« SB戦慄のシナリオⅡ | トップページ | ああそう言えば »

SB戦慄のシナリオⅢ

さてまたまたSBです。子孫申金ことGSが買いの個人投資家を
助ける決定的な動きをすると書きました。

その前に今回のメリルの出した1800円の意味を考えます。
現物ホルダーは一斉に反発するとともに底値が見えた安心感を
持ちます。特にこれから買おうとするホルダーは下げても大した
ことは無いと感じます。一方高値の現物ホルダーや信用買いホルダーは
諦めとともに売ってしまう方が続出すると思います。相場の前提のホルダー
の簿価を下げるには良い働きをします。上昇すると空売りが増加する良い
作用もでてきます。

さてここでメリマンの予測が出てきます。メリマンは日経平均の欄にこう
書いてます。7月10日~8月5日の間は通常、株式市場は低迷し、その直後
から反騰が始まる。しかしその反発は限定的かもしれない。何故なら
その後、土星及び木星とホロスコープの太陽がT字スクウェアを10月31日
~11月21日の間形成するからだ。(10月まで反発してくれれば十分です)

前回私の日経平均の卦は14日から強くなる。特に来週は強いかもしれない。
しかしフラフラしたもので上げては下げみたいな上げ。と書きました。
SBも買い方が強くなるのは卦では8月8日からです。よって日経平均は
上げても8月上旬には押し目を作ってるかもしれません。チャート的はむしろ
その方が良いと思います。SBも同様に8月上旬まではフラフラしているかも
しれません。

六爻占術では子孫申金がその力を見せつけるのは、同じ「申」の月か日です。
申月は8月8日~9月7日までです。ですからこの間であればレポートなり
なんなりでGSが携帯事業に非常にポジティブな何かを出すことが予測
されます。特に有望な日は月も日も「申」の日です。候補は以下です。

8月11日:申月壬申日

8月23日:申月甲申日

9月4日:申月丙申日

直感で行けば8月11日がいいな~とSQですし、外資は日本の盆休みに
狙ったように上げるのが好きなのです。2003年はまだサラリーマンでした。
盆休みに三井住友BKで遊んでました。11連騰だったと思います。去年の
郵政解散相場もそうでした。その場合目標は9月末もしくは10月初に
新高値となります。SBは2ヶ月もあれば3000円アップは十分に可能です。
去年は分割ネタでした。今回はモバイル相場となれば他の関連株の大幅
上昇も期待できます。

電波度100%です。あくまで自分でよく考えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケタは月明かりに誘われて、夜の砂浜へ出た。波が寄せては引いている。
静かである。しかしケタは感じていた。「津波が・・・・」。ケタは津波が来る
のを感じていた。

津波のような個人投資家の一群。ねずみの大群を。ねずみは飢えきって
いた。多くのねずみが餓死した。ねずみは食い物を求めていた。GSの
レポートが津波のようなねずみの大群を生んだ。

「腹へって死にそうだチュー」
「さっさとSBを売れっチュー買うチュー」
「こうなったらSBと玉砕だチュー、どうなってもいいチュー」

目は血走り、食べても食べても飢餓感がある。飢えたねずみの大群は
SBというチーズを貪り食っていた。

「お前達は馬鹿ニャン」

空売りを投下した投資家はねずみの大群の反撃にあい、たちまち白骨化する。
場を狂乱が支配する。危険である。半年の低迷・忍耐は狂騒という形で暴発した。

「おまえのチーズをよこせチュー」

何匹かのねずみがケタを襲ってきた。なぜならポケットには安値で仕入れた
チーズを隠しているから。ケタはねずみを殴りつけ、叫ぶ。

「やかましいチュー。俺も7月は儲からなくて面白くないチュー、誰がこんな
安値で売るかチュー、現物はシコタマ食べてもまだ腹減ってるチュー、
10月まで信用買いで食べるチュー」

ねずみの大群に身を投じるケタ。無事に帰還できるかどうかは誰もしらない・・・・

「ケタさん!あんたのブログ相当怪しいブログに成り果てましたが」

うっっっ、困ったチュー

|

« SB戦慄のシナリオⅡ | トップページ | ああそう言えば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SB戦慄のシナリオⅢ:

« SB戦慄のシナリオⅡ | トップページ | ああそう言えば »