« 信用買を考える。PARTⅡ | トップページ | メリルのSB格下げ »

さて明日は変化日です

変化日・・・その前後3営業日以内に孤立した安値もしくは高値が
        出現する日。

これはもしかして安値かな?15216円で下の窓も埋めますし。
もうちょっと突っ込むかな?

新興はフィンテックあたりが前場強かったので、もしかしてと
思いましたが、甘い。しっかり後場さげます。腰の入った買いは
まだ入ってこないですね。

まあ安いので買い増ししました。ちょっと不安になったので
六爻占術で明日の買いを占ってみました。結果は。

明日の買いは損します。損します。がでました。

来週7月10日月曜日の買いは、とても良いです。買いなさい。
売り方の踏み上げになります。と出ました。但し来週一杯は
売りが強く。利食えるのは7月14日からよ~んと出ました。
7月27~28日には強いみたいです。

明日の買いは、悪い噂が蔓延して売りが勢力をつけるそうです。
北朝鮮もしくは金曜日のNYは危険なのかもしれません。
土日で悪いムードが出てくるかもしれません。

来週月曜日にガツンと下から始まったら、安いところを買って
行こうと思います。そして後はしばらく好きにしろと放置が良いの
かもしれません。

まあ占いですからね~あまり真剣に取らないでください。
どちらにしろ今週の買いはこれでお終い。来週また安いところが
あればコツコツ仕込んでいこうかなと思ってます。

本日の持ち玉。信用。前日と変わらず。

本日の資産。1457万円。前日比▲31万円。
まずいんですが、月末高を信じていくだけですね。

|

« 信用買を考える。PARTⅡ | トップページ | メリルのSB格下げ »

日々の成績」カテゴリの記事

コメント

メリマンで検索していたら、ここにたどり着きました。ケタさんとお呼びするんでしょうか。
私は、50代のおばさんですが、六爻占術という言葉に、びっくりして、興味津々で少し読ませていただきました。実は私も、森田健さんの本で、六爻占術を知り、勉強をしていましたが、コインを振るたびに違う目が出て、占いにすっかり自信をなくし挫折してしまいました。
株歴4年、昨年得た利益も、今年次々起こる暴落で、反対に減らしてしまい落ち込んでいます。
これからも、楽しみに読ませていただきます。
時に、銘柄、参考にさせて頂きたいです。

投稿: パンジー | 2006年7月 6日 (木) 18時44分

今年の暴落はひどいもんでした。
個人投資家でも退場した人は多いと思います。
占いは自分なりのシナリオを考えて最後に
どうだ?とやっています。

今年は10月上旬が高値くさいです。頑張って
来年からの上昇相場を楽しみましょう。

投稿: ケタ | 2006年7月 6日 (木) 21時14分

とりあえず、
フィンテックはIRが出るまで待つか。
7月14日まで粘って、65万を超えたら利確。
このままダラダラ下がっても、28日までホールドか。
もしくは、北朝鮮のせいで変化日、前後3営業以内に安値をつけるのか。
なんだか、いろいろ考えてしまいます。
ちなみに、私、26歳、会社員です。

投稿: 飛行機雲 | 2006年7月 6日 (木) 21時18分

飛行機雲さんこんばんわ。

若いことはいいことです。その分長めの
投資ができます。私は月末まで持つつもり
です。14日以降から28日までは強いと
出てます。少々の下げが平気なら10月初旬
まで持つのも一策です。すべて利食うとやはり
調子が狂いました。

あと必殺技ですが、株でも儲けたら双日を
買うことです。これは巨額MSCBがあるので
そうは簡単に上がりません。でも2007年か
2008年に原油バブルが来て、MSCBの転換が
終わり、配当を出しているのなら跳ね上がる
可能性があります。高値は買わず下がれば下がる
程嬉しい~みたいな感覚で買うといいかと思います。

投稿: ケタ | 2006年7月 6日 (木) 22時14分

ketaさんの六爻占術の読みの深さに驚嘆しました。そこまで読み取れるの?という感じです。
来週は買いですね・・楽しみです。
私は1年以上も焦げ付いている株を持っています。もう手離したいと思いながら、どうしてか諦めきれないのです。来週、12日に材料が出るということですが、どうなるのか? 今、一番の気がかりです。
あつかましいのを承知の上ですが、1回だけ占っていただけないでしょうか?簡単でもいいですが、しかし無理には申しません・・ゴメンナサイ。
8206アポロ・インベストメントです。

投稿: パンジー | 2006年7月 8日 (土) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて明日は変化日です:

« 信用買を考える。PARTⅡ | トップページ | メリルのSB格下げ »