« 金相場 | トップページ | ん~これは殉教かな? »

今週はFOMCですね

米国では火曜日と水曜日にFOMCですね。金利と株価と原油の関係がいろいろ
言われてますが、私の基本認識は以下です。

FRB一家の基本方針:資産バブルは許さない。資産デフレは死んでも許さない。

さて、このFRB一家にはFF子がいます。そしてウォール街にはダウ男とナス男が
います。性格は以下です。

FF子              :まじめ、厳しい、しっかりしている、昔の学級委員タイプ
ダウ男・ナス男 :お調子者、いたずら好き、お天気屋、いざとなると気が弱い

景気が良くなると、ダウ男とナス男は上に上り始めます。最初はおずおず、
段々調子に乗ってきます。FF子もすぐに後を追っかけ上りはじめます。

そして両者ともお互い高い位置でにらみ合い状態になります。ダウ男・ナス男は
なんだかんじゃと言って、まだまだ上ろうとします。そしてFF子に言います。

「少し、下げてくれたら、もっと上に上れるんだけど~」

「いい加減にしなさい。いつまで調子に乗っているの、さっさと調整しなさい」

「ふぇ~ん、FF子の馬鹿~」

調整が始まります。しかしダウ男とナス男はお天気屋でアホなのです。
しばらく調整すると。

「うぉ~俺達は実は馬鹿なんだ~もうだめだ~うぉ~調子に乗りすぎた~」

FF子はダウ男とナス男が下げ始めると、すかさず後を追いかけます。
そしてダウ男とナス男が泣き言を言い始めたら、こう言います。

「何を泣き言いってるの、しっかりしなさい。こんなに私も下げたわよ。元気出さ
  ないと蹴りをいれる、じゃなくてマネーサプライ入れるわよ」

そして、金利はボトムをつけ、マネーサプライは拡大し、ダウ男とナス男のソフト
ランディングに成功します。だから今週に金利を下げるわけがありません。
むしろ金利上げに言及するんではないでしょうか?金利を下げる前提条件は
ダウ男とナス男が先に調整することと思ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし何故こんなにFF子は賢いのでしょうか。実はFF子には友達がいます。
名は公定歩合子といいます。極東のある国に住んでます。

89年に日経平均男は普段まじめなのに、この時期は大活躍してました。
公定歩合子はゆっくりと日経平均男の後を追っかけました。しかしあまりにも
遅いので、日経平均男は調子に乗りすぎて疲れ果てました。公定歩合子は
遅すぎたのです。日経平均男は行ってはいけないとこまで行ってしまったのです。
90年1月から日経平均男は下落を始めます。しかし公定歩合子は更に上に
上っていき90年8月にピークをつけます。

なぜそんなに日経平均男を苛めたのでしょう?それまでは知らん顔していた
のに。それはその国には土地男という怪物がすんでいました。
公定歩合子は総量規制子の応援も得て、土地男を苛めます。
「ガス、ガス、ボカ、ボカ」。さすがの土地男も「ひぇ~ん」と泣き出しました。
戦後初めて泣いたのです。国民もびっくりしました。神話が崩壊した瞬間でした。

それからは大変でした。バブル崩壊の後の資産デフレ。日経平均男も土地男も
引きこもりになりました。慌てた公定歩合子が「ほらほら、ゼロ金利よ」「ほらほら
今度は量的緩和よ」と言っても、日経平均男も土地男も黙って下を見るばかりです。
街を歩くサラリーマンもみんな下向きになりました。

FRB一家は知っているのです。資産デフレの恐怖を。どこかの国を反面教師にして。
株のバブルは結果的に資産デフレを招くことを。現在のFRBはNYダウについては
12000ドル以上は容認しないと思います。それが今週にはっきりすると思います。
しかし9000ドル以下になることも容認しないでしょう。どちらにしろ11月の調整は
必至と思います。そして調整後のマネーサプライがどこへ向かうかですね、
大事なのは。公定歩合子の失敗は極東の国だけの問題でなんとかすみました、
しかしFF子が万が一失敗すると、世界経済がボロボロになります。FF子の責任は
重いのです。HFごときが死のうがどうなろうが、やる時はやるはずです。

それとダウ男とナス男はパシリを持ってます。名は円キャリー男と言います。
油買いて~株買いて~と言うと、円キャリー男を呼んで金を持ってこさせます。
たぶん、FRB一家から叱られて、そのうち金利上げになるでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日経平均は気持ち悪いくらいに2003年10月~11月に似てきました。直感的にそう
思います。2003年も第四週の月曜日は強かったです。そして火・水・木と3日間で
1000円近い調整に襲われました。それから11月初日までよろよろと戻り、第二週
から暴落モードに突入しました。なんとなく・・・・・そうなるのかな?と言う気がして
います。

PS:今日の話は、株価と政策金利の長期チャートを日米で比較して私が勝手に
      想像したものです。だから信用度は低いです。あくまで自分で考えてください。
      私は誰かの言ってることを、さも自分の意見のように言うことは嫌いです。
      別に誰かにどう思われようと気にもしません。情報の発信元をはっきりした
      方が情報の深みにつながると思います。なぜなら情報の発信者によって、
      どういう意図でその情報を流しているのか?という分析が結構大事だと
      思うからです。メリマンは比較的クールだな~と割と信用しています。

|

« 金相場 | トップページ | ん~これは殉教かな? »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金相場 | トップページ | ん~これは殉教かな? »