« ひぇ~相場は来るか?(日経編) | トップページ | あなたは未来志向ですか? »

ひぇ~相場は来るか?(新興株編)

今日も新興株は弱いです。「その日」を織り込んでいく動きかもしれません。
まず7月のマザーズのチャートを見てください。日経は7月18日に底打ちましたが、
マザーズは7月27日に壊滅的な打撃を受けてやっと底打ちました。7月の高値から
441ポイントの大暴落です。これを8月25日の1386ポイントを高値とすると、
今回の底の目処は945ポイントです。

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0149

いったいこれは何でしょうか?やっぱり「その日」が来るんでしょうか?

もう一度、上記のマザーズのチャートで月足を見てください。なんと2003年9月
の997ポイントに帰っていく動きです。そうです、これは単純に3年間続いた
「新興株バブル」の崩壊の最終局面なのです。「その日」は単にきっかけに
すぎないのです。たぶん。

ジャスダックやヘラクレスは2003年に比べてまだまだ高い位置にあります。
そうすると新興市場の株、もしくは新興株もどきはもっともっと下落すると
思います。その最終局面がこの秋に見れるということでしょう。たぶん。

2002年は新興株は誰も相手にしてませんでした。2000年のITバブル崩壊が
尾を引いていました。その後2003年にメガバンク相場がやって来て、単純に
言えば過剰流動性相場がスタートしました。その資金が新興株に向かいました。
中小型株ファンド、証券自己、個人、怪しい匿名投資組合の4者でイケイケ相場を
演じました。買い支えによって日本一の高額所得サラリーマンも誕生しました。

そして企業サイドはそれにどう応えたか?「分割バブル」でした。市場の不備を
狙って、分割バブルを繰り返し、得た資金でM&Aを仕掛け、見かけの売上げと
利益を出していく。個人はこの分割バブルを熱狂的に歓迎しました。
本業は儲かってねぇじゃないか!と言うような企業ばかりが出てきました。
そこにはマイクロソフトもインテルも任天堂を感じることはできない市場に成り果
てました。挙句の果てにはテレビ局を買収しようとする。
「お前達は・・・殺すぞ、このガキどもが」・・・と言うのがライブドアであり楽天で
あるかと思います。本業さえマトモにやっておけば・・・マネーゲームに溺れましたね。

楽天・インボイス・ヤフー・・・・・・・「分割バブル」を享受した企業にはつらい道が
待っていると思います。SBだけはネット料金が安くなったのでまぁいいかなと
思ってます。

この9月にはSBを使って、新興の最後の嵌め込み相場を演じるかな?と思い
ましたが、それはもう無いようです。なぜでしょう?たぶん週刊新潮の記事が
効いたんでしょうね。証券会社の足並みがそろわなかったか、当局の中に
良心的な方がいたかどうかはわかりません。

そしてここまで書いて、私はまたまたあの「ITバブル崩壊」を思い出しました。
結局あの時にもっとも痛手を蒙ったのは、どのような個人であったか。
次にそれを書いてみましょう。

|

« ひぇ~相場は来るか?(日経編) | トップページ | あなたは未来志向ですか? »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひぇ~相場は来るか?(日経編) | トップページ | あなたは未来志向ですか? »