう。しかし2007年~2008年はきっと凄いですよ。ムヒヒヒ。

100万円くらいの元手があれば、2010年には1億円くらいにはなっているでしょう。

「ケタさん、本当?」

「いや、3千万円くらいにしときましょうか」

要するに今の相場は外資が操る急騰急落相場です。それにあわせて急騰する
間だけお猿さんとして参加すればいいんじゃないでしょうか?そして2010年に
最後にプットを仕込んで、相場とおさらばです。難しい相場で、プロが難しい
ですね~などとほざいている相場に参加する必要は無いですね。自分で真剣に
資産作りを考えるべきです。本当に最後の相場だったら・・後悔したくないですね。

では最後にお猿さんの歌です。

買い、買い♪買い、買い♪お猿さんだよ~

買い、買い♪買い、買い♪日本の島の~

(信用)買い、買い♪(信用)買い、買い♪損切りが遅い~

買い、買い♪買い、買い♪お猿さんだよ~

元歌はこちらです。(アイアイを探してね)

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html

あ~なんと格調高いブログなんだ~

| | コメント (0)

NY次第ですね

一旦下げ止まった形ですが、たぶんもう無理でしょう。5兆円の裁定買残が
逆回転になると思います。

但し親分NYがまだ25日線の上で踏ん張っているので、簡単には下げられない
ということでしょう。NYは今日の製造受注統計、明日の雇用統計で弱さが
出てきて、中間選挙で共和党が敗北すれば一気になるんではないでしょうか?

経済に弱さが出てくれば、金利を下げればドル安。上げれば住宅価格が危ない
とのジレンマに陥ると思います。昨日の記事が本当かどうかはわかりませんが、
経済を減速させている中で原油を叩き落としてアホな株高になるかもです。

NYが急落すれば日経もかなり危険な水準だと思います。裁定買残が自動的に
解消売りに見舞われて14000円の覚悟も必要かな?と思います。新興もタチの
悪い手合いが入っているようなので、どこかで投げてくる可能性は大と思ってます。
たぶん日経は下記のような形になるんではないでしょうか?

http://www.geocities.jp/kabu_soubasi/chart/sitane.html

危険な相場に参加する必要は無いと思います。11月~12月にしっかり下げれば
来年から「猿でも儲かる相場」になると思います。次の3年サイクルです。

01











最近、上記の本を読みました。私はサラリーマン辞めて7年になります。よくわかり
ませんでしたが、この本を読むと今の20代~30代前半の若者の雇用環境は酷い。
日本だけじゃないでしょうけど、年配者の豊かな生活を維持するために若者が
犠牲になってます。若者を犠牲にしてる日本の株に長期投資をする気は全く無く
なりました。フリータや派遣労働者を酷使して積み上げるEPSにどれだけの
持続性があるのかも疑問です。雇用環境と言うより生存環境がはなはだしく
悪化しているんでは無いでしょうか。そして国家の借金はすべてこれからの世代が
負担しないといけません。

今のなんかよくわからに相場に買いで行く必要は全く無いと思います。もしあなたが
若い方なら次の3年サイクルに全力で向かうべきです。次が人生最後の上昇相場
かもしれません。「猿でも儲かる相場」は猿になりきるべきです。株式相場には
けったいな迷信が多々あります。例えばバフェトの長期投資もそうです。バフェトの
大底を拾う姿勢には勉強になります。しかしバフェトの時代の長期投資が、これ
からの時代にどれだけ適応できるか?デリバティブと投機資金の増大により
相場は急騰し急落します。メリマンの言う72年サイクルのピークが2010年に来ると
したら、相場は高値から90%の時価総額を吹っ飛ばす暴落が最後には来るはず
です。それは資産バブルの崩壊を防ごうとする米国のマネーサプライがもたらす
と思われます。

今は情報化時代です。みんな知識はバンバンにあります。以前に紹介した
「ディトレーダーを鴨にする・・・・」の中丸さんも典型的なそういうタイプだと思い
ます。(ごめんね~でもそうよ)
しかしそれを自分の勝負として考えてみようとしない。そこで思考中止になって
います。そして気づいたら2010年の暴落に巻き込まれているかもしれません。

過去の知識だけで、現在・未来を戦えるほど、相場の世界は甘くないと思います。
それは団塊の世代の上場企業の役員のオヤジが、フリーターや派遣労働者に
「コツコツ頑張れば俺のようになれるからな」と言っているように感じます。
フリーターや派遣労働者は一部の例外はあるでしょうけど、そりゃ無理です。
時代が違います。

マネーがすべてでは無いけど、マネーがあると道が開けることも多々あります。
では「猿でも儲かる相場」に猿として参加するということはどういうことか、
次回で私の暴論になりますけど、述べてみたいと思います。

| | コメント (4)

11月は

買いはくれぐれも慎重にですね。中長期の買いはよほど用心しないと
危ないです。年末くらいまでに買ってもいいかもしれないですね。

この方のブログで以下のような記事が紹介されてます。元ネタは欧州の研究機関
みたいですね。情報の信頼性は私には判断つきません。

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/67f636d362f5a8ea01a8a6f3dda0e266

しかし描かれている世界が、メリマンの描写する世界とあまりにも似ています。
国の財政の負担になるような損出が表面化するまで株はお休みかもしれない
ですね。また米国株式が20%超調整すると言っても、私自身「メリマンさん、
それはあまりに無茶だろう」と思ってましたが、この報告書を読むと「ありえる
かも?」と言う気になります。そして来年前半の米国株価の不調も合致します。

まぁ非合理な世界と思うかもしれませんが、秋月先生のハードアスペクト占星術
での、11月15日~28日までの「闇の世界の浮上」の期間に、何か金融上の
スキャンダルが表面化するかもしれません。メリマンの描写する世界になって
いくのか?それとも何事も無いのかはよくわかりません。

メリマンはドル・円についても2006年6月~2007年4月まで深刻なドル安を迎える
かも?と言っています。とにかく今年のメリマンは何か「不気味さ」を感じさせる
記述が多いです。特に選挙・政治がらみでの記述が目立ちます。

「私は、今後2~3年以内に多くのリーダー達が世界の法廷に呼び出されて、
過去の行為について説明をさせられる事態が起きると思う。旧世界のリーダー
の中では、サダム・フセインが過去の行為について裁判所に出頭を求められる
1人であろう」

メリマンらしい注意深い記述です。じゃ新世界(新大陸?)では誰なんだと。
どうみても複数の人間がいますね。

米国では何か、日本ではわからない、政治的な大きな変化がでてきているようです。

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »