« 先物あきまへん | トップページ | さて明日は変化日です »

信用買を考える。PARTⅡ

といっても最終回でしょうけど。

信用買は勝てば楽しいです。濡れ手に粟です。特に大幅に勝った時は
一部を現引すればただで株をもらえた気になりルンルンになります。
ではどうしてこれでみんなドツボるのでしょうか?
時期があります。連続信用買をしてはいけません。損切りできないからです。

一番信用買いにいいのは、外資という巨大な鯉が動きだした時です。
2003年5月にメガバンクに現れました。ふつうの鯉(証券自己)も
メダカ(個人投資家)も来たーと巨大な鯉についていきます。
ブラックバス(売り方)が挑んできますが巨大な鯉に蹴散らかされます。

そして数ヶ月したら巨大な鯉は休憩に入ります。最初からくっついて来た
メダカも一緒に休憩します。最後について来たメダカは休憩なんか嫌だ~と
うろちょろしてブラックバスに食べられます。普通の鯉は多くのメダカを
誘って新興株に行きます。

2005年の鉄鋼株でこの巨大な鯉が動きだしました。普通の鯉もムチャクチャ
暴れてました。あまりにも大きなグループが出来たので上昇は二ヶ月あまりでした。
それでもあの鉄鋼株がまるで低位株のように上昇するのは壮観でした。

その後普通の鯉とメダカの一群は新興株に群がりました。でもこの普通の鯉は
満腹になったらさっさと逃げます。取り残されたメダカの群れは、気分はまるで
黒部峡谷になります。

では来年には再度この巨大な鯉が動くんでしょうか?動くとしたらどこに来るんで
しょうか?私は鉄鋼株の二段上げが臭いな~と思ってます。そして商社株も
来てもいいよね~と思ってます。巨大な鯉は図体がでかいのでそれなりの大型株
グループが必要です。そして外資がまだ半分以上持ってない一群です。

結構日本株も底上げされてきたので、2003年の銀行株や2005年の鉄鋼株
みたいな上昇はないかもしれません。銀行ときて、鉄鋼ときたら商社だろう?
PERも低いし~と思ってますが、さあどうなるやら。

祭りがあれば、その後必ず普通の鯉が新興株祭りを開催します。信用買いの
儲けで新興株を買っていけば、一粒で3倍以上はおいしいです。

カリスマ投資家の皆様はテクニカルじゃファンダじゃバフェトじゃリンチじゃと言っても
実は信用買でボロ儲けした方達ばかりです。その時が来るのを期待したいです。

しかし人間悲しいかな頭でわかっても、なかなか全力では買えません。運と器と度胸
が違うみたいです。私は2003年、2005年と美味しい目に会いながら億は
ありません。元金の小ささはあまり関係無いです。信用買がはまると雪ダルマです。
まぁでも暴落相場はだいたい逃げ切ってますし、どんな相場でも負けない投資に
重点を置いてるの仕方ありませんね。毎年毎年コツコツです。たとえ長期下落相場が
来ても増やしてやると思ってます。でも次が来たらもう少し頑張ろうなんて思ってます。
それまでは遊び程度の信用買いです。

先月、占いでサイボウズに最高の卦がでました。買いだ~と信用で買ったのが30枚
です。翌日からストップ高連荘でした。300枚くらい買っておけば・・・・・まっでも
そんなもんですね。儲け損なったという感性は相場ではタブーです。ハハハハハ。

|

« 先物あきまへん | トップページ | さて明日は変化日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信用買を考える。PARTⅡ:

« 先物あきまへん | トップページ | さて明日は変化日です »