« メリマンを検証する② | トップページ | 今週の成績 »

メリマンを検証する③

最近、金曜日が休みが多いんです。おかげで今日もゆっくり株を見れます。
ありがたいことで・・・・・・・・・・

新興はUSEN・・・・おまえは。HFさん達も止めたのかな?そうだとするとお終いです。
日経は後場どちらかに動かしそうですね。売りを踏み上げるか?下にもっていくか?

さてメリマンの今後の予想になりますが、今の相場はNYを中心に動いてますんで
NYの予想からいきましょう。

NYダウ

①10月23日より株価は苦闘し、金は上昇する。
②10月末~11月初にかけて4年サイクルのボトムをつける。高値より20%超の
    下落。
③変化日は3日あります。11月7日、11月16日~17日、12月1日~4日。
   (メリマンはこの間で反転すると言ってます。中心の11月16日~17日で
     反転するか、3度ボトムをつけるかはわからないと言ってます)

さて、前回紹介した記事からも現在のNYの株高はHFの異常なポジションに支え
られているみたいです。そしてプログラミング売買が逆方向に振れた時は無茶
苦茶な下落になります。常識的は11月7日の中間選挙まで高いと思いでしょうが、
米国は、上から下までみんな自民の日本とは違い、二大政党です。民主党にとって
は中間選挙日が最安値となることが有難いでしょう。

1151940395_2




上記は過去のブラックマンデーのチャートです。10月2日の戻り高値を今日のSQ日
とします。すると月曜日から下落が始まり。ちょうど11月6日がブラックマンデーと
なり、11月7日の中間選挙日が最安値の日になります。

何が起きるかわかりません。起きなければ起きなくて良いです。しかし米国も日本も
積み上げた先物の買玉は12月のSQ日までに処理しないといけません。3月に
ロールオーバーと言う手はありますが、日本と違い、景気減速感がはっきりしてきた、
米国では一気に売りにでる衝動が強いでしょう。しかもOPECの減産が決定しました
ので、原油買&株式売りの逆オペレーションへ走る誘惑が出てきました。HF同士の
抜け駆けが始まる可能性があります。ちなみに高値より20%超というと9600ドル
以下です。甘く考えるべきではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日経平均

元外交官原田さんは買いは今週まで、来週より下落が始まる、年内は静観、買い場
捜しと言っていました。ソニー、NECみても、なんかな~という気がします。メリマンの
予測です。

①10月~12月に二番底をつける。安値が出現した時は投資家は買いを狙うべき
    である。
②この安値後はかなりの反騰が予想され、その反騰は2007年あるいは2008年
   まで続く可能性がある。
③2007年~2009年にテクノロジー関連の数社が破綻する可能性がある。

日本株の現在の上昇はNYダウに支えられています。そのNYダウが急落したら、
NY同様、先物主体で上げてきた日経ももたないでしょう。さらに決算の失望感が
重なり、北朝鮮の核、とどめに日銀の利上げが来る可能性が大です。

しかし、我々は祝福すべきです。なぜなら企業は決算を抑えるかもしれませんが、
業績の良好な企業はたくさんあるでしょう。北朝鮮の地政学リスクも原田さんに
よると来年は急減します。そして日銀の利上げは長期的に見れば債券から株式に
資金が流入します。ファンダは悪化していないのに、需給の崩壊で大安値が出現
する可能性大です。その大安値で売ってくれるのはHFです。最安値をつけるまで
静観です。彼らの途中の売りを拾う必要は全く無いです。所詮、中長期投資家なら
待つ人間が勝ちます。

そしてテクノロジー企業の破綻ですが、デント氏のハイテクバブルと全く矛盾します。
あれこれ考えました。2003年のメガバンク相場が参考になるかと思います。
明治維新と対比して考えましたが、夜明け前が一番暗いのです。絶望しかけたら
いきなり夜が明けました。ハイテクもそうなるのではないでしょうか?今後のハイテク
企業の業績は悪化すると思います。まして日本はハイテク企業の集約化が進んで
いません。米国、欧州、韓国と比較して日本は小粒なハイテク企業が多すぎます。
上位5社でもサムソンの時価総額には負けます。

世界的な競争になると、日本でも合従連衡が強力に推進する必要があると
思います。技術で勝っても、資本で負けると、今後の世界での競争力は低下
するばかりでしょう。そして、生き残ったハイテク企業間で、ヒラリークリントン
大統領後に第二次ハイテクバブルが来るんじゃないでしょうか?それは今よりも
もっと技術的に進んだものかもしれません。まぁわかりませんけど。

そして、最後にバフェトの話を紹介しましょう。2003年に日本株が立ち直って
いる時に、バフェトも買っているかな?と話題になりました。その時、バフェトは
こう言っていました。「中国の石油株と銀を買っています」・・・・・・・
そして去年バフェトはこう言いました。「日本株買いたいです。その世界的ビジネス
モデルを・・・・」

この話から以下のことが推測されます。「バフェト、あんた、2003年にシコシコ
買っていたな~そして去年売り抜けただろう~もしかして次に買うのは内需株か~」

まぁわかりませんけど、国際M&A株、資源株、ハイテク株、新興株・・・・どこを
買うか良く考える必要がありますね。

|

« メリマンを検証する② | トップページ | 今週の成績 »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリマンを検証する② | トップページ | 今週の成績 »