« 出ませんね~ | トップページ | 通信株について »

通信株の割安比較

ん~と、今日は昼からずっ~と仕事なので今のうちに書いときます。

「ケタさん、あんた暇人じゃないの?」

「実はこれでも、毎日4時半に起きてます。5時までNYを眺めて、即仕事を
してるんですよ。家族にはこれは大事な仕事だ~と言ってます。負けたりしたら
大変なんです」

まぁそんなことはいいとして、今日は引き続き石油資源を買いました。原油の
変化日は、8月30日、9月25日・・・・原油の反転を期待しての買いです。ついでに
新日鉱HDが900円を割れていたので、信用で買ってしまいました。引き続き
原油が下落すると・・・・あ~怖い。

相場の方は強いような弱いようなですね。でも10月までは強気です。16300円の
壁を突破するには、売り方を燃料にするんでしょうね。SBも売り方を集めるために
利用されてるのかな?GSがどこかで強気のレポートだしたら面白いのに。
メリマンの言うように「異常な理由」により9月22日~10月23日に高値をつける
はずです。しかし異常な理由って難なんでしょう。原文はアブノーマル・リーゾン
なのかな?なんか怪しくてとってもいいですね。

通信関係が熱いですね。この秋は面白いような気がします。資源と通信の秋・・・
さてその通信なんですが、この前の田中式で割安度を計算してみました。
田中式では固定資産は「投資有価証券と長期性預金」しか認めないので、巨額の
通信設備がかかる通信企業はどうしても割高になります。それに投資有価証券と
言っても「簿価」ですから。「時価」を計算しなといけないんでしょうね。

「それじゃ、ケタさん計算して」

「嫌じゃ、めんどくさい、自分でやりましょう」

KDDI

前3月期の営業利益2965億円とすると、時価総額3兆3千億円に対して企業価値
1兆6千億円で208%・・・・来期の営業利益も2890億円見込み、こんなもんかな?

ドコモ

前3月期の営業利益8326億円とすると、時価総額8兆2千億円に対して企業価値
約8兆円で103%・・・・安い~最初のぼろ儲けの差ですね。
来期の営業利益もこんなもんでしょう。

NTT

前3月期の営業利益1兆19百億円とすると、時価総額9兆2千億円に対して企業価値
3兆8千億円で238%・・・ふ~んこんなもんでしょう。来期の営業利益も同程度を
見込んでます。

で、この3社の中で買収するならどこが一番いいか?そりゃNTTでしょうね。
NTTはドコモ、NTT都市開発(時価総額5838億円)、NTTデータ(時価総額
1兆5千億円)を支配してますんで、この3社の合計の時価総額は10兆3千億円
になります。するとNTTも安い~になってしまいます。

SBについては来期の営業利益が3000億円くらいだと、時価総額2兆2千億円に
対して企業価値は1兆3千億円くらいで177%と書きました。
しかしよく考えると、これから設備をドンドンするのに、営業利益3000億円はやっぱり
厳しいでしょうね。これがどの程度になるのかで強弱対立しますね。

SBは保有するヤフーとかガンホーとかの保有する株式の含み益は8月29日で
1兆3千7百億円あります。(HPに掲載してます)実質支配している企業の時価総額を
まるまる計算するともっと価値は高いでしょうね。更に携帯部門を切り離して上場
させることも当然やるんでしょうね。世界企業のボーダフォンとの相乗効果は今は
未知数ですが、将来はどうなるんでしょう?

「外資はSBの株を買い捲ってたりして・・・」

「調子に乗って空売りをかけているにわか売り族は大丈夫か?」

「早く、GSリポートを出せ、どうせ9月~10月の上昇相場の踏み上げのために
  燃料を集めているだけだろうが・・・それとも出すのは最後かな?」

相場の方はまだNYも東京も上放なれたわけではないです。まだまだ揺さぶりを
かけて売り族をためるんでしょうね。弱く見せた方が面白いです。本当に弱くては
困ります。

NTTを買ってしまいました。あと現金が25%ありますんで、これはSBにぶち込もう
かと思ってます。タイミングですね。毎日怪しい占いをしなければいけませんね。
SBが盛り上がれば新興もフルパワーですね。そして今売ってる個人が買うと・・・
地獄の11月に招待されるんでしょうね。目先の欲に眩むものは仕方無いですね。

「ケタさん、本当?」

「いやわかりません。買い方が9月に地獄に招待されるかも?  しかし異常な理由
ですから、そうなるように祈りましょう。 エコエコアザラク、エコエコアザラク・・・・・」

|

« 出ませんね~ | トップページ | 通信株について »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出ませんね~ | トップページ | 通信株について »